木沢尚文の投球フォーム|WIKI・身長体重を調査|中学高校はどこ|彼女はいるの

アスリート

慶応大学の木沢尚文がドラフトでアツい注目を浴びています。木沢尚文の経歴WIKI・プロフィール、身長・体重などを調べて行きたいと思います。

 

木沢尚文の中学・高校などの学歴や現在彼女の存在などが気になりますが、そのしなやかな投球術やピッチングフォームからモテないハズがない。

 

2020年のドラフトには、間違いなくピックアップされる逸材なのでこの木沢尚文本人や家族などの心境はどうなんでしょうか。今回はこの辺に注目してリサーチして行きたいと思います。

木澤尚文の経歴WIKI・プロフィール

出典https://www.youtube.com/watch?v=6EI9CekI6eA

本名木沢尚文(きざわなおふみ)
生まれ1998年4月25日
出身千葉県

木澤は幼い時から表の土俵で脚光を浴びてきた。

 

小学校の年代にはすでにロッテの下部組織にリストアップされ、ジュニア大会で県内制覇。

 

その当時のチームメートには、楽天の藤平もいましたけれど、ピッチャーの大黒柱になったのは木澤だったのです。

 

ジュニアハイスクールでも才を活かし、八千代シニアのナンバーワンという形で、選抜ビッグイベントで日本国内制覇を成し遂げている。

 

木澤の将来には天真爛漫なパノラマしか映らなかったと言います。

 

さしあたって木澤の道筋をいま思えば、船橋市が地元の木澤は小学生2年生のときに野球をスタートさせた。

 

そこに至るまでサッカーに興味津々だった木澤のスタイルを見て、ある日ピッチングのキャッチボールをした事がキッカケでそのセンスにいち早く気づいた同級生が野球部に彼を誘ったのが初めての野球との触れ合いでした。

 

野球を始めると、いきなりエースを務めるほどで、投げても打っても凄まじかったですし、基礎体力から他のプレーヤーとは全然違うことを未だに忘れることができません。

 

尚且つ中学では優れた人材プレーヤーと触れ合うことに恵まれ、 そのタイミングでは中学生だったたびに『この子は次元が異なる』というプロセスが共感できるぐらい、ハイレベルなプレーヤーだったのです。

 

打ち込んでもスゴイ、スローイングもスゴイ。高卒でエリート階級に行くだろうと思った程のエリートだったのです。

 

そして学習のほうでも、中学ではそれ相当の結果は残すことはできていたそうですが、高校生は日本全国から利口な学生が入校してくるので、学習に付いて行くのがシャカリキになって自発性にウェートを置くクラブなので、初めの一歩で何を実行すればいいか見当もつかず、やり損なっていたそうです。

 

高校時代の初めの一歩という意味は、アップアップしてシビアなキャリアのほうが大きかったそうです。

木澤尚文の身長・体重はいかに

身長は182cm、体重78キロと有利な環境にあり、体型はパーフェクトな木澤。 ラインナップが豊富にあり、100パーセント1試合を整理すると支持されています。

 

100パーセントと言えるくらいドラフトの選択項目に入ると思いますねー。

 

早稲田との六大学野球決勝では、

「コロナの影響で突然、リーグ戦が中止になるかもしれません。残りの試合も毎試合が引退試合だと思って挑むつもりです」

と力強く語る。

木澤尚文の出身中学・高校はどこ

中学校は千葉船橋にある二宮中学校出身だと言えますね。

 

高校は慶應高校だと言えます。

 

慶應大学の偏差値は62から70で 慶應高校は何かと言ったら、脳ミソが良い人がうごめく雰囲気ですよね。

 

木澤は過去に怪我をしてリタイアした時期もありましたが、その後は見事に復帰して投打のキーマンとして大健闘します。

そうは言っても、セミファイナルで肘の故障にあい公式戦もためらっていたので、痛み止めを服用したりした出場が続発しています。

 

なのでこの影響で甲子園の夢は途切れました。残念です。

木澤尚文に彼女の存在はあるのか

ここからは、木沢尚文の私生活やプライベートの事ですが彼女や交際相手はいるのか?についてですが、今は学生生活を営んでいるので異性と交際する時間はあまりないと思いますね。

 

ドラフト注目のプレーヤーですし、彼女を作って余裕こいで遊んでいる時期ではないでしょう。

 

