【トライズ社長】三木雄信の経歴プロフィールや年収!孫正義との関係は?

未分類

今回は、トライズ(TORAIZ)代表の三木雄信(みきたけのぶ)氏の経歴プロフィールや、年収などと孫正義との関係性について見ていきたいと思う!

 

今や、英会話スクールの先駆け的存在であるトライズ社長の経歴やプロフィールなどが気になるが、その生い立ちや今現在の活動はどのようなライフスタイルを送っているのか?

 

また、元ソフトバンクで孫正義の右腕的存在として秘書を担当していたこともあり、その手腕は当時からスゴいものがあったのだ。

 

今回はそんな三木雄信氏の全てを語って行きたいと思うので、しっかりとついて来てほしい。

トライズ代表三木雄信の経歴プロフィールやWIKIは?

出典https://rubese.net/

まず、詳細に三木雄信氏の経歴やプロフィールなどを見ていこうではないか。

■本名⇒三木 雄信(みき・たけのぶ)トライオン株式会社・代表取締役

■出身⇒福岡県

■略歴⇒三菱地所株式会社入社・ソフトバンク株式会社入社・ジャパンフラッグシッププロジェクト株式会社・トライオン株式会社TORAIZ(英会話)事業立ち上げ

学業を卒業後には三菱地所に入社して、丸の内の活発化事業計画などを実現するも転勤をバックにこの会社をあっさりと退社。

 

ある程度経過した頃、当時の孫正義とのコンタクトでソフトバンク入社。

 

その直後に、トライズ設立のキャリアを手にすることとなるのだ。

 

これは、正確にソフトバンクが通信事業に参入した、2000年~2001年頃のころ、ネット回線の関連事業のアクティブ化で、大いにアナログからデジタルに変化した頃だ

 

この後は現時点のソフトバンクができたわけだが、その際にクラウド上でオンライン化が実行されおった。

 

彼いわく、本来は三菱地所に入社をしたんだが、3年経過したときに、孫正義の弟でもある、孫泰氏に「ちょっとだけ検討していることがあるんだよね」と口に出していたら、「兄貴に会わない?」と呼ばれたらしいい。

出典https://newspicks.com/

そこで、実際に孫氏と食事をしながら「三木くん、会社が300年続く仕組みは認識しているかね?」と聞かれたそうだ。

 

三木氏は「多種多様だと考えられます」と答えた。

 

三木氏はかなりマニアでもあり、化石がとんでもなく好きだったそうで、昆虫のキャリアなどを知っていた。

 

そこで、昆虫っていろんな国の動物のなかで一番カテゴリーが多くて、一番長い間生きている動物らしいく、その知識がこの話に応用したところ「多種多様だと思います」て言ったら「そうなんだよ!多種多様なんだよ! このタイミングで中途入社しろ!」と孫氏に言われたそうだ。

 

そんなんで、ソフトバンクに入社したそうだが、当時入社したのは1998年で、その時の売上高が4,000億だった!

 

4,000億というものは「ハンパない数字」と思うかも知れないが、実はその当時のソフトバンクはソフト流通業界の会社でもあり、 入社時は単なる孫氏の秘書だったと言う。

 

いくつものところに訪れて行ったり倉庫で棚卸しなどもやってて、とんでもなくエロいモノまであったと言う笑

 

それを見た三木氏は、思いがけず「俺、この会社選んだのピント外れだったかも?」と思ったそうだ。

三木雄信の学歴(高校・大学)はどこ?

出典https://www.sbbit.jp/article/cont1/29186

三木氏は福岡県内トップクラスの進学校である久留米大学附設高校を修了し、東京大学経済学部に入学。

 

三木氏は後に孫正義氏の一番弟子として業績を残すことになるのですが、高校時代から孫正義氏は生まれ故郷で注目を集める位置づけだったと言う。

 

しがない会社員として万事順調だったのだが、移動が出たことからこの会社を退職し、 そうしてからちょうどそのころ、孫正義氏と出逢った。

 

ソフトバンクに入り、ステップバイステップで孫氏の信用を獲得し、最後には社長室長に就任する。

 

社長室長となった彼の役職はとても毎日が忙しいものとなり、国内並びに国外を回るライフスタイルがスタートする

 

三木氏は各国のビジネス重役相手にハードなコミュニケーションをスピーディーに大成させた孫氏をアシストする立場でもあったのだ。

 

しかここでおおきな壁にぶち当たった三木氏は、海外出張にも関わらず、英会話がほとんどできなかったと言う。

 

出張にエスコートし、議事録を付ける担当者をしていたという三木氏だが、英会話がちょっともできなかったため戦場のような試練を味わった。

 

