岡本健二(日本料理)の経歴や妻を調査!年収や年齢が若い!レシピもスゴい!【おしゃべりクッキング】

メディア

おしゃべりクッキングに日本料理の岡本健二さんが出ますが、経歴プロフィールや妻(嫁)などを調査していきたいと思います!

 

辻調専門学校の講師として、度々メディアに出ますが年齢や見た目も若く年収などもどれくらい稼いでいるのか気になりますねー。

 

岡本健二さんが作る日本料理のレシピも斬新なので注目です。

 

おしゃべりクッキングは、月曜日~金曜日の正午以降にお茶の間に届けられています。

 

毎週料理コンセプトが構成されおり、そのコンセプトにフィットするクライアントをお迎えしてクッキングしながら会話を推し進めていく人気番組です。

岡本健二(日本料理)の経歴プロフィールや年齢!

生まれ1977年生まれ
年齢43歳
出身大阪府
講師歴辻調理師専門学校ベテラン

彼は、G20大阪サミット首脳夕食会調理担当もしたほどかなり腕がいい日本料理のシェフですね。

 

特に今現在指導者として辻調理師専門学校で活動されており、若い将来のシェフ達を育成していますね。

 

もちろん学校内でもリスペクトされる存在でもあり、これほど料理番組のメディアに出演しておれば、当然生徒からも信頼を得ているでしょうねー。

岡本健二の出身高校や大学は?

 

岡本健二さんは、大阪市立工芸高等学校に通っていたようですね。

 

根っこからの関西生まれの大阪人でもありますねー。

 

なので、同じ関西系の上沼恵美子とは息のあったトークを展開していますねー。

岡本健二の今現在の活動は?

現在、辻調理師専門学校で、お料理をレクチャーしていらっしゃいます。

 

辻調理師専門学校のインストラクターをやっていて、個別に店舗を出したりなどはやっていないようですが、時が経てば店舗を出したら、ほとんどの場合席を確保できないほどの人気店になる可能性は高いですね。

 

自分で技術やセンスがあるなら、なぜ独立して料理屋をやらないんでしょうねー?

 

専門学校でノンビリ生徒に教えているほうが性に合ってるんでしょうかねー?

岡本健二は結婚して妻や子供がいる!

番組内のトークで、嫁が41歳と広言していらっしゃったので、だいたい、年下だろうと感じます。 妻はエレガントだそうです。

 

結婚をタイミングに16年とカミングアウトしていたので、26歳位の時にゴールインされているんですね。 妻はクッキングがよくわかっているんだそうです。

 

13歳の女の子と、5歳の長男がいるとの事です。

 

4人家族ですね。

 

彼がこのような仕事をしているので、自宅では一切料理はしないんでしょうか?

 

妻が料理得意なので、プライベートは全て嫁さんに任せていると思います。

岡本健二の料理レシピが激ウマ!

彼が作る日本料理は非常にセンスがあって美味しそうなので、ここで少し紹介します。

■キャベツと鶏のごま酢

材料 (2人分)
新キャベツ 350g
鶏もも肉 1枚
熱湯 1.5リットル
塩 大さじ1 1/2
切りごま 大さじ2
☆ごまだれ
練りごま 50g
砂糖 小さじ2
水 大さじ1
ぽん酢 大さじ5

作り方⇒1鶏もも肉は筋を切り、厚みを均等にし、鍋に分量の熱湯と塩を入れ、鶏肉を加えて弱火から中火で6分ゆでる。

2キャベツは5cm角に切る。

3鶏肉に火が通ったら、ざるに取り出す。

4ごまだれの練りごま、砂糖、水を混ぜ合わせ、ぽん酢を少しずつ加えて合わせる。

5(3)の熱湯でキャベツをゆで、ざるに取り出す。

6鶏肉を一口大に切ってキャベツと共に器に盛り、(4)をかけ、切りごまを散らす。

ポイント⇒鶏肉は熱湯に塩を入れて6分ゆでる。キャベツは鶏をゆでた熱湯でゆでる。

■苦瓜と紅しょうがの掻き揚げ

材 料(4人分)
ゴーヤ1本
豚肉(こま切れまたは薄切り)120g
紅しょうが30g
天ぷら粉大2
○天ぷら粉80g
○水120cc
●かつお節3g
●しょうゆ、サラダ油各大1 1/2
●砂糖、白すりごま

 

