中村裕⇒医師・家族(妻/息子)は現在健在か?経歴と生い立ちがスゴすぎる!【アンビリバボー】

メディア

「アンビリバボー」に中村裕医師のストーリーが特集されますが家族・妻や息子は今もご健在なのかを調査して行きたいと思いますが、生い立ちや経歴プロフィールなどを辿って行くとなぜ東京パラリンピックの父親などと呼ばれていたのかがわかります。

 

中村裕医師の偉大な行動には、当時の時代からすれば相当なリスペクトに値しますし、現在だから語り継がれる名言なども奥が深いです。

 

今回は中村裕医師のストーリーです。

中村裕⇒医師の経歴プロフィールや生い立ち

中村裕⇒医師の経歴プロフィールや生い立ち

本名中村裕
生まれ1927年3月31日
出身大分県

学歴は、九州大学医学部卒業後、整形外科医に。

 

その後イギリスのストークマンデビル医療機関に留学した。

 

障害者の独立をバックアップすることがきっかけで大分県に福祉法人「太陽の家」に着手し、会社組織とのコラボ出資事業体で障害者の就職を進行させた第イチ人者でもあります。

 

何事もチャレンジ精神旺盛で、ギブの精神も強く、人に価値を与える人でもありました。

 

その根源にあるのが東京パラリンピックの開催に大いに貢献したこと。

「失くしたものを数えるな。残っている物をなり振り構わず生かせ」

 

福祉法人・太陽の家の創業者であ中村裕ドクターが、運動競技による障がい者医療関係を自分のものにした英国で接触したキーワードです。

 

中村ドクターは、車椅子での障害者バスケットボールをはじめとする行動を行きわたらせ、東京パラリンピックスタートに集中。

 

ある程度経過した頃、仕事がしたい障がい者に役に立つ雇い入れのステージを作ろうと「太陽の家」をオープンしました。

 

認識してほしい!日本国内に、こんなハイレベルな男がいたことを!

 

障害者が一人立ちのことを考えたらどうしても必要な稼ぎ出すよう己のスキルを磨くとともに、それを世間に承認してもらわなければいけなかった。

 

なのでパラリンピックは長期に亘って殺伐とした道のオープニングでもあった。

中村裕の家族は?妻や子供・息子は現在健在か?

中村裕の家族は?妻や子供・息子

 

中村裕さんの嫁さんは中村廣子です。

 

現在も太陽の家のいろんな所や、中村クリニックの従業員の方々の内容を、フレンドリーに考えている方。

 

彼のストーリーはNHKのドラマにもなっており、<スペシャルドラマ 太陽を愛したひと~1964 あの日のパラリンピック~>と題して放送されていました。

 

中村廣子さん役には上戸彩が、中村裕役には向井理が演じています。 中村裕さんのお子さんは現在長男で自身もお医者さんの中村太郎さんはご健在です。

 

年齢は59歳です。

中村裕息子

出典https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/663552/

当時のわが国では、ケガやトラブルが損なわれるリスクから、リハビリとしての運動競技はそう簡単には認知を見受けられなかったという。

 

「父は人並み以上にスイッチすることがやりがいがあったのではないか。わき目もふらず勤めて、やればやっただけ実績がついてきた」と息子さん。

 

起業家のように日本と海外を駆けずり回った父親さんは、政治家そうであっても地方自治体を説得し、パラリンピック実現を狙った。

 

父親はこれとは別に、「太陽の家」で障害者の世間出席に目をやった。

 

己も体の支障がハンディに発展しない職業をつくろうと、会社組織とでコラボ出資会社をつくった」と想い返す日々ではないでしょうか。

中村裕の死因は何だったのか?

