【筋肉ヤバい】藤田和之の年収は数千万!?嫁娘の顔画像は?佐々木健介との関係が!

アスリート

プロレスラーの藤田和之の筋肉や年収などを調べて行きたいと思います。

 

藤田和之さんの現在の活躍や、結婚された嫁・娘の顔画像などは?過去に藤田和之と佐々木健介との関係に何があったのか?彼の往年のファンなら伝説や武勇伝は謎のベールに包まれていることが今なおあります。

 

そんな藤田和之さんのアスリート人生を変えたキッカケや、その強さはケタ違いなところを、この記事で見ていきたいと思います。

藤田和之の今・現在のアスリート活動は

出典https://www.youtube.com/

本名藤田和之
生まれ1970年10月16日
出身千葉県
年齢50歳

50歳とは思えない体とバディだが、実は生い立ちを見ていくと少年時代はサッカーに熱中していた。高校入学後、レスリングでスキルを開花。

 

日本高校選別、国体の三冠王になってしまう。

 

藤田和之は元来日本大学のレスリング部に参加しチャンピオンシップを連覇した。

 

卒業した後は新日本プロレスのスタッフを行ないつつレスリングを持続し、五輪予選にも参加したが、クリアーとはならず、五輪出場の望みが絶たれた。

 

その後引き抜きにより、新日本プロレスレスリングカテゴリー「闘魂組織」に入会し、新日本のスタッフとして勤務してながらレスラーの道に進む。

 

従来よりアントニオ猪木に目を向けられ双方共する関係になりました。

佐々木健介からもシビアなトレーニングをこらえ続けた。

 

プッシュアップのスタイルが多少なりともそうではないだけで、殴られた。

 

しょっちゅう殴られ指示どおり、そのスタイルでプッシュアップをすると、次は別のプロから殴られた。このアンフェアな行き詰まり状態というしごきをキープし続けた。

 

全てトレーニングメニューをこなし、一歩一歩やっているのにも関係無しで「さっさとやめちまえ!」とわめき声を食らい、細部に亘るまで訳がわからなくなってしまった。

 

オーソドックスなインスピレーションからすれば、限られたプロによるしごきとでもいうべき弱い者いじめだった。 「俺からすれば、辞めさせることを目論んでのトレーニングだった。挨拶をしても誰も応じてくれなかった。」 であるとしても激励に対して意志を固めたときには俺がレベルアップして、「弱い者いじめした人達を見返す」と逆襲、グングントレーニングに取り組む。

 

そうなってしまうとあれよあれよという間にイジメはなくなり、真の実力で黙らせて示したのだ。

 

藤田にもフラストレーションがあった。

 

プロレスへの転向では今でも自分にとって最善の道だったのかを。

藤田和之は強いだけではない!筋肉がヤバすぎる

出典http://blog.livedoor.jp/

体重は100kg以上もあるにも関わらず、体幹のアビリティーだけでロープをあっと言う間に登り、スプリントもとんでもなくにす速い。

 

その基礎体力は触れ合ってきたプレーヤーのなかでも際立っているという。 藤田和之のファイティング・スキームは、レスリングを基準にしている。

 

タックルを重点的にターゲットを倒し、シンプルに関節テクニック等でターゲットをアタックする。

 

筋肉はもちろんですが、エゲツない!

 

プロレスのリングから見れば大技もアップロードしている。

 

総合格闘技のカテゴリーにあがってからは、ダメージ技もマスターし、特にBoxingテクノロジーをマスターしパンチに磨きをかけたということもできるだろう。

 

立ち合いのケースでの重大性を大勝負を通してより会得したのかもしれない。 パンチでKO勝ちを納めたこともあるが、その中にあってもPRIDEが高評価であろう。

フック一回でターゲットをグラつかせ、あわやという状態もあった。その分がっしりしたパンチ力を持っているシンボルとしても有名。

 

またそのキャラは大胆不敵なもので、言い換えるならキモが据わっていた。

 

スーパーバイザーである長州力のバスでのリザーブ席を臆することなく座ったり、合宿に遅れた藤田にカンカンになった長州から叱咤激励されても、足を組んで座るという肝っ玉のすわったフットワークをしていたという。

 

考えようによってはプロレスラーや格闘家になるために創られてきたキャラの所有主かも知れない。

 

しかしながら、まだ経験の浅いの藤田にはそこに入り込むだけにはキャパシティ以上のプラスアルファが要された。藤田の寝つけるアビリティーはアマチュア時代から高い評価を受けていた。

 

プロレス下手と言われながら、ゴツゴツとしたスキームで何とかかんとかフィットしようとしていた。

 

そうは言っても、それを提供するために空き待ちをしているようでは絶頂期を経過しているかも知れない。

 

ひょっとしてプロレスにフィットしないのではと悩んだりもしたそうです。

藤田和之の年収は数千万!?