作り方⇒1ゴーヤは縦半分に切り、わたを除いて2mm幅に切る。豚肉は2cm幅に切る。ボウルにゴーヤ、豚肉、水気をきった紅しょうがを入れ、天ぷら粉大2をまぶす。

 

2別のボウルに○を混ぜ合わせ、①に加えて混ぜ合わせる。

 

3フライパンに揚げ油を熱し、170℃に温める。

②をスプーンで形を整え、滑らせるように入れて揚げていく。周りが堅くなったら上下を返す。

 

4油をきって器に盛る。
●を混ぜ合わせておかかじょうゆを作り、かき揚げにのせて召し上がれ

 

コツ⇒甘辛いおかかじょうゆはそのまま食べると濃く感じるかもしれませんが、ゴーヤのかき揚げには塩より断然おかかじょうゆが美味しいです!

■豆腐のふわふわ蒸し

たまご1個
豆腐(絹の方がふんわり仕上がり)150g
玉ねぎ小 1/2個
■ *あんかけのあん
水150ml
片栗粉小さじ1
出汁醤油大さじ1
飾りのネギ(無くてもOK)適量

作り方⇒1玉ねぎをみじん切りにしておく。

 

2お豆腐を水切りせずボウルに入れて潰し、混ぜる。*スプーンでも十分ですが、泡立て器だとより滑らかに!

 

3潰したお豆腐に卵を割り入れ、さらによく混ぜる。

 

4よく混ざったところに、みじん切りにした玉ねぎを入れて均一になるよう混ぜる。

 

5均一になったら、お茶碗などの耐熱容器に入れラップをかけレンジでチン♪(600w 1分)

 

6様子を見ながら1分ずつ追加でレンジでチンする。加熱しすぎが不安なら30秒ずつ追加で!

 

7あんを作る。あんの材料を全て合わせて、とろみがつくまで火にかける。

 

8出来た蒸し物を別皿にカパッと移し、あんをかけてネギを散らせば完成

■岡本健二さんと同じ味、同じ料理はカンタンにこちらから作れちゃいます!

↓ ↓

岡本健二の年収はいかほど?

調理師のメインの仕事は、経験キャリアを反復し、アイディアとテクニックを身につけて行くことで、収入が引き上げられていきます。

 

次世代の人よりもサクサクと成長するために、自身に供給されたメインの仕事を正確にこなし、次の新たなるメインの仕事をもらえるように、ストップすることなく前向きな気持ちをもつことが重要となります。

 

そのようにしてみることで、若いうちから真の実力に応じて、スーパーバイザーやシェフになれることがあり得ます。

 

調理師の年収の額は幅が広めのですが、高い年収をゲットするようになるには、どちらにしてもその人その人のキャパシティーが影響を及ぼすことになります。

 

調理師の初任給は19.5万円だと言っていいでしょう。オーソドックスな同年代の平均初任給額に注目すると、大学卒において約20.6万円、高専・短大卒の場合は約17.9万円 ですから、初任給は同じ年頃とフィフティフィフティです。

 

その程度じゃ現実の年収はいくらくらい貰えるのかを見ていきましょう。

 

勤務場所、そこでのミッション、キャリア年数や調理師の身分でのビジネスセンスなどにより、調理師のギャランティにはスケールの大きい広さがあります。

 

平均月収は20.1万円、1年間でボーナスが35.9万円、年収では276.5万円というデータでした。

 

収入の性別差は、男の人がやや急騰しています。そうは言っても厨房のスーパーバイザーとして勤務する場合などには、男性とフィフティフィフティかそれを上回る収益を上げられるようです。腕が異なれば女だとしても高い月収が期待できます。

 

我々日本国民のサラリーの中央値は442万円であるので、ほとんどの場合調理師の報酬はやや低レベルといえます。

 

ただ、岡本健二さんの場合はかなり例外でしょうねー。

 

メディアにも出て辻調理師専門学校の広告塔になって学校側もインセンティブをあげているだろうし、メディア出演のギャラ、プラス学校からの給与やボーナスなどもありますので普通の調理師よりは数倍年収が高いと思います。

 

今度もがんばって欲しい限りです。

おしゃべりクッキングの関連記事はこちら!↓

⇒【イケメンシェフ】石川智之のWIKIや高校が判明!結婚(妻)や評判は?【おしゃべりクッキング】

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

スポンサードリンク

コメント