井出留美の経歴や年齢はいかに?結婚は?コンビニ廃棄問題に喝をいれる!

メディア

「あしたも晴れ!人生レシピ」に食品ロスを専門に研究している井出留美(いでるみ)さんが登場されますが、経歴プロフィールや年齢、結婚して子供の有無などを調査して行きたいと思います!

 

井出留美さんはコンビニ廃棄や食品ロスのエキスパートとして活動しており、かねてから「office 3.11」と言う会社を経営していたり、食に関するムダやロスと言う所を専門に世に訴えかけてきました。

 

今回は番組内で、その重要性についてプロの視点から解説していますので彼女のこれまでの経歴などをたどってみたいとお思います。

井出留美の経歴プロフィールを調査!


 出典https://www.youtube.com/

株式会社office 3.11 の最高経営責任者として、 食品ロス問題やエキスパートとしてエッセイストに従事。

 

大手の会社ライオンを経過して、食品や、サポーターで廃棄にショックを受け、生まれた年月日を記載したoffice3.11を開業します。

 

彼女のテーマとなる「食品ロスカット」をクリアーにバックアップした。食品ロス軽減に方向転換するテーマを日本中でスポットライトを浴びるクオリティまで上向けたとして、フードスタイルコラムニスト大賞受賞。 外資系企業で約14年、PRと栄養面のビジネスを対応してきた。

 

父親が脳梗塞で急遽他界したことも、自分自身がワークスタイルやライフスタイルを考えに含める上で、働き方が変わったと語っております。

 

その結果として、全国紙やラジオ、報道番組に取り上げられる。

 

食育や栄養分に向かってのプレゼンテーションのオファーを受ける事も多々あり、 広報などの役職にあたります。

井出留美の評判や経営する会社office 3.11とは?

出典https://magazineworld.jp/

事業内容は、

■広報・PRの実務
■食・栄養に関する監修
■企業・大学・自治体での講演・授業の講師
■書籍・論文・Webコンテンツの執筆および監修
■コミュニケーションに関する実務
■NPO・社会貢献(CSR)に関する実務
■キャリア形成・キャリアチェンジに関する講演

任務として、食品ロステーマについてのイメージを円滑にし、食品ロスをカットし、食品ロス問題をクリアすることを計画します。

 

キャリアビジョンとしては、 フードスタイルはライフそのもの。

 

命をムダにしないこの世にをテーマとして、 食・広報のエキスパートとしてのアドバイザリー

<法人契約>・月1回(90分)のカウンセリングかつ随時Eメールアドレス・お電話してのお問合わせ330,000円/月(税込、交通費別)・月1回(90分)110,000円(税込、交通費別)

※将来において初めての経験で食料品部門に加盟される会社組織様や、自社にPR部門がない業者様などから、食とPRの部門にクローズアップしての月一回のアドバイザリーのお問合わせを現在でも享受しておりますねー。

■講演

【短時間コース】合計時間240分(4時間)未満  110,000円(税込)
【基本コース】合計時間240分(4時間)~450分(7.5時間)未満 220,000円(税込)
【遠方コース】合計時間450分(7.5時間)を超える場合  330,000円(税込)

■株式会社 office 3.11 (オフィスサンテンイチイチ)
設立 2012年3月1日
所在地 332-0016 埼玉県川口市幸町2-17-1-1111
電話 090-6106-7773 (+81-90-6106-7773)
役員 代表取締役 井出留美

井出留美の年齢や高校大学はどこなの?

 

出典https://www.facebook.com/

奈良女子大学食物学科卒業して、そこから博士号を獲得していますねー。

 

詳細は、女子栄養大学大学院や修士として東京大学大学院農学生命科学研究科を経験されています。

 

かなり学歴的には、優秀な人ですねー。ヤバいですねー。

 

年齢の方も、40代後半か50代前半だとパッと見は感じます。

井出留美がコンビニ廃棄問題に喝をいれる!