出典https://www.excite.co.jp/news/article

プロレスラーのギャラはとりあえず所属事業体からの「1ヶ月の報酬」と、ギャラとして支給される「賞金」です。

 

後はアイテムやマスメディアなどの直撃取材料などがメインになります。

 

ごく普通のサラリーマンとは違い、給料明細に載せられているようなコミッションなどのインフォメーションはオープンにされないになっていますので、クリアになっていません。

 

細々としたことは下部しますが、プロレスラーはごく一般的なしがない会社員とは支給体系がバラバラです。

 

しかし功績を組み合わせるとしばらくの間は微増して行くのですが、それ以降は脚光を浴びるか、わかりやすく説明すると所属組織としては「ユーザーを呼ぶことができる」レスラーとなるかそうでないのかでギャラはドカ~ンと異なっています。

 

人気レスラーになるキーポイントは、所属事業体の売り込み方やファンの後押しなどプレーヤーによってギャラは見違えるようになってきます。

人気レスラーともなればタイトルマッチで差をつけるとかビッグイベントに制覇するなどでファイトマネーをゲットすることができます。

 

マーケットプライスは100万円から1000万円くらいとワイドです。

 

支援としてはトレーニング生や新人レスラーが従業員として興行のマネジメントをバックアップすることが普段的で、そこでトレーニング生の報奨金などがゲットできる事業体もあるそうです。

 

残すはアイテムの総売り上げの何%かをフィードバックされる成約をとり交わしていれば、その部分も収益の中心にはなります。

 

藤田和之レベルのレスラーになると、年収1000万円は越えます。

 

日本全国の最大の事業体でトップの男子レスラーの収入は、一説においては5000万円と考えられています。

 

そのファクターの一つはマスメディアの登場、TVコマーシャル、娯楽番組などの出演、映画界に出演、その登場料もギャラになり、またアマチュアの知名度も上がり、それこそがブームに拍車を振りかけるかも知れません。

 

ここ数年はプロレス市場での顔になるようなよく言う業界のトップランナーだったので、レスリングスキルのみならずセルフプロデュースのスキルにもよく理解しているため、次世代のプレーヤーとの区別化を意図しアメリカの地でもブームをゆるぎないものにしています。

結婚した嫁や娘はどんな人?顔画像とかは

藤田和之が結婚した嫁・娘はどんな感じなのか?

 

噂では鬼嫁だとか、鬼娘だとか言われていますが、実際には藤田和之に似て娘もレスラーを目指している。名前は「眞妃琉」だ。

出典https://www.excite.co.jp/

特に娘は信じられないほど美人でカワイイ女子です。どこからこんな野獣からこんな娘が生まれてくるのか宇宙人もビックリでしょう。

 

同じ人間とは思えないDNAが彼には流れているので、そのDNAがこの娘には受け継がれていないようにも思える。。

 

とにかく、藤田和之からこんな子供が生まれてくるのが不思議でしょうがいない。

藤田和之と佐々木健介との関係性は?

藤田はなんと言うか「猪木イズムラストの後継者」じゃないでしょうか。

 

猪木のエンディングの付け人でもあり、猪木とは気心が知れたコネクションでもあった。

 

以前から独り立ちし、藤田事務所に着手しているが、であるとても「猪木イズムラストの後継者」に変わりはないであろう。

 

ベースとなったレスリングスキルをトコトン使い、日本中のトータル格闘技において一時代を確立した。思いがけず、フィナーレの一花を咲かせる心配もあろう。

 

さる事ながらレスリングだけじゃなく、プロレスラーのプライドも打ち明けているようだ。

 

さる事ながら佐々木健介とのコネクションもそうだ。 何年か前に藤田和之vs佐々木健介のタイトルマッチが行われています。

 

そのタイミングでチャンピオン藤田はPRIDE始め、総合格闘技の世界で大活躍した格闘技寄りのプロレスラー。

 

この年には、K-1開催の格闘技セレモニーでボブ・サップとバトル。頂点を過ぎたとはいえ、勝ち星がダントツに越えていた現代のサップを衝撃で追い込み、たった1ラウンドで粉砕している。

 

そのダイナミックさは抜群であり、評判と実際双方共に我々日本人レスラー天下無双をシンボライズするポジションにいた。 対して佐々木健介は、当時フリーとなっていました。

 

妻、北斗晶と息子が見守る中試合は2分29秒でシャットアウトしてしまう。

 

それのみならず、技を仕掛けた藤田本人の両肩が付いてのフォール負けという、コンセンサスしがたいエンディングだ。客席はバッシングの嵐となっていた!

 

嫁の北斗晶もしげしげといられずに当時の新日プロレスのオーナーに「あれでいいのか?ふざけんじゃねーよ、テメーなめやがって!フリーだと思ってなめんじゃねー!」と捨てゼリフを吐いて消えていった。

出典https://www.tv-asahi.co.jp/announcer/

藤田和之はいつまで現役?引退は論外?

出典https://www.beast-1.net/

当時バリバリにプロレスラーとしてブレークしていた彼に、周囲の目から引退説がながれました。

 

しかも思っている以上に経ったタイミングで電撃復職するとのデータが流れていました。

 

そのような状況の感想を自身は「復帰…? いや、ハナから俺はひと言も引退するなんて口に出してないですよ。」 と。。

 

藤田に限って、この状況はあり得ない。これでもかというほど藤田本人が避けるケースだろう。

 

そうは言っても、ここでは元々「引退とは違う」と、「どんなにひどくても引退は藤田の野心ではない」と、アピールしてきた気になっていましたのだが。

 

藤田和之個人は重ねて引退を否定しています!

 

このようにして己が完全否定してくれるのが最も近い。藤田の世代からして、この365日のブランクは意味をなしませんよね。 いかんせん本人はいい迷惑でしょうね。

 

今もプレーヤーとして最先端で実働している彼のムーブメントには今後も要チェックです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

他の関連記事はこの下をスクロール!

スポンサードリンク

コメント