【ヤラセ?】きん籐旅館の開かない金庫の中身は小判や大量のお金!?【所さんそこんところ】

メディア

「所さんのそこんところ」にきん籐旅館の開かない金庫が特集されますが、ヤラセなのか?中身は開かないようになっていますが、そこには大量の小判や現金があると言う噂が!

 

きん籐旅館は、老舗のブランドとして明治天皇なども利用した旅館でもあり大変有名です。

 

そんなきん籐旅館の中に、開かない金庫が昔からあり、ヤラセなのか、はたまたその中身を開けてどんな財宝が隠れているのか?

 

今回はこの辺を調査して行きたいと思います!

きんとう旅館とはどんな旅館なの?

出典http://oyabin.net/

その昔、中山道メインの宿場町といわれる深谷は、全盛期には約数十軒もの宿が発見できたが、今もルーティンワークを実施しているのはコチラ「きんとう旅館」のみ。

 

そして、食事も美味しいし、お風呂もトロン温泉と言って評判高いです。口コミも上々です。
 出典https://www.youtube.com/

落語家・立川談志がよく来るとありまして、宿泊機関のホールで、何回も落語を開いてもらっていたそう。それ相当のホールには、ここ数年のプライスで数千円する置物もありますねー。

 

これ以外には、中庭にそびえ立ってみる300年越えのヒバの木は、明治天皇のブレークタイムのスポットに活用されていました。

 

ついでに宿泊客の自筆帳には、流浪の天才画家・山下清がお泊りした際にストックしていった花のイラストレーションと署名が。

 

これ程までの掘り出し物が眠りにつくだけに、金庫の内容にも意欲が増加しますよねー。

 

「明治天皇御休止碑」がきんとう旅館に見舞われているとのことでさることながら旅館前にあるものと考えていましたが、スペースがないストリートを入ったエリアにあり、社会動向を思わせる、たたずまいだったのです。

出典http://f28kazu9.livedoor.blog/

このゾーンに、深谷本陣跡が見つかったとのことであるが公開物等が探し出すことができなかったので、深谷映画館のあるコーナーに食い込むとご時世をさかのぼったワンカットが存在しておりましてスクリーンの中にもタイピングしていくかのようなハッピーな瞬間でしたねー。

 

この町のインプレッションはスクリーンロケによく活用されるようです。

■きんとう旅館

埼玉県深谷市本住町7-54
048-571-1341
深谷駅から徒歩6分
駐車場無料25台

ヤラセか?きん籐旅館の開かない金庫の中身は大量の小判が!

今回の開かない金庫を専門家が開けて金庫の中身を暴露するようなドキュメント番組はよくあります。

 

内容からしてヤラセなのか、ガチなのかが焦点になると思いますが、ネット上の意見などもピックアップしてみました。

よく、この手の番組はヤラセと紙一重なところがありますよねー。

 

テレビで開かずの金庫を開ける天才鍵士ってやってますが、ヤラセですよね?
もし、開けて中から骨とか出て来たら放送的にまずいいし…
ヤラセですよね?いつも生中継でやってますよ。それも偽生中継でしょうか?

 

ヤラセかどうかは知りませんが、そういうのが出てきたらお蔵入りにするのでは?あの番組は生放送ではありません。

 

確かに生中継と出ていますが、「収録時の生中継」という意味で、偽生中継という事になります。生放送と勘違いされても仕方ありませんが。

出典https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

ヤフー知恵袋では、このような意見がありました。

 

まあー結論から言うと五分五分かなと・・・ 「きんとう旅館」におネンネする「開かずの金庫」

 

40年前までここの置き場にあり、宿を改装した場合、金庫だけは重すぎて動かせなかったと噂されています。

出典https://www.tv-tokyo.co.jp/

ただひとつ開け方を承知していた前の形も永眠してしまい、ここへ来て開かずの金庫に。 キーのデザインから、大正時代か昭和最初の頃に構成された金庫と仮想。

 

キーは上下変動にあり、どちら共が施錠されたシチュエーション。

 

以下のキーはダイヤルと関わりを持ちながらいることが理由で、下を開けないとすれば後のキーも開きません。

 

オペレーションのスタート時からごくごく僅か3分で下のキーが開錠。

 

ここから下ダイヤル式のキーを起こします。

 

正真正銘気になる仕組は? 先代以外ただの一人も滅多にお目にかかれない開きの向こう側には、何やら数え切れないほどの品物が。

 

一番上に収納されているいたのは小判など。

出典https://www.tv-tokyo.co.jp/

見た感じでは先任は、少し前までコソコソと金庫を使っていたとのことです。

 

とてつもない文書の中からは、先任が27年前に文部大臣表彰を勝ち取ったシーンのおみやげも。更に、ファミリーも存じ上げなかった亡き先任に向かっての記録が多種多様に顔を出しました。

開かない金庫の中身は大量のお金も出てきた!?

次いで下の引き出しをオープンしてみると、古いお金が!

 

出て来たのは、江戸時代末期からよく見られる現金類。こちらは、コンディション次第では数万円のプライスがつきます。

 

メインの引き出しがある中から書き下ろされた文書が浮かび上がって関心が増大しますが、はっきり申し上げてこれらのコンテンツはキャンセル済みやたいてい残りの金額が無い預金通帳というようなものでした。

 

長年の伝統がある宿泊機関の開かずの金庫からは、ものすごい量の古銭や宿屋に対しての文書、そして家族同士も知覚していなかった先任結びつきのアイテムが床に就いていました。

絶対に開かない金庫と言って鍵職人が開けてる時点で結局はヤラセなのか?

出典https://www.tv-tokyo.co.jp/

結局、開かない金庫と第して専門家が開けてる時点でヤラセではないのか?と勘ぐってしまうのはワタシだけでしょうか?

 

100パーセント開かない金庫対いかなる金庫でも開けることが可能なキーマイスター。

 

昔の人は個人で資産を管理することが多いらしくファミリー層にも金庫があるんですって。

 

いずれにしても金庫のナンバーを忘れ去る人が多いらしく鍵開けマイスターのビジネスが多そうです中にあっても鍵のダイヤル音を聞き割りあててナンバーを探る技術者芸はハイレベル。

 

そうは言っても今回に関しては、金庫のインプレッションも古くは事業体のキャリアも長いことによって、「歴史に名を残すものが加わっている」ように茶の間視聴者のニュアンスをコントロールしてうまく見せていたのかもしれませんねー。

 

ほんのひと昔前、開け方がわからなくなった金庫を、さぞかなり昔より開かなかったかのようにカモフラージュすることは、放送番組倫理として、いかがなものかなと言えそうです。

 

最後までご覧頂きありがとうございます!

 

他の関連記事はこの下からです!

スポンサードリンク

コメント