伊藤元輝の経歴プロフィールは共同通信!高校大学は?性別適合手術ビジネスの実態がヤバい!

メディア

「じっくり聞いたろう」に共同通信の伊藤元輝(いとうげんき)さんが出演されますが、経歴WIKIプロフィールや学歴などの出身高校や大学などをリサーチして行きたいと思います!

 

伊藤元輝さんは性別適合手術ビジネスの実態や真相などを調査している共同通信の記者でもありますが、なぜ伊藤元輝氏がこのようなダークな世界を追っかけるようになったのか?

 

伊藤元輝氏が言う性別適合手術の裏側とはどんなジャンルなのかや、経歴プロフィールから来る彼のキャリアなどを調査して行きたいと思います!

伊藤元輝の経歴WIKIプロフィールは?

伊藤元輝の経歴WIKIプロフィール

出典https://twitter.com/

名前伊藤元輝
生まれ1989年
出身福岡県
身長・体重175cm、79kg

大学卒業後は、総合商社だけの面接を受けて、いずれも落ちて三次募集のあった大手証券に中途入社。しかしながら、ハードな営業部門に音を上げて僅か2か月で辞職。

 

そんなときに外資系(マレーシア)の回転寿司チェーンSushi Kingの役員候補にエントリーするも22歳はいくら何でも若過ぎるらしくて。

 

そのような中で共同通信の面接に行ったと。

 

共同通信社の時点で取材を有効活用して思いもよらず坂田洋介というクライアントと顔見知りになったことが、性ビジネスを追い求めるきっかけとなった。

 

この人何を隠そう性別適合手術商売のアテンド業の第一人者だったのです。

 

ここから彼がこのビジネスにおいて取材をするキッカケになったんですねー。

伊藤元輝の今現在は共同通信記者?

出典https://www.youtube.com/

そこから共同通信社大阪社会部を経て現在神戸支局勤務。

 

事件専属をメインに連載プランニングに乗り掛かる。

 

タイを中心として性別適合切開手術の介入を扱う仕事に関心をそそられたという。

 

そうは言ってもこれについてははっきり言って話のタネになるという関心度であり、非内部として着目しただけかもしれないと、そのフランクさが直撃レポート対象やユーザーからの拠り所を生み出し、自分自身の切実さと、それを目と鼻の先の距離で知るディーラー側の切歯扼腕、そのようにしてディーラーの陣営をどこか疑いの目で見るばかりだったと言います。

 

リアルな世の中や自分との温度差に心機一転あっけに取られたと言いあらわすが、 新聞紙用のインタビュー取材では性同一性障害でオペレーションをした本人に着眼点を絞り、外科手術の前と後ろにへばり付き追及させてくれる方をピックアップしてもらっていた。

 

自身の本を書籍化するにあたって、どうにかこうにかマーケットの方に力点を置けました。

いずれにせよ新聞紙でハンドリングするには、性転師はまだマニアックでさぞかしブラックなビジネスですよね。

 

しかしながらその不毛さが、自分も直撃取材すればするほど良くなるインプレッションを見つけることができた。このインスピレーションは、取材のバックグラウンドを代わりに次第に書いてこそ、ピピッとくるんじゃないかと思いました。

 

YouTubeと言われるものを最大限に利用したセールスを繰り広げ一般公開して活き活きしたデータを意図的に解きほぐし「私どもの会社は、いかなる理由があろうとも外科手術を提唱しているわけではないと断言します」とアピールする専門業者などオリジナリティーもたくさんある。

 

マニア向けともいえるこの世界に過当競争しとも言い切っても良いほどディーラーがひしめき、競い合いは熾烈を極めていますねー。

伊藤元輝の出身高校や大学はどこ?

伊藤元輝 高校大学

出典https://twitter.com/

彼のキャリア及び、出身大学は早稲田大学法学部卒業とかなりエリートですねー。

 

高校はどこなのか公開しておりませんが、出身が福岡県なので、地元の高校ではないかと思いますねー。

 

高校在学中までは福岡で生活して、そこから早稲田に通うために上京してきたイメージがありますが、このようなビジネスに興味を引く性格は、若い頃からかなりマニアックな性格だったのかもしれませんねー。

伊藤元輝はなぜ性別適合手術を取材するのか?

