シンディとカールの今現在を調査!リーバイ保険金殺人の真相がエグい【アンビリバボー】

メディア

どうも今回は、アンビリバボーでシンディとカール夫妻の子供で息子でもあるリーバイ保険金殺人事件の真相などをリサーチして行きたいと思います!

 

なんとも息子が犠牲になる悲しき事件ですが、真相は夫のカールが保険金を巻き上げる目的で始まった事になります。

 

なぜリーバイがやられなけりゃ行けなかったのか?

 

シンディとカールの間に何があったのか?これらを見て行きたいと思います。

そもそもリーバイ保険金殺人事件とはどんな事件だった?

出典https://jp.sputniknews.com/

まずはこの家族構成についてリサーチして見ようとおもう。

 

元々、古風な農場を経営するこの家族ですが、田舎の片隅でのんびり優雅に暮らしていた真面目な家族にいきなり保険金目的を装った事件が勃発するとは、誰も想像などできません。

  • 旦那:カール
  • 嫁:シンディ
  • 息子(シンディとカールとの間にできた子供)
  • 第二の息子(カールの前の嫁との間に生まれたリーバイ)
  • 娘(カールの前の嫁との間に生まれた)

2008年に、アメリカで農場を手がけるカール御夫妻のお子さん・リーバイがマイホームのガレージで他界しているのが見つけ出されてた。

 

警察署は、彼が収集トラックの下にダイブして補修をしていたところジャッキから逸脱した貨物のボディーが落下し、胸元を直撃したことによる事故死として対応。

 

その一方で、夫人のシンディーはこの時ガレージで流れ去っていたのが義理のこどもが常日頃から好きこのんで聞きわけるメタル系のミュージックじゃなくて、カントリーミュージックだったことにわずかな不快感を実感していたといいます。

 

つまり、いつもと違う行動や悟りがあったので、ここのポイントを母親が逃さなかったんでしょうね。

嫁のシンディがカールを疑い出した理由と真相は?

出典https://jp.sputniknews.com/

妻はひょんな事からでは終わらせることが容易じゃないショッキングなリアルにに引っ切り無しにぶつかることとなる。

 

旦那・カールがリーバイにアプローチしてアクシデントの2週間前に加盟させた保険と、その受取人として旦那が70万ドルをゲットしているということ。

 

マイホーム火災によって命を落としたカールの前夫人にかけらていた20万ドルの生命保険、まさにそれが火災の12日前にカールを介して加盟されたものであること。

 

こんなアクションは、彼女の中に生み出された「子供を殺したのは旦那ではないか?」となってしまう警戒心を確信へとひっくり返すのに結構なものになりました。

 

旦那が吊り上げるわめき声をかき消すというハードなおめあてのためだ。

 

しかしながら、保険金詐欺のエキスパートとしてビジネスを為し遂げるならば、ラジオのTVチャンネルのチョイスしにも視線を注ぐことが大事だった。

 

すでにカールからすればお子さんが常々からどんなふうなミュージックを好きで耳にしているのかなど、言うなればシカトすることだったのでしょうか。

 

わかりやすく説明すると、シンディーがその日現場でスパークした不快な思いとは、7歳のときから15年間至るまでリーバイの生育を観察してきた彼女だからこそ気付けた、非道な悪行計画に伴うちっちゃい“ほころび”だと思います。

犯人は旦那(夫)のカールなのか?実はサイコパス野郎!?

出典https://abcnews.go.com/

警察署は、死は不慮のトラブルによるものとみなした。

 

そうは言っても、シンディは、彼女の旦那がお子さんの保険の金額を使って彼女自身に生命保険をかけており、金額がすでに約1億円と化していることを掴んだ。

 

彼女は警察署にご状況をに出向いた。

 

警察は彼女に隠しマイクを渡し、近いうちシンディは夫をカミングアウトさせることに為しとげた。

 

彼は、故意にトラックを倒したことを明らかにした。

 

2013年、カール受刑者は子供さんの殺人を認め、15年の刑を言い渡された。

 

司法は、カール受刑者がマイホームに火をつけ、子供が助からないように浴室の窓をターゲットにして釘付けしたという判定を下した。

シンディとカールの今現在はどうしてる?

出典https://abcnews.go.com/

この夫妻の今現在はどうしてるんでしょうか?

 

もちろんカールは務所からまだ出ていないので、現場で規則正しい生活をしているだろうな。

 

シンディはと言うと、子供を大事にしながらライフスタイルを送っているんではないか。

 

カールとの前の妻の間に別の子供もいてるので、いくらこの男が逮捕されたとしても、子供は子供なので、全力で育てているんだと思います。

 

この事態はどちらにせよ観測なんだけれど。

 

保険金殺人ができるようプレミアムな生命保険を引っかけたけれど、その結果として殺せずにフィニッシュする人もたくさんいる思うんだよね。

 

閉めの一線を越えられなくて。こういう類の人が生命保険をフォローしているだと言えるでしょう。それ程となると保険金殺人と保険会社は持ちつ持たれつのコネクションだったりして。

 

ついでに申しますと私は生命保険には組み合わされていません。

 

ひとり身でそれなりにエネルギッシュな私が生命保険に乗り出すポイントなんて何もないでしょう。

子供のリーバイは無念としか言いいようがない・・・

出典https://abcnews.go.com/

とにかく、「保険金殺人」には人の魔性がもたらされるのではないだろうか。

 

さる事ながら、いかなる時も殺人は了承されるものではないが、嫌悪する相手に回して刃を突き刺してパクられるなら、まだ人道的だ。

 

そうは言っても保険金殺人のケースでは、まずターゲットになるのは一家や会社のスタッフなど、苦楽をともにしてきたはずのヒューマンだ。

 

十分にプランニングを立て殺人に踏み切った後は、よく知っている者を喪った者として悲しみにくれるパフォーマンスをし、あたりまえのように保険金額を支払われる。

 

さる事ながらデータはありません。おそらくどこにもありません。

 

成功例は周知されることはないからです。っていうのは、達成率はあんまり高いかも知れません。

 

一口に言うと、認識されてしまうドジなヤツはそれどころか欠如していて、まんまと保険の金額をせしめている方が多く見られるのかもしれないのです。

 

リーバイのご冥福に捧げます。

 

最後までご覧頂きありがとうございます!

関連記事も相対性が高い!

スポンサードリンク

コメント