岩﨑きくの(96歳おばあちゃん)経歴プロフは?家族(息子・従姉妹・旦那)がスゴい!【なぜそこ】

岩﨑キクノ(96歳おばあちゃん)の経歴プロフィールや生い立ちメディア

「なぜそこ」に岩崎きくのさんが特集されます。岩崎キクノさんは京都集落の綾部市古屋で暮らす96歳のあばあちゃんです。経歴プロフィールと家族(孫・従姉妹・旦那)などを調べて行きたいと思います!

 

岩崎キクノさんが話題なのは、息子と姉妹である渡邉ふじ子さんと和重さん、細見恵美子さとで暮らしている京都の集落が彼女達しか住んでいないことになっているからです。

 

今現在は、とち餅と言うお餅を作りながら商売されているようで、96歳と言う年齢ながら毎日パワフルな生活を営んでいるようです。

 

そんな岩崎きくのさんの家族や経歴プロフィールなどの生い立ちなどに迫ってみたいと思いますねー。

岩﨑キクノ(96歳おばあちゃん)の経歴プロフィールや生い立ち

岩﨑キクノ(96歳おばあちゃん)の経歴プロフィールや生い立ち

岩﨑キクノ(96歳おばあちゃん)の経歴プロフィールや生い立ち

出典http://gotisousagasi.com/23360.html

京都の限界集落に、綾部市古屋と噂される集落が見られる。人口はごくごく僅か3戸4人。すべての人がお年寄りで、内3人は90歳以上だ。

 

過去には集落の維持自体が危ぶまれたが、トチの実を使用しての特産品製作や集落の保存を市街地から訪問する人達がフォローアップする。

 

綾部市の中心部からマイカーで40分です。

 

 

息子の和重さんは別として、高齢になった女性たちが全仕事を背負って立つのはハードルが高すぎる。保全プロジェクトや市にすえて有志者を募ったところ、京都を重点的に約50人が寄り集まった。

 

岩崎キクノさんや息子も生産場として運営している館から料理機材などを搬出しながら、ピカピカにして近所を過ぎさる川では他の者が道路上に成長した雑草を刈っていった。

 

数年ほど前に古屋に帰ってきては唯一の男性として、とち餅の販売や有志者の受入れなど活発化のリアルな活動を引き受けてきました。

 

岩崎キクノさんの経歴などの生い立ちとして、ずっとこの地でお菓子やとち餅の生産を行ってきたため、自分のやりたい事を率先してやってきた人なんだと思いますねー。

 

田舎でゆっくり過ごしながら、のんびり過ごすことが生き甲斐なのかもしれませんね。

岩﨑キクノの従姉妹(ふじ子/恵美子)がスゴいぞ

岩﨑キクノの家族(子供・従姉妹・旦那)

彼女たちが村おこしを始めるにあたって、一番最初に総合的に決めごとをされたと言われています。

 

それこそが、「弱音を言わない、ぐちを口にしない」たったの3人の仲間なので、どなたか1人でも、もうダメと言い出したら終了してしまう。

 

そういう理由で、ポジティブにチャレンジする、こんな高齢女性たちはアグレッシブにインパクト大だと言っても過言じゃありません。

 

とち餅作りは一番早くても1カ月オーバーでかかりますし、それなりのハードワークだと言えます。 若いころはもっとハードな役目をはたしていたと言えますが、 依然としてあわただしいときは、1週間毎日朝方から夕暮れまで仕事に従事しているとのことです。

 

今では、90歳をオーバーした3人ですが、耳が遠方だとか、足が苦痛で歩けないとか、そういったことは一切無いようで、 おばちゃんは原付バイクに乗り込んでいかなる時も工房へと通勤なさっています。

岩﨑キクノの家族(子供・従姉妹・旦那)はどうしてる?

岩﨑キクノの従姉妹(ふじ子/恵美子)

出典https://www.ayabefan.com/

 

キクノさんには次男の和重さんがいると言えます。

 

本当のことを言うと15年くらい前に古屋に帰り、唯一彼女達のサポートをしてきましたが、突然脳梗塞で倒れ込み、カラダが支障に。

 

ここ数年はつえをつきながらの生活を送っている。和重さんは健康を害して入院したタイミング、「古屋はジ・エンドだ」とうな垂れた。

 

しかしながら、このタイミングで機能する局面だと行動続行を選び、みんなを励ました。

 

数多くの人がエールを送ってくれている。古屋に引き返して、もう一度挑戦したい。和重さんはその強固な意志でリハビリに精進し、帰ってきた。

 

検討を重ねるうち、「古くからある村を廃村にしたくない」と考慮し直すようになって、いざスタートすると、「ばあちゃんたちの表情がガンガンエネルギッシュになっていった」と息子の和重さんは口に出す。

 

自然界もハンバないですが、こちらに見受けられるみなさんも格別だ。 個人個人が、このエリアを自らの在り処と定義しながら、アグレッシブに根をハリ、大空の方向にスケールの大きい葉を伸張する、古屋のおばちゃんたちも美味しいとちの実の製品を作って欲しいと思いますねー。

3人の今現在はお餅作りやお菓子を作ってる?

3人の今現在はお餅作りやお菓子を作ってる

出典https://www.ayabefan.com/

4人が生活を送る古屋集落が一番熱気の溢れたのは昭和30年代で、15世帯70人が生活していた。しかし時間が経つ程に人は減りつづけ、今は高齢者の方たち3人だけ。

 

おのおので独り暮しをしている3人は、山奥でいかなる暮らしを送っているのだろうか?

 

栗といった様なトチの実をもち米とプラスした古くから受け継がれてきたトチモチを売りに出している。3人はトチモチや甘い物を作り、売りに出して生活を営んでいる。

とち餅

出典http://mochipapa.blog.jp/

トチノキの実を入れたお餅で、ぜんざいにピタリ。しかしながら、手間ひまが強いられ、実のアク抜き等にデリケートなテクニックが不可欠です。

 

古屋の山にはそういうとちの木が千本ほど群れているのです。

 

ずいぶん、味がよくてクリーンな水なのだろう。 並びに、1年サイクルで秋になると、とちの実が山のしっとりとした傾斜の中、ころころと転がります。

 

その実を掬いあげるところから、とち餅製作がスタートするのですが、非常に単純でないオペレーションだと言えるでしょう。

京都集落には3人のおばあちゃんしか住んでいない?

京都綾部古屋

彼女たちが生活を送る京都綾部古屋は3世帯4人の京都府でもっともちっちゃな集落です。

 

現在暮らしているのは渡邉ふじ子さんと次男の和重さん岩崎キクノさん細見恵美子さんのみだ。

 

セーフティーにいつの時代でも続いた長い期間の歴史の長い古屋を我々だけの代でなくしたくはないと、村おこしを筆頭に活動してきました。

 

この土地で出生し育って、後、東京都内で従事していらしたそうですが、幾年か前にふる里古屋に戻って来たとのことです。

 

今後も伝統あるこの集落で、守るための活動を行い受け継いでくれる人が現れる事を祈っております。

 

最後までご覧頂きありがとうございます!

とち餅を食べたいと思ったらこちら!

他の関連記事はココからです!

⇒竹下晃朗のワークショップは?98歳の経歴や年収も!コブってパンの事?

⇒土井スズ子(95歳ピザ屋)の経歴プロフィールが凄い!子供や店の場所は?【たけしのにっぽんのみかた】

スポンサードリンク

コメント