大森透➡箱根登山バスの年収や経歴プロフ・口コミ評判と運転テクは?【プロフェッショナル】

メディア

「プロフェッショナル」に箱根登山バス運転手の大森透さんが特集されますが、WIKI・経歴プロフィールなどの運転技術を調査して行きたいと思います!大森透さんがバス運転手としての年収(給料)や口コミ・評判などは運転歴36年の大ベテランから推測するとかなりスゴいと思いますが、そのへんも調べて行きたいと思います!

 

そもそもなぜバスの運転手になろうと思ったのか?

 

過去の経歴とプロフィールなどをなぞって行けば、その理由も明解に解ると思いますし、大森透さんがいかに普段から安全運転に心がけているのかが理解できると思います。

大森透のWIKIと経歴プロフィールなど

出典https://www.youtube.com/watch?v=FuOThn30144

本名大森透
生まれ1958年
年齢62歳
会社箱根登山バス株式会社

彼は、現在のバス会社に1980年に入り、そこから今に至ります。

 

この会社に入る前は大山観光電鉄のケーブルカーの運転手に着手していました。

 

なぜ転職して、バス運転手を目指したのかと言うともっと人とふれあう仕事がしたいと考え、小学校のころから見てきた箱根登山バスに入社し、そこから運転士歴は36年にもなります。

 

今は教育リーダーとして、採用試験、運転士教育にあたっています。

 

箱根登山バスには路線と箱根山へ通じるルートがあると言えます。

 

オペレーションだけに限らず彼は料金精算、ユーザーのアシスタント、案内などアグレッシブにやりくりする社員です。

 

箱根のアクセスとして人の役に立って、感謝の意を示されるのがバッチリと天職だと言います。

 

作業でも姿勢でも、己がやればやるほど数多くある顧客の「感謝」に出会え、現在の 日本に必要不可欠なリゾート地でユーザーのツアーを付き添いを行っています。

 

現地の山は曲がりや上げ下げがほとんどで幅が狭いスペースがないところも。こういったエリアで大型バスをスイスイと走行できるテクニック力は、彼らからしたらプライドです。

 

ユーザーや他の会社からも箱根登山バスの運転士はやはりレベルが高いと一目置かれる存在。

 

ハードルが高い登り降りする運転には、アクセルとクラッチの放し方にはスペシャリストとしてプライドがあり、現地をエンジョイするためにアクセスしたツアー者からすればドライブの時間も旅の一個でストレスフリーのオペレーションでスッキリしたツアーの付き添いをしていますね。

大森透の勤務先「箱根登山バス」の口コミ評判は?

大森透の勤務先「箱根登山バス」の口コミ評判

ドライブが好きで、人に感謝される事が好きで、更には小田原の街角や箱根がお好み。

 

こう言った人に箱根登山バスの運転士はマッチした業務です。

 

若者でも全く未知の状態でも、テクニック的なのは入社後でもマスターできるので、バス運転手になりたい人はいかがでしょうか?

 

大型二種免許をゲットするためのプロセスもあったり、実車の運転テクニック・観点というものは教育士が根本的にステップバイステップで伝授してくれる。

 

箱根登山バスに興味があれば今すぐにGOだ!

 

ではここで箱根登山バスの口コミや評判などを見ていきましょう。

運転の研修制度はしっかりしています。自信がない項目があれば、本人が納得するまで何度でも繰り返すので、不慣れなバス運転も得意になる。

出典https://syukatsu-kaigi.jp/

 

勤務シフトに関しては、固定されております。3勤一休〜4勤2休の繰り返しになっている。4勤の終わりは、午前番の勤務時間となっており、早く上がれる…

出典https://syukatsu-kaigi.jp/

 

小田急グループなので、デパートなどが割引になるカードがもらえる。保養所(箱根、熱海など)が格安で泊まれる。保養所は、昭和な温泉ホテルのようだが…

出典https://syukatsu-kaigi.jp/

 

【良い点】
小田急グループなので福利厚生はまあまあ
【気になること・改善したほうがいい点】
何かあれば全て運転手の責任にされる
営業所により収入差がかなり…

出典https://syukatsu-kaigi.jp/

まあー、酸いも甘いもメリットやデメリットは当然会社なので存在しますが。。

 

ただ、れっきとしたちゃんとした企業なので、安心安定を目指すなら優良企業だと思いますねー。

大森透の年収は?