今のところ口にできる食品をゴロゴロお払い箱にする「食品ロス」大国である日本の現状。

 

それのみならずユーザーは気付かないままに廃棄の必須コストを負わせられている。

 

食物をめぐる、この「価値のない」プロセスに新たにメスを入れた第一人者が彼女ですねー。

 

コンビニがスーパーマーケットより値段が上回るのは「遺棄する決まり」だからスーパーやコンビニエンスストアでフードを買うとき、そのご予算に何が位置しているか、スルーしてお金を注いでいる人が一般的でしょう。

 

そうは言ってもそこの所はたくさんの人が予想したことのないトータルコストが加算されています。この理由は「遺棄するためのコスト」です。

 

遺棄されているという事例は古くからあるべきことだが、それをもとに「フードロス問題のエキスパート」がロジックを組立てると、「本社の黒字だけのために運営者は搾取され、食べ物は意味なく遺棄されてる」というアクセントに陥ってしまっています。

 

可能性としてそういうコンポーネントがあることは反対しないが、損失金額を怖がって店の赤字になるというメンタルが外に出る運営者のオーダーを正常化するために強気の請求をさせるのは理にかなってるし機会マイナスははっきりしないし、ユーザーの満足レベルをガツンと下げることも感覚としては感知しにくい。

 

突き放しが一般化すると状況が許す限り待つユーザーも急騰するなど、デメリットも多いのもリアルな現状なので、この部分もバランスに配慮してディスカッションしてほしい世の中ですねー。

 

この辺も彼女はかなり指摘しております。

井出留美は結婚して旦那や子供の存在は?

出典https://ameblo.jp/

井出さんは現在結婚して夫や子供がいてるんでしょうか?

 

かなりプライベートなところをツッコミますが、食品関係の無駄を省く第一人者として、その家系や家族なども気になりますよねー。

 

リサーチしたところ、SNSなどのプライベートなネットワークにもそのような事実はないので家庭を持っている人なのか見分けが付きませんでした。

 

ただ、年齢も年齢なので一般常識論からしたら旦那や子供の存在はあるかなと思います。

井出留美が訴える食品ロスの原因とは?今後の危機?


井出さんが掲げる、食品ロスを減らすための8か条と言うものがあります。

■買い出しに行く前に冷蔵庫や戸棚のフードの分量を検証

■買い出しに行く前に空腹のまんま買い出しに行かない

■ショッピング中すぐ口に運ぶものは棚の前の段階からゲットする(前ほど賞味期間の差し迫ったものが位置付けられる)

■ショッピング中過剰に買いすぎない

■調理中、状況が許す限りフードを使い果たす

■口にした後、食べきれなかった食べ物は除いたものにチェンジ、しかたなく遺棄するなら湿気を切ってシャットアウトする

■保管中、賞味期間はうま味のバロメーターなので割り当てられた直感もうまく使ってジャッジ

■外食するとき、レストランなどでオーダーし過ぎない、口にできる分量を出してくれるお店を利用する

 


例えば、卵の賞味期間はだいたい、産卵日から3週間だが、ポイントは12~3月なら57日間はそのまま食べること可。

 

卵だけじゃなく、おおかたのフードの適応期間はぶっちゃけより2割以上手短で決められている。しかしながらユーザーのあらかたはデッドラインを1日でもオーバーした食料品は捨て、店では棚の奥深いところのデッドラインが先の販売品に決定する。

 

リテールショップもデッドラインより過ぎし日に商品を回収。

 

行き着くところ、日本は、まだ口にできる食料品をゴロゴロかなぐり棄てる「食品ロス」超大国となっている。

 

それどころかユーザーは気付くことなく廃棄の必須コストを負わせられている。食料品をめぐる、この「ムダな」システムに今後もちゃんとメスを入れる必要があると思いますねー。

 

井出留美さんには今後の活躍に大いに期待しております。

 

最後までご覧頂きありがとうございます!

他の関連記事は下から見れます!

スポンサードリンク

コメント