増田文治(マスダックマシナリー)経歴・評判・年収など!菓子機械がヤバい!【がっちりマンデー】

経営者

「がっちりマンデー」にマスダックマシナリー社長の増田文治さんが出ますが経歴プロフィール・評判・年収などを見ていきましょう。増田文治の会社マスダックマシナリーはお菓子の機械を製造したりしています。

 

評判は上々のようですが、各業界からも常にオファーがあるほどのスーパーな菓子機械をつくり、メーカーの売上アップに貢献しております。

 

今回はそんな会社の社長でもある増田文治さんやマスダックマシナリーに迫ってみたいと思いますねー。

増田文治の経歴WIKI・プロフィール

出典https://news.nissyoku.co.jp/news/ebata20200210093750853

創業以降、お菓子の機械製造元としてとりどりの製菓マシーンを開拓。

 

現在はプロダクトやアバンギャルドな生産メカニズムや創り方を引っ切り無しに発明して菓子業界の育成にガクンと一役買ってまいりました。

 

社名を「法人マスダック」に改正、「そのおやつづくりを、ずっと美味しい状態で、最新で」を今までになかったキャッチフレーズに掲げてました。

 

どこにでもある機械製造企業としてにとどまらず、食材においての菓子プロダクトタスクをはじめ、日本と海外のスウィーツを市場に出る業者に向けてデザートのプロダクトテクノロジー、これまでになかった菓子加工メカニズムなどを実施して、なお一層菓子プロダクトのあらゆる局面でアシストできる会社組織を目指しています。

産みの親である父は増田文彦さんと言い、年若き頃にキャンパスでマシーン工学を専攻し、飛行機設計を求めていました。

 

だけれど、戦時中での日本でその願望はかなわず身内から教えてもらったプリント工場にお勤めされていました。

 

そのタイミングで、たまたままんじゅう加工のプロデュースをサポートしました。それこそが菓子製造機との出合いだったのです。

 

器材ができ上がって実演市販を行うと、あっちもこっちも気分良さそうな顔つきでお菓子を食べていました。

 

その外観にじかに見た父は、ビックリしたそうです。その後、このある案件をチャンスに捉えてお菓子器材の研究を没頭したそうです。

 

このような父の血を受け継いでいるのが現社長の増田文治さんです。

マスダックマシナリーの評判や口コミは?

出典https://monoist.atmarkit.co.jp/

デパ地下に行列を作るバラエティーに富んだお菓子やあらゆる所に注目されるおみやげ菓子。

 

こういう類の国内全土の人気菓子を見えないところからバックアップするのがマスダックマシナリーではないでしょうか。

 

設立以来、「いの一番に菓子ありき」のマインドを維持されるこの会社は世界へと貢献しているステージを大きくしながら菓子市場に新しい展開を起こし続けている。

 

設立60周年に達したときには、これまでになかったモットーとして「Sweets Innovation Company」と打ちだしている。

 

ストックしたテクノロジを活用して革新を引き起こし、プロダクトラインのスキームやアドバイスまでチョイスするトータル機械クリエーターとしてのポジショニングからの繁栄を目的にしている。

 

また、市場およびそれに関係する各関連業界のステップアップにもバイタリティに溢れたチャレンジを見せている。

 

このマスダックマシナリーが加工する器材には、オーブンやどら焼き機などが整備されている。

 

これにより、過熱スチームとブレンドして焼ムラのないスケール感あるスウィーツをササッと焼きあげることができる。

 

オリジナルな陳列場所のレシピをコンピュータマネジメントによりオートマチック化し、中間返しのシチュエーションや焼きタイミングなど、クライアントオンリーワンの焼き方を正確に再び行う事ができます。

 

こういったオリジナルなテクニックを再現可能なことがマスダックマシナリーのウリであるといえるだろう。

 

評判も上々で、

全国平均よりはちょっと上くらいもらえてるのかな、と思います。ここ数年しか知りませんが、賞与もきちん出てます。残業代や休日手当もしっかりでるので、働いたら働いた分自分に返ってきますね。査定は年1回。きちんと上司と話す時間があるので、不当な評価をされるってことはないです。

 

日帰り旅行やらボーリング大会がありますが、基本的に自由参加なので煩わしさはありません。

 

非常に寛容と感じる。
歓迎会や寮生の飲み会、社内行事などで知り合い仲良くなっていき、付き合う人が多いです。

マスダックマシナリーが製造する菓子機械がヤバい

出典https://www.tanabekeiei.co.jp/t/

父はコテコテの職人でしたから、人のまねはしたくないというモチベーションがゆるぎなかったのでしょうね。

 

ことばかりで、「まず第一に菓子ありき」といったコンセプトも重点にしいました。 そちらの好例が1975年に考案した「アルミフーズ」だと言えるでしょう。

出典https://www.masdac.co.jp/

どら焼きのトピックとジャムをカバーしてオーブンで焼いた菓子で、焼き上がりまで外気に言及しないため生地は柔らかいしユーザーが封の中を見るまでどういった人の手にもタッチされず清潔。

 

これは最初の品であり、広い範囲に亘る菓子製造企業が使ってばか売れしました。

 

ニュータイプは、アジアマーケット向けに提供を行うため、ご予算に注意してプロデュースを進めた品物だということです。

 

アジアでどうしても必要な焼き上がりの品質にフィットするようにスペックをチェンジし、ご予算を落とした。その中で、かねてから需要のあったスリム化をプロデュース。

 

ファクターに採用し、コントロール盤をゼロ化した。

 

マネージメント面で言えば、食材事業になだれ込みしたことで菓子に向かっての手法がストックされ、菓子のプロダクトを持つ相手サイドのタスクが進化。安定収入のキープに融合しました。

 

菓子を口にしたときのユーザーのハッピーになる顔ありきという計画ポリシーが、マスダックのマニュアルを当たりに導いたのでしょうね。

出典http://www.ryousyokuki.jpn.org/sinnihon.html

増田文治やマスダックマシナリーの年収は?

出典https://careerconnection.jp/review/32841/review/

全国レベルよりはかすかに上くらいもらえてるのかな、と思われます。

 

ほんのちょっと前からしか認知していませんが、ボーナスもしっかり出てます。

 

作り上げるお菓子プロダクト器材のチェック・セルフメンテ等界隈において、外注法人のワーカーとともに3~4名のグループでユーザー器材のマネジメント・修復任務を実用。訪問や出張に関しては2-3泊の出張がほとんど。月の1/3位は視察しているイメージです。

 

製菓機械クリエーターとして、セーフティーでリスクの少ないスイーツの加工ができる器材づくりに取り組んでおります。

 

オーブン、スチーマー、充填成型機をユーザーのおやつづくりにふさわしい加工形式で作っています。

 

国内全土の銘菓製造のリソースを背負って立つビジネスであり、各自のタッチした機器で形作られたお菓子が店の最前列に販売されているのをお目にかかる シーンではは、ほかでは楽しめないエンターテインメント性があるでしょうね。

株式会社 マスダックマシナリー
所在地・埼玉県所沢市小手指元町1-27-20
設立日・昭和32年
資本金・1億円
代表取締役社長・増田 文治
従業員数・168人

今後の発展に期待しましょう。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

他の関連記事はここから!

⇒竹下晃朗のワークショップは?98歳の経歴や年収も!コブってパンの事?

⇒岩﨑きくの(96歳おばあちゃん)経歴プロフは?家族(息子・従姉妹・旦那)がスゴい!【なぜそこ】

スポンサードリンク

コメント