【現在の活動】星野桂の生い立ちや年収を調査|顔が昔より痩せてカワイイし作品をリサーチ

メディア

今回は漫画家の星野桂さんの現在の活動や、作品などを調査して行きたいと思います。昔の若い頃の顔が今よりもカワイイですし、年収などは一体どれほど稼がれているんでしょうかね。

 

星野桂さんの生い立ちでは、病気で体調不良だったことや、結婚相手の事などが噂になっていますが、今は漫画家として執筆活動をやっているのか?そして家族の事などのプライベートのことはかなり謎めいたところがあります。

 

今回は、そんな星野桂さんの事を深く調べて行きたいと思います。

星野桂の生い立ちと経歴

名前星野桂(ほしの・かつら)
生まれ1980年4月21日
出身滋賀県
年齢40歳

週刊少年ジャンプに「ディー・グレイマン」の連載をスタートして、近年は、22巻まで書籍が販売されております。

 

オリジナリティーの高い視点とオンリーワンのキャラクターが10才代を主に好感度を呼びこみ、ロングセラーマンガ家の一人として関心が集まっている。 新人コミック作家として成功している星野桂氏。

 

目下のところ連載中の力作「D.Gray-man」は、若年層を集中的に広い範囲に亘るユーザーから支持されています。高校生まで滋賀県で生活を送った星野さんに、子ども世代のころのキャリアやコミック作家としての情熱は大きかったと聞いています。

出典https://jumpsq.shueisha.co.jp/

コミック作家として今日に至るまで描き続けてこられたのは、小学生のときに知り合った恩師の影響が大きいです。 その恩師とはナウシカや天空の城ラピュタでおなじみの宮崎駿です。

 

彼女曰く、宮崎駿さんは異なるポイントを成長させてくれる方で、「オリジナルに重きを置くこと」をレクチャーしてもらっています。 この影響でマンガを描くことがもっと面白くなったそうです。

 

高等学校のころ味わったコーヒーショップでのパートも、かけがえのないキャリアの一つとして付き合いの長いユーザーたちがほんとにオリジナリティがあって、さまざまな人生やものの角度に接した事例が、コミック制作に必要不可欠のキャラクターのパーソナリティーや写生などに貢献しているような気がしています。

スポンサードリンク

星野桂の今や現在の活動は

 

出典

夢はイラストアーティストになることだったそうで、 仲間のすすめでコミック作家になっております。たくさんあるアイテムや人をとりあえず見る変なところがあり、なによりこの働きに生きてるような気がします。

 

窓から拝見したコントラストの流れ方、人々の細々とした仕草など、マシーンならリンクボタンの形まで覚えたくなるとのことです。

 

上京した初めは、イラスト作家になりたくてコミック作家になる狙いはまるでなかったのですが、仲間内が「とりあえずコミックをスケッチしてみたら」と声をかけてくれたのが発端となって出版社に向かっての持ちこみに手をつけました。ユーザーにパッションを供与するようなイラストを描き続けられるように将来的にも名作を作り続けるでしょう。

 

星野桂の力作である「D.Gray-man」は、美形の若者が大勢現れているので、女子にも好感度の高い製作品です。 はっきり言って、アニメプロデュースサイドが女子にこびたというふうなD.Gray-manの絵図をスケッチして、彼女自身も嫌な時があったそう。

 

編集部に頼まれた件は神話なので実はどうなのかかはクリアになっていませんが、アニメサイドとのダイレクトなてんやわんやから判断すればとんちんかんなことではなさそうだと言えますね。 いずれにしても風説ぐらいですが、週刊連載という意味はとてもシビアなものです。

 

現在連載しているジャンプは週刊誌なので今後の動向が気になります。

星野桂の作品が人気

星野桂は「D.Gray-man」ばかりが取り上げられますが、彼女のデビュー作「ZONE」も今では語り継がれる作品として知られています。

 

彼女は元々ネームを描くのがすごく遅かったそうで、初代の担当者でもあった吉田氏とはしきりにネームのコミュニケーションをしていたわけではなく、1本ができあがるまでにちょくちょくミーティングしてお金と時間を掛けていたそうです。

 

1話につきそれなりの労働力を費やしていたそうで、1話分のネームを描き進めてもデッドラインまでにできないと、彼女の家までなだれ込んできてソリューションを発見するまで連続的に意思疎通を図っていたそうです。

 

D.Grey-manのプロトタイプ力作で今ではデビュー作として有名ですが、雑誌登場時はポピュラーでない新人でしたが、ユーザーアンケート調査では3位を勝ち取っております。

 

しかしながら、コンテンツは読み切りなので1話しかございません。

 

内容はヒーローロビンが千年伯爵と戦うストーリーでDグレとそれほど変わらないと言う意見が多いです。

年収はいくらほど稼いでいるのか

出典https://dgrayman.gengaten.com/

漫画家は、製作品のプロデュースを生業とする人のことです。

 

コミックから、四コマアニメなどのギャグマンガやシナリオマンガ、読み切り製作品、連載コミックなどを書き表わすビジネスで、何処の場合もクリエイターはマンガ家と言われております。

 

いい品物をスケッチして出版社に見られるならば、多くの報酬を得ることもできると断言できます。 出版社のマンガの賞へ載せるか、出版社にそのまま持参をすると定義されています。

 

良い製作品をスケッチしてコミックの賞を獲得して、編集部に確認できるならば情報誌に読み切り作としてディスプレイされるケースもあります。

 

コミックは主として、 ユーザーの人気アンケート調査を行なっております。 読み切り作でもポピュラー作品トップクラスに入ることができると、それ相応のエディターが専属になって、連載されるパーセンテージが上がります。

 

マンガ家になるメソッドとしてよく見掛けるのが、製作品の持参でしょう。 持参の一番のアピールポイントは、プロのエディターからダイレクトにバックアップや教授を享受できることです。エキスパートと言われるエディターから教えを受けることで、オリジナルの製作品のいいポイントや修正するべき点を把握することができて、コミック制作のビジネスセンスが高まることも考えられます。

 

漫画家の平均収入は約400万~500万円くらいです。

 

ウケている漫画家と売れていない漫画家の得ているサラリーに巨額のギャップがあるので、マンガ家全体のサラリーの市場価格を出すのは困難です。 人気コミック作家といっても、そのサラリーはドカ~ンとギャップがあり、平均サラリーと一致するのは難易度が高くなります。

 

年収数千万円の売れ筋マンガ家もいれば、億を超す金額以上を稼ぐ超大人気マンガ家もいます。

 

大手出版社で長年連載をし、書籍化されて、その部数と巻数がデカいならハイレベルな印税が収入となってきます。これに加えて、人気マンガ家になることができると、映画になったり、アイテムの物品販売等による収入にもなります。

 

キャラクターなどが商品にされると、その分のロイヤリティが舞い降りてくるので、アイテムがたくさん売れれば見返りは拡大していきます。

顔が昔よりも痩せてカワイイ|まとめ

女性漫画家なので、どうしても異性からすると顔やルックスが気になるところでしょう。

 

星野桂さんの場合昔はどうもポッチャリ体型だったように見えますが、その時の頃を見比べて見ると今はかなりスリムになってカワいくなっております。

 

やはり過去には病気や鬱などの噂がありましたので、精神的に病んでいたのか体や顔が一回り細くなったような気がします。女性漫画家は業界的に見てもカワイイ子が多いので、星野桂さんもその中に入る逸材だと思います。

 

年齢も40代には見えないルックスなので、今後もどんどん美を追求して男性ファンの虜になって欲しいと思います。

 

引き続き名作が生まれるのを期待したいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

コメント