リンダ・コーブナーとチンパンジーの今現在は?実験利用されたドールとスウィングが悲し過ぎる!【アンビリバボー】

リンダ・コーブナーメディア

「アンビリバボー」に出るリンダ・コーブナーとチンパンジーの今現在に迫ってみたいとお思いますが、リンダコーブナーが愛してやまなかったチンパンジーの「ドール」と「スウィング」は医療開発の実験用として利用されていました。

 

そんなチンパンジーたちの人生を変えたいと思い、リンダコーブナーは実験台にされていたチンパンジーを救うべく、自らの手で育成していました。

 

19年もの長い期間、リンダコーブナーさんとチンパンジーは離れ離れになってしまいましたが、19年もの歳月をかけて、彼女と会っていなかったチンパンジーでしたが、再会のときにはなんと彼女の事を覚えていたんですよねー。

 

そんな軌跡で信じられないようなストーリーが真実として語られていますので、是非ご覧ください。

リンダコーブナーの経歴プロフィールは?

リンダコーブナー・経歴プロフィール

出典https://www.wowgame.jp/

経済環境を専門とするエキスパートでもあったリンダ・コーブナーさん。

 

彼女はまだ学習者だった頃、生物実験場でライフサイクルを送ってきたチンパンジーを自由化する行動を行っていました。

 

その当時は試験に区切りがついた動物は殺害してしまうことが風習だったのです。

 

リンダさんはその風習に意を唱え、試験動物として利用されていたチンパンジーが、保護対策エリアで毎日を過ごせるようなり振り構わずアプローチしてきました。

 

リンダさんのアクティビティーが結果、解き放たれたチンパンジーたち。そうは言っても、うまれつき自由を奪われていたチンパンジーたちは、どこにでもある中で日々を送っていくメソッドを認知していません。

 

リンダさんはいかなる時もチンパンジーたちにエサをあげ、多くの時間を彼たちと時を同じくして送っていたのです。

リンダコーブナーとチンパンジー

出典https://grapee.jp/177354

そう遠くない時期、リンダさんとチンパンジーに離別の時が訪れます。

 

チンパンジーたちも、引っ切り無しに、全てを面倒を見てもらいながら生活するといつまで経っても自立できません。

 

なので、彼女はジワジワと距離をおくようになっていきます。

実験利用されたチンパンジー・ドールとスウィングの過去

出典http://derdiedas.jp/

フレッシュな空気感を吸ったことも、お天道様に晒されたことすらもなかった。

 

この映像には、いきなりの自由化にチンパンジーたちが戸惑い、双方共に身を寄せ合いながらおそるおそる屋外へ歩み出すチンパンジーたちの外見がエントリーされている。

 

チンパンジーの生命的要素の大半は、我々人々のものと同じ要領であるため、彼らは人々のために構築される薬や診療開発の実験台にされてきました。

 

このようなチンパンジーたちも長期間、淡泊で強固な檻の中でずっと強制的に人生を強要されてきたんですね。

 

そうは言ってもチンパンジーたちが、シャバに出て始めて外の景色を見れるタイミングが訪れました。

 

ターゲットのワクチンが完結し、もう研究施設からことを要しないとされたのです。

 

製薬事業者の実験台となってしまうので、子供の頃に正解各地の密林地帯から連れ去られたチンパンジーたち。一部には研究機関で生まれてきたチンパンジーもいます。

 

これらのチンパンジーは、全く太陽光線を見ることなく、ひたすらに実験室のメタルの檻にぶち込められていた。

 

何種類ものチンパンジーたちは永眠してしまったが、生き残ったチンパンジーの封印がとかれることとなったんですねー。

 

もちろんドールとスウィングも例外ではありませんねー。

チンパンジー・ドールとスウィング

出典https://hashmedia.net/424

当時、日本の各地で、ウイルスに接触感染させる試験なんかにチンパンジーが利用されていたんです。

 

こういう類の試験で”使い済んだ”チンパンジーを引き受けて蔓延らせるというのが初期段階の意図だったと言われています。

 

ある程度経過した頃、このポイントからも、ウイルス感染試験がおこなわれました。そのタイミングの飼育設備の面影が尽きることがありませんが、全く切なさに満ちたストーリーですよねー。

 

感染テストに活用されていまし。この「神聖な所」は、感染テスト用だったチンパンジーが余生を送り込むスポットだったのでもあります。

リンダコーブナーとチンパンジーの今現在は?

リンダコーブナー今現在は?

出典https://grapee.jp/177354

今現在、リンダコーブナーさんとチンパンジーの「ドール」と「スウィング」はどうしているんでしょうかねー。

 

19年ぶりに再会しても、彼女のことを覚えていた彼らには信じられませんが、それほどチンパンジー達にとって彼女は命の恩人でもありますからね。

 

生物学的に閲覧し人間とそうそう差のない動物たちを一生涯にわたって狭いオリにぶち込め、ほぼすべて家族から隔絶して1人で過ごさなければならないような毎日を押し付けることは、文化一般的には、人道的にまかり通ることじゃありません。

 

うまれつきのチンパンジーの生息数は100~200万頭いたと発表されていますが、 ここ何年かは35万頭まで落ち込んでおり、これに関しては私たち人々のアクティビティーがものすごくあります。

 

ここ数年は、日本全国の動物園には300頭ほどのチンパンジーがいるようですが、最後のチンパンジーとも言うべきものですので、この300頭は何位が何でも我々人間が守らなければならないと思いますねー。

19年後ドールとスウィングはリンダコーブナーを覚えていた

出典https://www.youtube.com/

 

19年の月日が経ち、もう一度チンパンジーたちの元を足を運んだリンダさん。

 

いか程時間が経過しても、リンダさんはチンパンジーたちの事を失念していることはなかったと思われます。 リンダさんが自由化したうち、ドールとスウィングが依然として生息していました。

 

長い期間の年月日が経過しているし、もう忘れてしまっているだろう そのようにイメージしていたリンダさん。

 

けれども、ドールとスウィングは、自分自身たちをサポートしてくれた恩師を忘れていなかったです。

リンダコーブナーとチンパンジー

出典https://buzzmag.jp/archives/186191

どれ程年月日が流れても双方の絆は消えていなかったんですねー。

 

人間と動物という人種が違う部分はあれど、正確な温かさを持っていれば、その部分にハードルはないのでしょうね。

 

チンパンジーたちは、彼女を見つけるとまっさきに駆け寄り、彼女と抱き合いました。

 

彼女も感動しながら、チンパンジー達に駆け寄りお互いがハグをしてチンパンジーたちの成長過程を見守っていました。

 

今後も、双方の関係性は一切崩れることはないと確信しております。

 

最後までご覧頂きありがとうございます!

他の関連記事はココからです!

⇒シンディとカールの今現在を調査!リーバイ保険金殺人の真相がエグい【アンビリバボー】

コメント