中村裕の死因

出典https://mainichi.jp/articles/20200226/ddm/012/050/113000c

中村裕ドクターは午前7時30分・肝硬変のため大分の自分の家にあたって急逝されました。

 

57歳という数字のあり得ないくらい早い死だったのです。

 

身内や周りの仲間も唖然として訃報をうけたタイミング,しばらくわが耳をうたがったのこと,大分中村病院のこと,尚且つ種々の身障者の一人立ちの土俵である太陽の家のこれからのことなど引っ切り無しに頭にうかび、3~4年はショックを受けて何も集中できなかったと家族は言います。

 

つい昨日までは電話をかけてあれやこれやと口にしたばかりであったのに、あの声を聞いた身内は何となく彼が言う言葉や力強さが感じられなかった事に、その時だけはしょんぼりしてた事が脳裏に浮かぶといいます。

中村裕の名言が刺さる!

中村裕の名言

出典https://mainichi.jp/articles/20180710/ddm/035/050/208000c

まず、彼のダイレクトな名言を聞いてほしい。

障害者の能力を評価するための完全な方法などは存在しない。働く能力は無限である。彼らに働くチャンスを与えることこそ重要である。

出典https://readyfor.jp/projects/taiyo-museum/announcements/87482

 

これからの教育は、人間らしい人間を育てるようになる必要があります。その意味で福祉施設はただ身障者の世話をするというだけでなく、今後、教育の場として人間的な情緒豊かな人を育てあげる場としての使い道があるのではないでしょうか。

出典https://readyfor.jp/projects/taiyo-museum/announcements/87482

当時の日本は、障害者に対する見識も意図していませんでした。

 

その当時は車いすに足を踏み込んだ患者の仕事内容にとりましても「障害者に運動させるなんて、可哀想だ」と見られているつかみ方がふつうで、医療機関や建屋を出たクライアントは自分の家に閉じこもる事例が多かったのです。

 

一人立ちや社会復職を考えられるようなリアル社会においてはなかったのです。

 

そういう点の現状を取り替えようとしたのが、中村裕ドクターだと言えます。

 

リハビリをリサーチしていた彼は、無力感にさいなまれていました。整形外科医という身分で、どれだけ思いやりの気持ちをもって施術しても世間的に復職出来ない。

 

医療業界のキャパシティーぐらいでは障害者の独立はハードルが高すぎることにいかなる時も、ぶち当たっていたのです。

中村裕がなぜパラリンピックの父親と呼ばれたのか?

中村裕がなぜパラリンピックの父親

出典https://www.fnn.jp/articles/-/9359

「日本パラリンピックの父」と呼ばれた由縁ですが、日本トップブランド団長としての使命を果たした中村裕さんは、障害者に対する認識が十分とはいえなかったそんな状況、コンペティションにどれほどの感情の高ぶりを込めたのか。

 

中村裕は、立て籠もりがちだった障害者の情熱を差しかえるためコンペティションのスタートにウェートを尽くしました。

 

息子、中村太郎さんは「その当時は障害者運動競技への会得は少なく、世間や医療関係界からもダメ出し的な声ばっかでした。

 

東京パラリンピックをどんな手を使っても開いて、障害者運動競技を一般化させたかっただと言えます」と話します。

 

中村裕は講義先の英国で、ムーブメントを活用した診療を自分のものにした。帰還した中村さんは障害者ムーブメントを行き渡らせようとするが、我が国はリハビリというフレーズすらなかった現代、知り合いからも反発にあう。

 

そうは言っても、ある若者とのコンタクトが原因で、車いすバスケットボールをコツコツとなじませていった中村にアンビリーバブルな任務が下される。

 

パラリンピックを実現しろという司令です。

 

もう一度彼の前に居据わる世間の公然の事実というハードル。

 

家族連れからも「見せ物にするな」と相違する意見が出てくる。

 

しかしながら中村さんは、数え切れないほどのトラブルをどんどんとクリアー。その点についてはファミリーや同士のフォローがありました。

 

今となっては伝説となって語り継がれていますが、当時はとんでもない事だったんですね。その結果無事に東京パラリンピックは開催されました。

 

これも全ては彼のおかげ以外ないです。人間的最大限のリスペクトに値します。心よりご冥福を祈ります。

中村裕医師の著書はこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本のパラリンピックを創った男 中村裕 [ 鈴木 款 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/10/12時点)

最後までご覧頂きありがとうございます。

他の関連記事はこの下です!

スポンサードリンク

コメント