伊藤元輝 性別適合手術

出典https://diamond.jp/articles/-/240756

彼が性別適合手術に興味を持ったのは、今までの経歴などを見れば明確ですが、日本で言うならば、性別適合手術をタイでやって貰う人が数えきれない程なのです。

 

この外科手術の介入やあっ旋をするディーラーの面々がおり、連中は「アテンド業」と言っています。

 

性同一性症状のインナーに「手っ取り早い・技術力がある・リーズナブル」の外科手術を介入、あっ旋するディーラーの方々。

 

彼らはいったいどんな人なのか。なぜ連中は顔を出してきたのか。 性別を販売する「性転師」とも言われていますねー。

 

男性器の摘出/プロダクトを開始するこの性別適合オペレーションを国内で受けるには、ハイレベルな治療費が強いられ、ドクターが少ないためオペレーションまである程度待たざるをえない。

 

「外科手術難民」した該当者のニーズを商売のチャンスととらえ、日本以外の国・とりわけタイでのオペレーションを介入、あっ旋しているのが「アテンド業」と言い表される介入ディーラーですねー。

性転師 アテンド業

アテンド業者にはオンリーワンの人達がそろっている。

 

オフ会を有効活用してリライアビリティを供給するやり手営業職員やバックグラウンドが異なるディーラーたちが「性転換商売」に従事し、いかなる時もぶつかり合っている。

 

尚且つ、アテンド業が顔を出してきたいきさつや日本全国のオペレーション経緯の裏にも迫り、性転換外科手術のウイークポイント、プロセスを精査していくのが彼の仕事ですねー。

性転換ビジネスの実態や真相と真実はいかに?

性転換ビジネスの実態

出典https://twitter.com/genki_ito10

まず、手術にはどれくらいの費用がかかるのか見ていきたいと思いますねー。

性転換手術約50万円~60万円
睾丸摘出手術15万円~20万円
ホルモン投与1500円~2000円

これが現地で行う性転換商売のマーケットプライスです。

 

外科手術はウェブ上でアポイントが可能だというわけです。オペレーション前にシンプルなアンケート調査に書き込むだけで、だれもがオペレーションを受けることができるんです。

 

ドクターの診察はいい加減だとも言われていますねー。

 

真実かどうかはさておき。。

 

要は、経営難のクリニックがうごめくために性転換商売はちょうどいいドル箱だとされます。

 

クライアントの各家庭の経済環境やファミリーのいきさつが受診で構成されることはあまり見られません。

 

要は、結婚していて妻とお子さんがいても、「性同一性疾患」とドクターは見極めてしまいます。 健康保険内になると「割高な療養費」の照準となってきます。

 

この状況は総医療費の自費額が高いレベルになったケースになると、決まった額や上限額をオーバーした分が、その時になってキックバックされるプロセスです。

 

自費可能額は、ジョインしている保険事業体やスタンダード報酬の1ヶ月の賃金・収入レベルによって異なっていますが、一般的に言って10万から15万ほどと同様になります。

 

ついでながら、割高療養費の利用をうけるにはだいたい認証に3ヶ月くらいかかりますが、開始するにあたり「利用可能枠認定書」をゲットしておけば、受付窓口でリストアップすることで支払金額が自費上限額までとなると思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございます!

伊藤元輝氏の著書はコチラ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

性転師 「性転換ビジネス」に従事する日本人たち
価格:1760円(税込、送料別) (2020/9/10時点)

他の関連記事はココから!

⇒沢木文の結婚は?大学高校や経歴と年収も!不倫女子を追う理由とは?

⇒【怪談家】ぁみのWIKIや結婚(嫁)は?プリン画像はガセでウザいの声も!【爆報】

スポンサードリンク

コメント