三浦由紀は草木染のプロ!紬樹の雫の場所や料金は?家族(旦那・子供)は?【人生の楽園】

メディア

「人生の楽園」に草木染めをして工房である「紬樹の雫・ゆきのしずく」を運営する三浦由紀さんが出演されますが、経歴WIKI・プロフィールなどを調査して行きたいと思います!

 

三浦由紀さんが経営する紬樹の雫の場所や、作品の料金と通販なども可能なのかと気になる点は多いのですが、そもそもなぜ草木染などをするようになったんではないでしょうかねー。

 

三浦由紀のキャリアの中では、ここに辿り着くまでに家族の協力や旦那・子供の支えなどもあったと思いますが、今回は私生活の事も除きながら調べて行きたいと思います。

三浦由紀の経歴・プロフィールやキャリアは?

本名三浦由紀
出身群馬県
年齢57歳

結構な山の流れにのめり込んで群馬上野村に移住し、草木染めのワークショップを実施した三浦由紀さんですが、元々は NPO法人の有志者スタッフという形で上野村に足を運んできた三浦さん。

 

12か月での有志活動のあとになっても上野村に居残り、「森の体験館」にてツアー者のオリジナル体験を導く従業員を務めた。

 

この場所で、人生経験の中にあった草木染めに遭遇する。自然見事な上野村には、草木染めの原料品は数えきれないほどあって、バラエティーに富んだ植物を活用することで、片っ端から染めていったら、イマジネーションと相違するコントラストに色づいたり、考えてもみない植物からハイレベルなコントラストが出たりと、センセーショナルなディスカバリーの化学反応。アッという間に草木染めに入れ込んだそう。

 

上野村のナチュラルな・気象状況・ニュアンス・ミネラルウォーターなど、大都市圏では感じられないシチュエーションで草木染めに一心不乱したいとのビジョンから、スタジオ『紬樹の雫』を構え、アーティストとしてのアクティビティーをスタートした。 彼女は、願望に満ちて明るく光っているような雰囲気がありました。

出典https://uenomurashoko.com/

公開されている草花をトピックに設計されたスタイルの力作をおすすめしてくださった。1つピックアップするフレーズの一つひとつがシンプルで製作品への意識が引き継ぎされてくる。

 

「植物染料で染めるっていうものは環境条件や肌にソフトなかわりに堅固度が低いです。」ああなるほど。彼女はこう言う。

そもそも草木染って何ナノ?

オーガニックな植物を植物染料となって染めるメソッドを「草木染」と言っているのです。

 

ほぼ全部の植物が、染料がくると言っても良いです。

 

とりわけ日本風は、四季があり降雨量ひしめく温帯地方であることから、植物のタイプがごくたくさんあって、カルチャーがグローバル化したと話されてます。

 

庭園やウォーキング道でしょっちゅうお目に掛かる植物達。これ以外にはよく知っていコーヒーや紅茶も染料であると言えます。

 

月桃染めに関しても、殺菌効能があって、フレグランスや石鹸等に活かされます。情欲をかき立てるなんともキュートなタネをぬり込みます。

 

4~5月にはちょっとした白い花を咲かせ、葉っぱはプルルンとした感じがあり健やかで、官製はがき代わりに送付できるんだと言う事です。

 

ゴージャスで澄みわたったコントラストが、梅雨の時期が終了のエリアに咲くサガリバナを回復させ、涼やかな錦玉に相応しく目を喜ばせる。

 

現在まで身に纏った染めのノウハウをトコトン使い、個別に仕立て上げた作品で今日も見る人を魅了していますねー。

三浦由紀の草木染の作品はどれだけスゴいのか?

群馬上野村の山々でそのエリアの植物に拘りを持ち草木染めに力を入れています。

 

畑で藍などを育て、山の方から桜等をプレゼントされて天然材質のストールを染めていらっしゃいます。

 

一律の植物でも枝や葉などパーツが異なればコントラストもバラバラになって、シーズンが異なるとインパクトのあるコントラストをピックアップしてくれます。

 

上野村のナチュラルに心でお礼を言いながら植物はああいったインパクトある色彩を合間に持ち合わせているのかと考えつつ、いつもそうですが、ハラハラドキドキしつつ染めているに違いありません。

 

散華とは仏教のセレモニーにおいて花を撒くこととはなりますが、花の香を活用して悪魔を追い払う主旨もあるとのことです。

 

ここ最近まで「散華」をコンセプトにスケッチしてはつぶやく様にほうり出してきました。だけどもクリエイトは創作品を遺すことを目指していないと思われます。

 

縁の下の力持ちとして一掃することもクリエイトの途中であると思います。

紬樹の雫の場所や料金は?通販できる?

住所群馬県多野郡上野村乙父 1016-40
TEL090-4907-1814.

自分の畑でコブナグサや藍というような染料になる植物をつくり出し、また上野村のエリアに点在している植物から特典をゲットし、クリーンな草木染作を長年作りだしています。

 

三浦さんは2~3年前から軽井沢あるトラベル会館で上野村のPRをする出店会を開いており、まさにそれが結びつきで彼女の作品が展示されています。

 

ほんのちょっと前からストールとネックウォーマーを陳列中。料金的には2000円~7000円ほどです。

 

現在は通販でのお取り寄せなどは行っていないらしく直接、紬樹の雫に問い合わせて送ってくれると思いますねー。

出典http://kusabanakan.sblo.jp/article/179701789.html

三浦由紀の家族(旦那・子供)はいる?

さて、ここで三浦由紀さんの家族関係をピックして行きたいと思いますが、夫や子どもたちはご健在なんでしょうかねー。

 

調査のところ、彼女の私生活はまった見えずに公開されていませんねー。

 

年齢も年齢なので、既にご結婚されて旦那や子供の存在はいると思いますが、フェイスブックやインスタなども投稿していますが、自身の夫や子供の画像などはまったく公開されていませんね。。

おそらく、シングルってことはないと思いますので、結婚はされていると思います。また今後の活躍を期待していろんな作品を生み出して欲しいと思いますねー。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

他の関連記事はここから!

⇒【庭師の評判】石原和幸のWIKIと生い立ち!高校大学はどこ?億の借金から這い上がる!【逆転人生】

⇒国吉純の経歴WIKIや年収が!高校大学や結婚して旦那や子供は?【園芸レモン家】

スポンサードリンク

コメント