自分の将来がかかったドラフトですから、プロに行って一軍で活躍できて一人前になってから彼女や嫁さん探しの旅に出るんではないでしょうかね。

木澤尚文の投球フォームがヤバい

いずれにせよ彼のピッチングフォームはスケールが大きい。

 

木澤は自身のことを「下手くそ」と言い切る。

 

ボールの出し入れに長けているわけじゃないし、1試合の中でしょっちゅう緩急をつけるピッチングができるわけじゃないので そう言われたら木澤の配球は現在のところ、改良されているとはデスクリプションしにくい。

 

ではありますが「剛」を守り通し、打者とストレートにトライする様は見る者をとりこにする。ストライクゾーンでしのぎを削って、そんな中空振りが攻略できるのが強みだと言えますとイキイキと語る。

 

カットボールやタテのスライダーもコントロールする右腕は奪三振率もハイレベル。この春までリーグ戦では計44イニングスで64。

 

奪三振率はビックリすることに13.09です。

 

木澤はスキルをトコトン使うピッチングをすることなく、これ程までの三振を確保出来る次世代型のピッチャーだと言えます。

 

ピッチング面では、重点トレーニングに取り組み始めたり、これ以外には運動施設に出向いてボディーの活用する方法を学んで、結果的には平均140キロ以上を突破。そのタイミングの思考レベルは今と比較したら酷かっただろう。

 

しかしながらトライアンドエラーしながらチャレンジする木澤のスタンスは、今の時期がスケールの大きいルーツだったと言える。

とは言っても高校時代はケガの繰り返して、2年生になるまで肩のケガ、尚且つ肘がイカれ、投球フォームも120キロ前半台しか出なかった。

 

外科手術する選択項目もあったがドクターから高校生のうちにメスを入れるのは状況が許す限りやめておこうといわれまして、ケアとリハビリで治療していこうということになりました。

 

そんな過去もあったようです。

過去には怪我してた?

木澤は、長期に亘って負傷で戦列から去る傾向が見られるプレーヤーだと言えるでしょう。 学生時代にはよく肩を壊す傾向にあり、その後復帰しますが再度肘の靭帯のケガをおうことになります。

 

大学時代でも、一度肩を痛めてしまします。 そうは言っても、神宮大会でスゴイピッチングを披露しては目下のところ公式戦もないことからケガの問題はないと言えるのではないでしょうか。

 

木澤の配給としては、スライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップを投げ分けることが可能だと言えます。

 

切り札として、スライダーとカットボールを使う公算が大きく、スライダーはドカ~ンと横ではなく縦になるので、この他には球速もあり切れ味もシャープなボールだと言えます。

 

木澤には、ドラスティックなストレートと切れ味シャープな曲がりがある中で、制球に問題点があるようです。

 

その点では、これから先のステップアップで調整を磨けば、トップレベルの真っ直ぐがこれまでより生きてくるでしょうし、これまで以上の快進撃ができるのではないでしょうか。

木澤尚文がドラフトで注目される理由は

出典https://news.goo.ne.jp/article/

現在の12球団スカウト陣の木沢尚文に至るまでの評判ですが、

日本ハム・スカウト 「(1位指名の)12人の中に入ってくるし、近いうちにキャリアを積めばもっと成長してくる」

楽天・スカウト 「去年とは違って、ギャップがなくなり、統一化されてきた」

ヤクルト・スカウト 「ストレートにカット、スプリットと力で押せるのがウリ。」

日本ハム・スカウト 「ストレートのパワーがポイント。投球練習場では、いい変化球も投げていた。久しぶりの実戦だったようだし、将来においてカーブの精密度がアップしてくるようならメリット」

中日・スカウト 「プロの打者はジャッジメントする。ストライクからボールになる球が使えればわたり合えるかな」

DeNA・スカウト 「素晴らしいピッチャー。いい体型をしているし、外見もいい。内にも放れる。まっすぐは、もっと改良される」

木澤をピックアップしたら うなる剛速球と大きく曲がる変化球で三振の山を確立した上で木澤はドラフトでも上位ランクの指名は疑う余地なしではないか。

 

今後も注目していきたいと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

他の関連記事はここから!

⇒【兄弟凄え!】田中祥都の家族と母親が美人!バッティングや守備エグい!【バースデイ】

⇒辻空は素行が悪かった?永川との関係や結婚&家族(嫁/子供)は?トライアウト結果も!【バースデイ】

スポンサードリンク

コメント