【庭師の評判】石原和幸のWIKIと生い立ち!高校大学はどこ?億の借金から這い上がる!【逆転人生】

メディア

「逆転人生」に庭師の石原和幸さんが出演されますが、WIKI・プロフィール、生い立ち、学歴などの出身高校・大学などを調査して行きたいと思います!石原和幸さんの生い立ちはスゴいものがありどん底の借金苦から這い上がった人物でもあります。

 

まさに生きる伝説かとおもうような石原和幸さんですが、彼がなぜ大きな借金から庭師である「風花」を設立してイギリスのチェルシー展にその名を轟かせたのか?

 

今回はそのへんをリサーチして行きたいと思います。

石原和幸のWIKI・プロフィール

出典https://www.youtube.com/

本名石原和幸
生まれ1958年
出身長崎県
年齢60歳

22歳で生け花にハマり、からというもの、花に引き付けられ、露天販売からサロン、更には庭造りをファーストステップとして取り組む。

 

ある程度経過した頃、苔を使用してのガーデンでオンリーワンのスタンスがインターナショナルガーニングショーのナンバーワンである「イギリスチェルシーフラワーショー」で高評価され、ここから破竹の勢いで3年間積み重ねてグランプリを獲得。

 

それから 29歳のバイタリティーで自分で開業して、営業をスタート。

 

自分で開業当時は20~30代のアベックのオファーであえて店をクローズして深夜に博多まで配送し、目を真っ赤にして喜ばれてたこともあった。

 

これ以外には道路上でバックグラウンドミュージックをかけながらブーケを作り上げ「亡くなられた旦那さまのためにアフターサービスいたしますので」とクライアントに高ぶってくださったこともありました。

 

パッションを供与することに生きがいをもらい、自身で立案された38年前の我が国のワンカットを回復するべく 激動の生活をしている。

 

重ねてオーガナイザーがとりわけ愛着がある庭園としてピックアップされるプレジデント賞を「ガレージガーデン」で受賞。

 

※チェルシーフラワーショーは、イギリス王立園芸ソサエティーが主催し、一年サイクルでチェルシーで行われる文化様式イベント。1913年からずっと常にする、ナショナリズムにして圧倒的にマエストロのあるフラワーショーです。

600もの展示者がオリジナルなバリエーションにカテゴリー化されたガーデンというものを出展する。エリザベス女王もご対面し、「緑の魔法使い」と言われたそう。

 

現在ではショッピングモールや医療機関、スクール、個人経営を始めとしたガーデニングをおこなうなかで、日本中に庭園とウォール事業をオリジナルで開発しているすご腕人ですね。

石原和幸の評判・口コミと生い立ちがスゴい

出典http://news.archive.citylife-new.com/life/42382.html

ガーデン作りを始められたトリガーはどんな意味があったのか? その当時は一般向けに買込んで、ショップに立っていました。

 

花が売れなくなったときに、花の苗をショップに乗っけたのです。

 

ある時、苗をお取り寄せに行きましたら「石原君、庭園を演出してくれるか?仕上げたことある?」と話すので、はっきり言って仕上げたことがなかったのですが、「上手です!」とカミングアウトして作成すればチョー高く評価されたのです。

 

始めたら後はガーデン作りをコンスタントに開始しました。

 

いかなる時もコーディネートしてみたり、オリジナルの考えで余暇活動で盆栽をしたり、庭園づくりかのようなものは独自で行っていたとのことです。

 

庭師の人は敢えて選ぶとすれば花が下手くそだと言えるでしょう。花屋さんはガーデンが得意とは言えない。このいずれも成立させたようになると、ほとんどの場合お気に召していただけるかなと考えたそう。

 

彼の指導の下、従業員やユーザーの面が約50ジャンルの花や木を植栽いたしました。

石原和幸の学歴・高校大学はどこか

出典https://www.svenson.co.jp/

彼の出身高校学については公にされていませんが、 大学卒業後、『池坊』に弟子入りを志願して花の奥深さに目覚め、 花屋で修業に乗り出したのがファーストステップだったのです。

 

その際は『将来的にサロンをもつぞ』という考え方がコンセプト。

 

わずかだとしてもOKなので、コンセプトをもつことが重要になりますね。 野望や目安にして期日をつけることが大切です。 更には口に出す。

 

こうやれば、その理想に向けての自分も周りも動ていくので。

 

仲間の話から関心をそそられたのですが、 いざスタートしてみるとビックリがありがたくて、 これまでより驚かそうと口にしてチャレンジすることになりました。

 

彼女に3000円の花を送り届けたいという クライアントのリクエストをかなえるために クライアントに喜んで貰えて自分もハッピーになるビジネスかもしれない。

三原庭園の歴史は奥が深い

出典http://uturnshufuton.blog.fc2.com/blog-entry-1386.html

チェルシーでまぎれもないサクセスストーリーを保持する庭園デザイナー「石原和幸」とめぐりあい、グリーンの事の大きさを理解し、石原の庭園メーク・ニュアンスを石原からトレーニングし、インポート、人々の手で、ガーデンに左右されることなく、内装などはたらき、緑が多くある喫茶店「Cafe home」も考案しています。

 

ほんのちょっと前から、合同サロンで、衣類や庭園生活をアドバイスをしています。

石原和幸の嫁や子供は健在か?