世界各国の重役とジョイントする会合に出ても、彼はひと言も英語を発することができずに、現場ではずっと黙っている姿をみた重役たちは、「一体この男はなに?」と散々だった。

 

ココで彼は、「ハイスピードで英語を身につけなければまた同じ思いをしないといけない」とあせり、速攻で英語を覚える事を決断。

 

1年間英語の勉強に励むことし、自分の英会話力を常日頃会話もままならないクオリティから、ビジネスコンサルテーションに相応しいクオリティまで上向けたのだ。

 

1年間という少しの時間、尚且つ英語の学習におけるスパンは制限されている。 このときに三木氏が取り寄せたスキームが即効性があり成果が出たのだ。

三木雄信の年収はどれほど稼いでいるのか?

出典https://logmi.jp/business/articles/243444

近頃、フランチャイズシステムを組み込んでいる英会話教室はいっぱいあって、英会話教室で開業するためにたくさんの人が興味関心を持っておる。

 

FC傘下の経営者を求人しているところもしょっちゅうあるので、アグレッシブにスクールを開くのがリスクというヤツは一度リサーチすればいいだろう。

 

自宅を開業して、オリジナルのスクールを持つという点ではバラバラですが、自分のフィールドを持たず、身一つで働くという手も見られる。

 

今、ニーズも多い自宅型開業であれば即座に活動でき、スピーディーに小規模の売上なら見込めるかもしれない。

 

だが、一番重要なのは集客=マーケティングだな。

 

一人もネットワークがいない新天地でのスタートとなると、何と言っても新規顧客獲得が必要不可欠だ。

 

地道にコツコツ、最初の1年ぐらいは赤字でも自分の夢やビジョンが明確であれば、一個人でも英会話塾などをマンションの一室でやればいいと思う。

 

三木氏も最初は、孫氏の元で修行してビジネスの基礎を学んだように。

 

三木氏がいたソフトバンクの基本年収と現在の初任給でのソフトバンクの過去平均年収は

2017年2018年 2019年
1164万円 1158万円1253万円

平均平均で1000万越えと、年収レベルは何をおいてもハイレベル。

 

我が国においてもトップ階級の法人と捉えていい。

 

同様に、新卒か中途入社かでも年収の大小が異なるので、キャリアアップを望んでいるヤツはそっちもウォッチしてみればいいと思う。

 

三木氏がいた当時のソフトバンクであれば、三木氏も確実に年収1000万~2000万ほどのハイグレードの給料が推測されるが、今は自分で起業してスクールを運営しているので、ソフトバンク時代よりははるかに上回るだろう。

 

自分の推測では、おそらく4000万~5000万はあるんではないか?

三木雄信は結婚して子供はいるのか?

出典https://www.dhbr.net/articles/-/5658

三木氏は常日頃からとても多忙なと思う。

 

そのような中でも、日々店舗に寄ったり、コンシェルジュと食事は欠かさず、オマケにセンターごとに全うしている決まった期間ごとの打ち上げを必ずおこなっておる。

 

その大部分に訪ねてプレゼンテーションなどもして、 多種多様な仲間やクライアントと加わり、バラエティーに富んだインフォメーションを共有しておる。

 

会社のマネージメントや、 とりわけここ何年かのケースでは、思い掛けず相談のクライアントが医師だったことから「医師の英語力アップのテンプレを見たい」 と希望された時だった。

 

それを認識した三木氏は、スピーディーに各店舗にメールしてドクターのクライアントの受講生カルテを素早く製作した。

 

要は、この時点からデータベースの行動までのスピードは、神がかっている。

 

そんな三木氏だが、プライベートではどんな感じなのか?

 

結婚や嫁さん、子供のことなどの事は一切公開されていないので、かなり謎めいたところはあるが、少なくとも結婚して妻や子供も存在しているんではないか?

 

あまり、独身と言うイメージではないので。。

三木雄信と孫正義との関係がスゴい!

