小堀秀毅のプロフィールや年収資産を調査!出身高校と大学がエリートで時期社長は誰?

経営者

今回は旭化成社長である小堀秀毅氏のWIKIプロフィールや年収資産などを調査していきたいと思います!

 

出身高校、大学などの生い立ちがかなりエリートでもあり、旭化成の経営自体も現在安定している事からその手腕は疑うことはないでしょう。

 

そんな小堀秀毅氏の経営する旭化成の次期社長なども気になります。今回はそのへんのことも詳しく調査していきたいと思います。

小堀秀毅のWIKIプロフィールや生い立ちは?

出典https://r.nikkei.com/

本名小堀秀毅(こぼりひでき)
出身石川県
生まれ1955年

大学卒業後、1978年に新卒で旭化成の門を叩いた小堀氏ですが、当時電子機器や材料を扱う今で言うエンジニア部門で働き出しそこからみるみる頭角を現してきました。

 

自分の実績はさることながら、会社の利益にも貢献し2014年には旭化成の専務執行役員にまで上り詰めました。

 

そして、2016年から旭化成の新社長に就任し、独自の経営で会社の安定基盤と投資部門において将来へのマテリアルの理念を貫いております。

 

生い立ちにおいては、家族関係のことは外に公にされていませんが、大学時代から経営学部で組織運営に関する基礎知識を身につけてきており、現在社長業務を引き継いでもその手腕を発揮しています。

小堀秀毅の出身高校や大学がエリート!

出典https://forbesjapan.com/

まずは学歴ですが、大学金沢二水高校を出て神戸大学の経営学部に入り会社の経営に関するスキルを大学時代から学んできました。

 

特に神戸大学経営学部は国内における経営学の中心的な位置付けということで、「学理とリアルなハーモニー」というキャッチフレーズの下、長い歴史をもつ提携をはじめに強くバックグラウンドとして産業界の一歩先いく人員の訓練を手がけてきました。

 

経営学と見なされるエリアのプロパティもあり、科学者は会社組織等での画期的なキャリアをインストールしながら、認証研究をして、産業界はそれに匹敵するだけのリサーチ成果を会社組織活動に運用できるという様にそれぞれが合併化され、ハンドリングされる創意工夫がコツコツ経験として培ってきました。

 

このような学界との提携は、研究のを希望する産業社会との相互依存をうまく利用してリサーチを進め、その結末を外でレクチャーするとともに社会にフィードバックしていくというスローガンによってシンプルに称されています。

神戸大学では、インストラクターがいたにも関わらず、過去の戦後から経営学にチャレンジしてきたこともあって、国内唯一の経営学部が誕生した大学でもあります。

小堀秀毅の年収資産や旭化成の売上高は?

出典https://www.sankei.com/

旭化成の所得は700万円前後です。

 

そうは言っても、世代やポジションなどにより報酬は大きく変化してきます。

 

平均給料は60万円前後です。 賞与は基本給の半年前後でブレがないようです。

 

旭化成は 国内メジャー企業の化学製造会社です。

 

化学製造会社とは、医薬品、シーズニング、繊維など、化学的な生産物の作製を行う企業を指しています。

 

ひときわ、旭化成は日本最古の企業の1つです。

 

これに伴い、キャリアは古く、給料が高いだけではなく、経営破たんしにくいブレがない会社組織だと言ってもいいでしょう。

 

ただ、基本は年功序列で、何はともあれ勤務年収が高いほど結果を得てもサラリーに現れにくいようです。

 

はっきり申し上げて、組織上年功序列なので個人が高い収入をい得ようと思えばそのクオリティ以上の実績を出さないと中々収入は上がらない。

 

もっと言うなら、入社数年程度は実績があまり映し出されず、ポイントはエスカレーター式にサラリーはステップアップしていく確率が高い会社ですね。

 

このように、非常に時代の変化に左右されない安定経営を続けてきており社長の小堀氏の役員報酬なども安定していると思われます。

 

旭化成の売上高と営業利益などを考慮してみると、およそ役員報酬は最低でも1億円以上の得ていると思われます。

旭化成とはどのような会社か?

出典https://univa-jp.com/

会社の創業以来、関連事業構造の移り変わりに立ち向かい、新規事業にアクティブにトライしてきた会社組織。

 

ここ数年の事業エリアは、マテリアルを扱う原料品、建物、ヘルスケアの3部門です。

 

この3部門を持つ会社はナショナリズムにも系統がなく、オンリーワンのポイントと言えます。

 

事業エリアは広いですが、化学テクノロジーをベースに置いている面に於きましては同様になっています。

環境やエネルギッシュなどの社会プロセスを、ノウハウでカバーするというスローガンでタスクを繰り広げています。

 

マテリアルタスクは大きく1対1のフィールドにカテゴライズされます。

 

一つはリチウム電池コンテンツ事業や、クルマの軽量化に機能するコンテンツなど、環境などのエナジー関連マテリアルです。

 

もう一方はサランラップや繊維などライフスタイルラインです。

 

このようにハイレベルな成長率を成し遂げています。

本社東京都千代田区
設立1931年5月21日
資本金1033億円
社員3万2821人

小堀秀毅の現在の旭化成での活動は?

出典https://car.watch.impress.co.jp/

企業マネージメントにおいては、経済のチェンジへの対処が極めて肝になります。

 

経営プログラムを実践した3年間で、環境の事業や繊維事業に特化した世の中の注目がランクアップし、会社組織にもバイタリティに溢れたケアが迫られるようになったと考えています。

 

そうした背景がありますから経営スキームでは、期間にわたって希望しているパターンのスローガンにコントラストを配置しています。

 

継続することが成功へのサクセスに寄与するスタンスをストレートに打ち出しました。

 

社会貢献と言いますと、ここ最近まで環境事業にチャレンジを重点的に届けてきましたが、事業活動自体が継続可能なものであると十二分にアピールすることを注視しました。

 

「安定的にファンドを行い、クライアントの信用を獲得して、グローバルベストや唯一無二を実現させたい」とかたる小堀氏。

 

この様にしてハイリターンなタスクの集団をつくることは、会社組織のバリューアップにもダイレクトに影響します。

 

継続可能な火付け役と継続している企業プライスアップという好循環を作り出すことが大事だと言えそうです。

旭化成次期社長の有力はだれ?

出典https://newswitch.jp/

2018年時点での旭化成は、旭化成ファーマの次期社長に、青木喜和常務執行役員がランクアップするトップ人事を公言しました。

 

前社長から12か月で社長交代と考えられるが、内部では「社長交代の要因はあかしていない」と語っています。

 

旭化成ファーマの青木社員は、「どうしても必要なファンドを実施できた。経済環境のいいときに次の手を打つことが常識だ」と語っています。

 

今後も景気に見計らって、社員のバイタリティや住宅関連に並ぶ柱として、事業を大きくさせる考えを示しておます。

 

このような背景がある旭化成ですが、メインの旭化成次期社長は誰なのか?の問にはまだ候補は未知数ですが現時点での候補の1人として旭化成フォーマの青木氏が候補に入ってもおかしくないと思います。

 

今度の旭化成に注目です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサードリンク

コメント