板垣洋一(オカリーナ工房ひじおと店主)の経歴・年収を調査|作品の値段は?【人生の楽園】

メディア

「人生の楽園」にオカリーナ工房土音(ひじおと)店主の板垣洋一さんが特集されます。板垣洋一さんの経歴プロフィール・WIKIなど年収を調査して行きたいと思います。

 

板垣洋一さんはオカリナを作ったり演奏したりする工房を開いていますが、作品や値段、通販販売などを手掛けてオカリナマニアに評判が高いです。

 

現在では、家族として妻の文子さんと共にオカリーナ工房を支えて日々教室やオンラインからオカリナ好きに情報発信をしています。

 

そんな板垣洋一さんの生い立ちや銀行員からオカリナショップを立ち上げたそのプロフィールに迫って見たいと思います。

板垣洋一(オカリーナ工房ひじおと)の経歴・WIKI

出典https://www.youtube.com/

元銀行社員でありながら メインの仕事で益子で働いていた時分にオカリナに着目し、公演と加工を合わせてチャレンジしました。

 

楽曲歴については、高校の頃から自分自身独学でギターにのめり込み、ハンドメイドとしての作曲は100曲以上開発してきました。

 

アクティビティとしては、作詞かつエンジニアの行動をスタートした。銀行マンとして通じるか、ミュージックで通じるかのチョイスを迫られ、銀行マンの行き来を選択した。しばらくすると、銀行員の定年退職にて2016年にオカリナ製作者として独立しました。

 

これらのプロフィールから板垣洋一さんは、生まれ故郷の銀行を退職後、独立してオカリーナ工房を設立しました。

 

手作りしているオカリナは益子の土からもたらされ、土音・ひじおとのネーミングは、益子町で実施されている土のライフのルーツに訪ね歩こうとするに発祥したものになります。

板垣洋一の年収はいかほど?

板垣洋一の年収

出典https://www.satofull.jp/

リアルな世の中いろんなめしの種がありますけれど ほとんどの場合楽器業界は収入が低いといわれていますが ぶっちゃけて言うといくらくらだと思います?

 

さる事ながら楽器屋でも勤めている会社組織や、エリアの現場のステータス、ポジションでもある程度変わると思いますね。

 

板垣さんにおきましては経営者なので、すべて自分の取り分になりますがその分オカリナ制作に関わる経費やコストなども当然自分持ちになります。

 

その経費から売上を差引いた金額が板垣さんの利益になりますので、正直大きく儲かる商売ではないと思いますねー。

 

板垣さん自身も儲けを最優先して工房をやっているわけではなく、あくまでも自分の好きなことで商売しているので、そのへんはあまり重要視していないのかもしれません。

 

推測ですが、おそらく年収的に350万から400万ほどではないでしょうか?

 

オカリナマニアにしかウケない商品なので、若い子向きではないのは確かですね。 ただ、今回の放送で知名度があがるのは間違いないので、ネットの方の販売数は増えそうですね。

オカリーナ工房の場所や教室もやっている

オカリーナ工房の場所

出典https://orip.jp/shop/11360

まずは、オカリーナ工房の場所やアクセス方法です。

オカリーナ工房・土音・ひじおと

栃木県小山市横倉508-2
営業時間9:00 ~ 17:00
定休日不定休
アクセスJR「小山駅」から車で15分、新4号国道「横倉交差点」近く
電話番号0285-50-6199


これとは別に YouTubeで頑張っているオカリナ奏者・中原蘭さんがマネージメントするオカリナ工房で、音楽開発・デリバリーの他オカリナ教室・グループ指導も実践しています。

中原蘭

出典https://readyfor.jp/

めちゃくちゃカワイイじゃねーか!?

こんなカワイイ子といつも仕事をしているのか!?(このオヤジが!)

 

訪問レッスンで不在の状況でもお訪ねの際はお電話して下さいとの事。

 

オカリナをスタートしたいけど、自信がもてない、どこからスタートしていいかお手上げ状態ですという方や、ライブ活動も東京・栃木を重点的に開いています。

 

経験がない状態でリスニングした方はオカリナを対象にしたイメージが変わったとのインプレッションがいっぱいで、高く評価されています。

 

中原蘭さんはアグレッシブに工房のアクティビティに合流し、スクールを集中的に手伝ってくれております。

 

今後、奏者としての飛躍を期待し、全力で応援していきたいと彼も言うほど期待の星と言う事でしょうね。

 

オカリナは表現できる力の欠乏している楽器と勘違いされがちですが、何はともあれ、板垣さんのオカリナ演奏を聴いてほしい。

 

オカリナファンばかりでなく多くの方にその美しい音色を聴いて貰えば、そのクオリティーが実感できるはずだ

板垣洋一のオカリナ作品と値段(料金)は?

板垣洋一のオカリナ作品

出典http://claytone.jp/kokuto.html

ここ数年益子の土で作った、オカリナを加工・売っています。

 

オカリナの開発販売、オカリナスクール、開発や絵付けトライアルのアトリエ、ライブ演奏についてもあなたのアシストにより価値のあるアクティビティに注力しています。

 

板垣洋一さんは元々高校時代からギターが道楽。ある時期にはプロを目論んだほどの大のミュージック好き。

 

ポピュラーな益子で銀行員をしていた時、フェスティバルで奉納されたオカリナが、益子の土で構築されたものではないと知りなぜそのエリアの土壌を使用しないのか?とクエスチョンに思ったからでした。

 

尚且つ意識したのは、益子の土壌を使って個別にオカリナを開発してみよういうこと。そうは言ってもギターとちがいオカリナは板垣洋一さんにはモダンな楽器だったのです。

 

そうした背景がありますから専門的書籍を活かして悪戦苦闘状態。

出典https://prtimes.jp/

窯元で土壌と陶芸テクニックも会得します。尚且つ熟練者のオカリナ奏者のバックアップをウケながら、テクニックを身に着けていきました。

 

そんな彼が力作とこめる黒陶モデルは、もみ殻と炭をプラスして焼いたオリジナル性の高い作品だ。

 

どのジャンルもノスタルジック誘うファッショナブルなメロディーを奏でるオカリナで注目を集める作品になっております。

 

値段的も妥当な金額ではないか。

出典http://claytone.jp/kokuto.html

板垣洋一の家族(妻/文子)は?|まとめ

板垣洋一の家族(妻/文子)

板垣さんは妻の文子さんと二人三脚で生活を営んできました。

 

元銀行員から脱サラしてオカリナ工房を開いたときにも妻の文子さんの協力なしには実現できなかったでしょうね。

 

今まで家族の支えがあったからこそ、こうして自分の好きな事をして食えてるんだと思います。文子さんも工房のサポートや現在一緒に経営されているので、今後も夫婦共々がんばって欲しいと思います。

 

今後の健闘を祈ります。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

他の関連記事はここから!

⇒三浦由紀は草木染のプロ!紬樹の雫の場所や料金は?家族(旦那・子供)は?【人生の楽園】

⇒【なしやさん店主】千葉有美子の経歴や通販方法!梨の価格や直売所のアクセスは?【人生の楽園】

スポンサードリンク

コメント