大森透の年収

バス運転手の水準月収は31万円、この後は見込まれる水準年収は425万円、推定1時間の賃金は1400円ほど。

 

過去のバス運転手の収入推移を拝見しますと、年収400万円台半ばまで付近で移り変わっているのが感じ取れます。

 

バス運転手のギャランティモデルパターンとしては、48歳男性勤続11年で1ヶ月の賃金30万円、賞与60万円、所得で430万円くらいがマーケットプライスとなると言えます。

 

ついでに申しますと、箱根登山バスも民間経営のバス会社よりも一ヶ月の賃金が良く、所々で年収600~700万円ものサラリーをもらっている運転士もいると考えられます。

 

メンタル的なキツさはあるメインの仕事。

 

ではありますが、経済的な意図もデカい。バス運転手のルーティンワークは、ずいぶん心を使うビジネスだと言えそうです。

 

一度でも事故を起こせば大変な問題になりますし、ドライブ中トイレやコンディションがひどくなっても離席することは不可能です。

 

これ以外には、バス内の実情にも目を配り、ツアー客間のてんやわんやなど24時間体制で目を鋭くさせてなくては困ります。

 

もちろんですが、バスを時間通り運転するきめ細やかさもないと続きません。 サラリーもマイナス傾向にあり、精神上のきつさが発症するビジネスですが、公共性が高いレベルに、経済的な意図のデカい業種だと言ってもいいでしょう。

 

とにかく田舎では交通面のインフラが合致していないエリアがあり、バスは各地の人々にとって外すことができない移動手段です。

 

こういった人の価値のあるという社会の中での意図が年収面では計れない運転手のセールスポイントと言るでしょう。

大森透が運転する仕事内容の一日

大森透が運転する仕事内容の一日

ここで、大森さんの一日のルーティンを見ていきましょう。

08:20⇒出勤アルコールチェック、ダイヤを確認
08:50⇒始業点呼
09:20⇒小田原駅へ回送
09:45⇒小田原駅発~国府津駅行を2往復
12:40⇒小田原駅発~鴨宮駅経由~ダイナシティ行を運行
13:50⇒小田原駅着。車庫に回送
14:10⇒車庫で休憩(昼食)
15:45⇒小田原駅発~国府津駅行2往復運行
18:00⇒小田原駅着。車庫回送休憩
18:55⇒車庫から鴨宮駅に回送
19:15⇒鴨宮駅発~ダイナシティ行、3往復運行
20:55⇒鴨宮駅着。車庫回送
21:05⇒燃料補給、金庫の解除、車両点検
21:20⇒終業点呼21:30⇒教習生と今日の反省点の確認
21:40⇒退社

結構ハードですね・・・

 

ていうか、拘束時間めちゃめちゃ長くて体力勝負な仕事だと思いますねー。ただ、「この仕事が好きだ!」「バス運転手が天職だ!」「とにかく乗客に感謝されるのがやりがいだ!」とアツい人はかなり向いていると思いますので、今すぐにでも箱根登山バスのトライアウトを受けて欲しい。

大森透が運転するバスのテクニック(技術)は?・まとめ

出典https://www.youtube.com/watch?v=dpLfTlEngII

運転歴36年の大ベテランでもある彼の運転テクニックは 物心ついたころからバスは手が届きやすい位置づけだったことも想定される。

 

やり始めた時は自分が運転手の仕事を選択するとは意識していなかったんですけど、いつの間にやらなっていたイメージでしょうか。

 

中身はアクティブなのでそこまでエネルギーを考慮しないようにしているんですが、どういうわけかひどい渋滞などにヒットすると、どちらにしても時間に遅延したりするので難しいと言う。

どう行動したらユーザーに不自由さかけずに状況が許す限りスピーディーに到達できるかは24時間考えている。

 

でっかい交通渋滞だったら、職場の公認をとってまわり道をしたり、機転を利かせるようにするのも大きな役目でしょう。

 

いずれにしても人命第一それ故、クライアントをセーフティーでサクサクと目指すところまで運ぶことをいかなる時も意識を向け、何かあったならば大事故になりかねないですし、一般道は歩行者やチャリンコなどもいますからこっちの方も気をつける必要があります。

 

ケースバイケースでセーフティへのケアが影響を与えます。

 

運転技術も安全性も止まることがないので、止まることなくチャレンジすることや自己研鑽は肝心であると言えそうです。

 

運転席から後ろ側のユーザーを見るともしもの事が起こったらと思うと妥協はできませんし、その度に緊張感を持って運転している。

 

今後の活躍に期待して行きたいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございます。

スポンサードリンク

 

コメント