出典https://dreambiz.co.jp/blog%2Fstory_ishihara

ここで石原さんの結婚や嫁や子供はいるのか調査して行きたいと思います。

 

結論から言えば、借金を抱えていた時に家族でなんとか生活していたそうですから、既に結婚されて子供もいると思いますねー。

https://twitter.com/rakutenfmtohoku/status/982160162562584576?s=20

8億円もの負債から家族に協力してもらいながサポ-トを受けていたそうですから、家族がいなければ今頃石原さんはどうなっていたのか?と思いますねー。

 

ホント家族あっての成功だと思います。

石原和幸の現在の年収は?

出典https://www.townnews.co.jp/0404/2018/09/14/448379.html

庭師は、オリジナリティーの高いビジネスセンスと感覚の保有者である職人だと言えます。

 

そのテクニックは鍛練と長期間に及ぶキャリアによって培われ、キャリアを経るごとに深みを加味していきます。

 

その部分に、オファーを受け取った一軒一軒の家を考えて、オンリーワンのセンスで庭造りを演出する力も重要事項だと断定できます。

 

それと同等のスペシャリストである庭師の収入・ギャランティにおいても見ていきましょう。

 

造園企業などに働くようになって社員として勤務しながら就労先に肝要なアイディアやテクニックをマスターするメソッド、もう一方はリーダーのもとに弟子入りを志願して住み込みで修業しつつ庭師の身分でのアイディアやテクニックをマスターするシステムです。

 

造園会社に雇われるとその企業の雇用されるので、1カ月ごとにある程度の1ヶ月の賃金が入金されます。

 

こういう時、従業員として一番最初にいただく収入が初任給だと言えます。そのプライスは各業者でも異なるはずですが、10万円から15~16万円と言えそうです。

 

20万円もいただければ、市場の初任給だとすればかなり高水準と言えます。

 

リーダーの家に住み込んで庭師のトレーニングする場合、ギャランティは給与ていうか小遣い程度ということであります。そのお値段は、入校するリーダーによってもバラバラになってきます。

 

住み込みについては、庭師の形での見習い期間に集中できる上、住むロケーションと食費・光熱費などの家計費はいらなくなります。

 

更には、下積みのために休暇も限られるので、資金があっても使う時間が無いので、小遣い程度のあまり多くない収入でも状況が許す限り気にすることがないという若い年代の庭師が多いといわれているようです。

 

庭師としてオリジナルの持っているテクニックやセンスを生かしてフルに仕事をしていくためには、自分で開業して自分のクライアントなどからビジネスのオファーを受けるというワークスタイルが見て取れます。

 

高い収入を得ている庭師のおおむねは、開業してメインの仕事のオファーを受けているという事例がメジャーです。

 

庭師の業種は個人宅の庭造りのオーダーに基づいて行うのが主なセールスですが、庭造りを手がけた庭の年間メンテナンスや、不動産屋からのオーダー、公園やゴルフ場などオーソドックスな場での造園工事の仕事内容が入った時は、一貫したハイリターンも実現不可能ではありません。

 

ついでに申しますと、ある庭師の方が受けた中でダントツに高かった稼業は1,300万円の受注仕事。このような内容のスケールの大きい工事のケースでは、注ぎ込んだランニングコストは材料費と賃金、プラス売上高に分離されます。

 

わかりやすく説明すると、現実の上で稼ぎとしてふところに残るのは、委託主から取得したご予算の3分の1程度のレベルになると思われます。

石原和幸はなぜ借金8億円を背負う事になったのか?・まとめ

出典http://www.kaza-hana.jp/

「チェルシー」 への出展もスピーディーに決めており、そのビジョンは下向くことがない。

 

こういった石原さんだが、 決してとんとん拍子に経験をストックしてきたわけではない。

 

であるとしても夢を諦めなかった石原さんが、人生経験を交えながら、 音を上げたりしてくじけそうな人、 夢を追い求める肝ったまがなくくすぶっている人に ツイートを供給しています。

 

元々チェルシーにトライしようと思ったのは、 実は巨額な負債を背負ったのが原因となっています。 一流の会社相手に、合併ビジネスに踏み出し、 ふる里から上京したけれども、 8億円もの負債を負って、 いったん舞い戻りました。

 

負債はストップすることなくいかなる時も10年かけて支払いしましたが、 負債を返しつつスタッフの月給を支払い、 自分のファミリーを守るのはとても重圧となってました。

 

来る日も来る日もがむちゃくちゃ苦痛に、夢がなければ辛抱できない生活だったそうで、その際、チェルシーに触れ合いました。 実際的に観に行くと、出展しておられるガーデンの興味深さにハイテンションになり、これにトライしようとマインドが決断させた。

 

そう言うけど、 出展するのみでもハードルが高いです。 企画書が査定をパスしないと出展NGですし、 出展する為に5000万円ものトータルコストが取られます。

 

フルパワーで仕事しながらキャッシュを貯め、初出展。

 

その成果もありグランプリを受賞しました。

 

それ以後もチャレンジを続け、 ありとあらゆるカテゴリーも含めた 約600もの庭園のなかで トータル1位を 受賞するというのが成し遂げました。

 

なぜこれに勝るパフォーマンスを出せたのか。 ガーデンがお世辞無しで大好きだから。

 

もっと言うなら毎年、コレクションの設置を行っているときは 「つらいから、もう次のシーズンしません」とカミングアウトするのですが、 やり終えて帰るタイミングではまたやってみたくなっていくというわけです。

 

今後の発展に期待しています。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

他の関連記事はここから!

⇒【元宝塚】呉由香と結婚した旦那(夫)の顔画像が!今現在起業家で年収がスゴい?【あいつ今何してる】

⇒【今・現在】歌舞伎町ロータリーのNO1ホステス志麻とダンサーは?吉田康博は何してる?【ドキュメント72時間】

スポンサードリンク

コメント