出典https://diamond.jp/

早朝のモーニングミーティングから夜間のミーティングまで、孫氏とず~っと並行していて、全部の記録をとり、「これについては誰々にコンタクトをとっておけ!」と、いろんな場所とやりとりをするのが三木氏の本当の仕事だった。

 

毎度のことながら何ヶ所もの事業計画をものすごいペースで動かしているので、必須条件として今日中に孫氏とコンタクトを取らないとならない!という面々があるのだ

 

しかしながら孫氏が時間に追われるため、ディスカッションからトイレに出てきたタイミングに捕まえて、その数秒の間に用件のレビューをし、説得できないと言うのならば論外という雰囲気。

 

そのためコンタクトを取るためだけに、3~4時間待つ人なんて常識の世界だった。

 

あり得ないくらい大勢の人達がどうしたらよいか迷っていたので、三木氏が代理として孫氏の案件を引き受けて聞いていた。

 

彼は、メインの仕事がデキる人をリサーチし、それを完全コピーすることは、大成の早道と言う。

 

また孫氏は、「ゴロゴロ失敗したとしても、そんなのは勝つシステムだからいいんだよ!」と、常日頃から公言していた。

確かに、ソフトバンクもスタート時の4年はマイナス続きだったのだ。

 

ところがどっこいその4年間の間で、トライアンドエラーを積み重ねていき、5年目には数百億の利益をもたらす企業にまで上りつめた。

 

ミスることって間違いだと勘違いするが、早くミスすると、その割合に応じスピーディーで成功まで直結する。

 

なので、かえって失敗を積み重ねるのは成功までのリサーチなのだ。

三木雄信はなぜ英会話業界に参入したのか?

出典https://www.youtube.com/

英語が要される時は、あっさりと来る時代なので、 英語がスタンダード化されればされるほど、逆に英語を学ぶ重要度は増大していくと考えておる。

 

このことは数年、あるいは数十年先のストーリーになると予想しているが、今の段階で日本人にとって英語を学ぶニーズはどうなのか?

 

その答えは、三木氏いわく、

もう十分、英語は必須事項だと断定できる』

と語っておる。

 

要は、 ここ何年かで、海外に出てきていた日本の会社が経営難に変わっていて、開始時はMBAを持った賢明な人たちが英語を口にしてコミュニケーションを取り、法人を買い取って利益を得る。

 

しかしながら2、3年もすればそういった人たちは企業からいなくなり、ビジネスとして運営管理しなければ機能しなくなると三木氏は警告しておる。

 

大手企業の事業室や海外事業部、あるいは決算部などがビジネスをしていけば、それと同等の人たちが大体英語をしゃべれないから、だんだんとコントロール困難になり制御不能になっていく。

出典https://toraiz.jp/blog/

アメリカ人が日本語のベースをものにするのに絶対必要な時間は2200時間。反対から言えば、日本人も英語習得に2200時間と同様の時間が必須。

 

高校卒業までにワークショップや家庭学習で1000時間以上イングリッシュの訓練をしていますから、おおざっぱに位置付けして残りは約1000時間。1日3時間学習すれば、たった1年でやり遂げられる計算になる。

 

日本人は外国語に対して「できるか・できないか」とでもいうべきオールオアナッシングのイメージを抱えている。

 

しかしながら、英語ネイティブは外国語に対して一線を画した考えを持ち合わせているのだ。

 

出来るだけソフトバンクのように、チャレンジをしながら、失敗も理解する、そんなシステムのメカニズムができれば確実ですが、企業によってはトップがルール厳守型で、安易にはリスクをとって前進しにくい、と言ったケースも少なくない。

 

では、その1割でいいから、今までなかったことにトライしてほしい。

 

今までと全部ひっくり返すのはリスクが高いけれど、1割だったら会社に勤めててもできる。

 

積極的に小さな一歩の幅でいいので、次世代につながることにトライしてほしいと思う。

 

その一歩の幅が、行く先の日本のステップアップに結びつき英語スキルを確実に活かせる環境に対応できる自分になれるのだから。

トライズは 1,000時間の学習により、日本人が特に不得意とする英語のスピーキング力を身に着けることができる、正真正銘の英語力を追い求めるコーチング英会話プログラミングだ。

 

受講生個人個人にカスタムされた目標をセッティングして、その実現のための自己学習カリキュラムの製作、常日頃の学習フォローアップ、2週間に一度の顔合わせでの進展リサーチを個別イングリッシュ・コンシェルジュが専門的に徹底指導。

 

さらに、膨大な経験を得るネイティブエキスパートとのオンライントレーニングやグループトレーニングを学ぶ。

 

これによって、的を得たホントのビジネス英会話を身につけてることができる。

 

学習ビジョンの継続のために実際的な人との出逢いに注力しいることもトライズのメリットで、そんな影響を受けた多くのクライアントは満足度95.3%、継続率91.0%というキャリアと実績を持つ国内最大規模のプロフェッショナル英会話スクールだ。

 

■あなたも、英語スキルをトライズで学び、三木氏のような優秀な人材になり自分の夢目標に向けて今から突き進んでいけ!

 ⇒本気で英語を話したいなら「トライズ」

コメント