【HLXスタイル】機能スペックや値段(価格)がヤバい!評判やデザインも神級!

新製品

軽トラックの「HLXスタイル」が話題をよんでおります。機能や性能のスペック、価格(値段)なども気になりますが、評判などの口コミ、そのデザインなども見て行きたいと思います!

 

軽トラックと言えば、農業や建築関係、運送業者の仕事などで多方面でその利用価値が高いですが、この「HLXスタイル」でカスタマイズすれば、まったく違ったおしゃれなデザインで軽トラが変身します。

 

今回新しいジャンルで登場したこの「HLXスタイル」は普通の軽トラがハイラックスサーフ並に変身するので、軽トラを所有しているオーナーさんでワンランク上のカスタマイズをしたい方はぜひトライしてほしいと思いますねー!

HLXスタイルの機能や性能とスペックは凄い!


常日頃のさまざまな機会に利用される軽トラックは女の人達がハンドルを握ることも多いもの。HLXスタイルはその部位にもスポットライトを当て、荷台にはどちらにしてもあっちこっちにフックがついています。

 

合わせると荷物をロープで安定したりシートをかけるタイミングで一役買いますよ。

 

荷台場の長さは軽トラックの中でも長い方ですし、これ以外には荷台上の空間の長さも2000mm近くと軽トラックでダントツに長く採用しているので、背丈の高いものも多種多様に積めるのが持ち味だと言えます。

 

基本に沿ったタイプの中古車相場は60万~140万円。

 

先代モデルなら車両価格20万~120万円でゲットすることができます。

 

ついでに申しますとエンジンは軽自動車でもめったに無い4気筒から。そればかりかスーパーチャージャーを実装しているランクもあり、最高60馬力近くを見受けられます。

 

サスペンションは軽トラックで随一の四輪独立型に。オリジナルなサスペンションが区分けして動くので、より乗り心地が上昇します。

 

そういう点のイメージから、「軽トラ業界のフェラーリ」とネーミングされたほど。

HLXスタイルの値段や価格がコスパ最強!

出典https://u-catch.daihatsu.co.jp/

まずは価格などを見て行きたいと思います。

■ベース車両

ハイゼットトラック ジャンボ 4WD 5MT ホワイト

グレード名 価格 (新車) 排気量
・ジャンボ 136.9万円 658cc
・ジャンボSAIIIt 132.6万円 658cc
・スタンダードSAIIIt 101.2万円 658cc
・スタンダード エアコン・パワステレス 94.6万円 658cc

出典https://u-catch.daihatsu.co.jp/

■主な装着パーツ・価格

・2インチリフトアップ車高調キット:11万円

・フロントエアロバンパー:6万8000円

・アルミスキットプレート:2万7000円

・スチール製ダブルチューブロールバーブラック:8万8000円

・キャンバーボルト:5000円

・ハンドル切角抑制ストッパーカラー:3500円

・タイヤ165R14 グラントレックTG4:オープン価格

・ホイール Xtreme-J ブラック:オープン価格

・4WDロゴ入りマッドガード:6800円

・直前直左対応カメラモニター:2万円

・ワイドバイザー:9000円

・フロアマット縁高グレー:6500円

※上記は全て税別

HLXスタイルのデザインはセンス抜群!


今回解説する「HLX-STYLE」は、農作業車インパクトのある軽トラックを、ウォーターアクティビティーなどのアウトドアシーンでもマッチするよう、20歳未満に評判の良いハイラックスのスタイルを活用したカスタムクラスだ。

 

コレクショントラックに目がないでずっと前からハイラックスに乗車しているけど、これまでより楽に乗れる車両がもう1台欲しい、といったように人にもお気に召していただけるようにセッティングされている。

 

それに特化したグリル一体式エアロバンパーをプロデュース。

 

フロントフェイスをTRDメソッドのハイラックスという様なニュアンスを出すため、それをターゲットにしたグリル一体式エアロバンパーを加工。

 

オーバーフェンダーっぽいフェンダープロテクターまた、専門スキッドプレートやオーバーフェンダーっぽいフェンダープロテクターを実装している。

 

インプレッションを引き立てるオーバーフェンダータイプも全幅が軽車の上限をオーバーしてしまうため普通車登録になり代わるが、これ以外にはハイラックスのイマジネーションにより同一化するためにの部品もセットアップ。

 

広めオーバーフェンダーやステップバンパー、ロールバーと言われるものを備え付けることで、ハイラックスっぽいインプレッションがガクンとアップするのだ。

 

ハイラックスをゲットしたいけど、いくつもの条件で乗ることができない・・・そういった人は、これまで以上にストレスフリーで乗ることが叶う「HLXスタイル」をぜひチェックしてみてほしい。

HLXスタイルの評判や口コミは?


軽トラックのオプションと考えられるもので、キャビンのリアガラスに積荷が当ってガラスがメチャクチャになるのを防止したり、角材などの長尺物を積み上げる際の下地となったりするゾーン。

 

造り手により“アングルポスト”“ガードフレーム”と見られていることも。

 

ランクによってはこれらがついていませんでしたりルームミラーに写り込むセンターのポールの太さやセッティングが異なって来るため、背後視界にギャップが見られたりするので、店舗で機能性をリサーチして欲しい。

 

軽トラックには田んぼでの作業や、細道などを通じて運用することをイメージした“農業バージョン”がリストモデルで供与されています。

 

これらに関しましては4WDが基本で、きつい荷物を積みかさねてもベターな専門サスペンションを取り込むとか、農作業にユーザビリティの高いツールがセットされていますねー。

 

評判もまずまずですねー。

HLXスタイルの利用頻度はどうなの?


軽トラは我が国の生活パターンにひときわフィットするユーザビリティの高いツールです。

 

バラエティーに富んだビジネスで常に使用され、農作業などにおいては未舗装路もスイスイドライブする。田舎に行くと個人宅でも不要物出しや灯油運びを使用して活用されている他、軽キャンパーのベース車などレクリエーションシーンでも取り入れられる。

 

軽自動車だけに税や維持費が安いし、スペースがないから裏路地や農道などの細い道でも入り込んでいける。

 

これ以外だとミクロサイズのことを干渉せずお届けものをザクザク積める堅固さ。

 

我が国の発展、人民の日々を支えてきた軽トラックは中古自動車市場でもニーズが高く、かなりの数量が流通しています。 軽トラックはプロダクトだけに限らずるとありとあらゆる軽自動車メーカーから売りに出されています。

 

「軽トラなんてどれにしても一緒でしょ?」と思う人も多いと思いますが、ビックリすると思いますが業者毎にバラエティーに富んだオリジナリティーを出しているんです。

 

そうした背景がありますから、初めての経験で軽トラックを買おうと思っている人のために、今回のこのモデルはぜひオススメしたいですねー。

 

最後までご覧頂きありがとうございます!

他の関連記事はココからです!

⇒【新型Z】機能や性能スペックと乗り心地がヤバい!評判や口コミレビュー!

⇒【評判は?】スマートマスクc-faceの機能スペックと使い心地がヤバい!洗えるのか?デザインは?

スポンサードリンク

コメント