桜井一宏(旭酒造社長)の経歴や大学はどこ?結婚や嫁は薫さん?年収と獺祭ブレイクの理由は?

経営者

今回は桜井一宏さん(旭酒造社長)の経歴プロフィールや出身大学などを調査していきたいと思います!

 

年収や結婚など、妻は薫さんと言う噂がありまますがそのへんもトピックしていきたいと思いますが、桜井一宏さんは獺祭で有名な4代目の旭酒造の社長でもあり、酒造界では有名な人物でもあります。

 

そんな桜井一宏さんの会社への思いや、獺祭にかける理念などを追っかけたいと思います。

桜井一宏の経歴プロフィールや出身大学は?

出典https://superceo.jp/

本名桜井一宏
生まれ1976年
出身山口県
学歴早稲田大学

大学卒業した後は酒造とリンクしていない製造会社に勤務しますが直ぐに辞職。

 

その後、実家に戻り今の会社に雇い入れしました。

 

スタートした時は実家での酒造りに関心がなかった勿論ですが、 都内の飲み屋で獺祭をみつけ、 その場で生まれて初めて飲んだときに、 そのおいしさにびっくりしたといいます。

 

そこで今の会社にバトンタッチして、 会社を大きくしていきたいと感情の高ぶりが募ったんですね。

 

その後は日本以外の国でセールスプロモーションなどに於いて副CEOの実績を積み上げて、 旭酒造の4代目社長になったのです。

 

大学で都内に出てきてから酒類を飲むようになって、いくらなんでもハイレベルな店にいくタイミングもありませんから、それこそ酔うために飲用していた日本酒の風味が染み入っていて、自分の家から送られて来る酒を気にも結んでいなかった。

 

しかしながら学校を出た後、都内の勤め先に採用されて、いつものように飲みに行ったら自分とこのお酒がセッティングしてあったと言う。

 

そこで彼は、日本酒と飲み比べて獺祭がリードを許さないどころか、ダントツに旨かったと言います。

 

そうした後は、自分の考え方が間違えていた事にとカミングアウトするようになって、企業リサーチをしてみたところ、日本酒の業界マーケットというものは年々減少にあるのに、なぜか実家の会社はキャリアを拡大していたと言います。

旭酒造はどんな会社でどんなお酒を作っているの?

出典https://mainichi.jp

旭酒造株式会社は、山口にある酒造製造会社です。

 

スタート1948年で 日本酒でもある「獺祭」だけを開発している。

醸造原料というような原料を使用することなく精米が1/2以下の原料のみを作り出しているというのがインプレッションとしてブランドが高い証拠でもあります。

 

そもそも「獺祭」の由来の元祖は、地名が「獺越」と言う名前だったので、「獺」と言う文字を使い「獺祭」として付けたそうです。

 

酒造りというものに関しては自らがプロダクト化して、ちゃんと理念を持ってやる必要があり、クライアントに満足していただきながら、“レクレーション”も維持していかないといけない。

 

全国の清酒製造会社の内訳をみると、都道府県別でダントツに目立つのが新潟です。

 

その他にも、長野・兵庫・山形・福島と衰えを見せない。

 

びっくりすることには売上高は前の年と比べ60%もアップしており、このテンポで行けば業界ビッグ3も視界に入りそうだ。

 

とは言うものの、この先に出てくるように、そう易々と生産高を増やせないのが清酒の行き詰まるところで、インフレになる転売プライスから解かれるのは、今しばらくそれより後のようだ。

 

材料予算の高騰などでどうしても必要な米を完全に取れなかったほか、国内全土の出荷数ダウンなどが作用したとあります。

 

国内における酒類消費量は、人口のマイナスや余暇活動の多様化もあって、清酒にとどまらず全体を通じてシビアな状態にあります。

 

セルフブランド商品の拡販に全力を尽くす一方で日本以外での販売アクティビティーを熟知している人材が欠如し、スムーズな海外マーケットでの販売チャンスを取り込めないといった場合もみられます。

 

このポイントで海外進出を実行できるか、その反対に「獺祭」っぽく強いブランド名を表現することができるか。

 

そういった部分が清酒クリエイターの重要ポイントになりそうです。

桜井一宏は結婚して嫁や子供はいるの?

出典http://dassai.blog114.fc2.com/

桜井一宏さんは今現在結婚されて嫁や子供はいるんでしょうか?

 

噂では、妻は「薫」さんと言う人ではないでしょうか。

結婚式の時の画像がありますが、この時に嫁さんが「薫さん」ではないかと言う情報があります。

 

子供に関しては、現在有無の確認が取れていませんが、結婚されたと言う事はすでにいるか、それとも今後生まれる可能性は極めて高いと思います。

桜井一宏の年収や資産は?

出典https://www.asahi.com/

酒メーカーの総販売数は4,000億円。

 

この原因は前年度のプラスで、5年ぶっ通しで前の年と比べてアップとなった。

 

ここ10年の推移をみると4,700億円をオーバーしていた売上高は4,200億円台にもダウン。

 

そうは言っても前の年と比べて1%未満同様なアップが見られるため、ギリギリで底を打ったインスピレーションがある。

 

酒造会社で高い給料を得るには、職人のトップである杜氏に方向転換するのがよいでしょう。

 

雇用間もない下積み期間では、月収15万以下ということもありますが、杜氏ともなれば収入は1000万円近い報酬になるといわれています。

 

そうは言っても、もっと儲けたいならば、自ら会社をマネージメントする「蔵元」になることも1つあります。

 

スーパーバイザーや、製造リーダーである杜氏を一人の力で兼ねて、スケールが小さいながらもキャリアを上げているところもあります。

 

自らが蔵元=スーパーバイザーとなれば、1ヶ月の報酬は望み通りにセットアップできます。

 

シビアな仕事だと言えるでしょうが、年収1000万円以上となることも可能だというわけです。

 

特に獺祭の場合は、購入されたらいい酒ではなく、本格的な酒・堪能する酒に照準を合わせてきました。

 

結局のところ出荷数のありとあらゆるものが精白50%以下の純米プレミアムになったのです。

 

けれど、ひときわ、酒のあるハッピーな日常を推奨する酒蔵でいたいと思われます。

 

ライフスタイルの、一つのツールとして堪能して頂ける酒に照準を合わせてこのお酒は製造しています。

 

毎年、売上も上昇して獺祭のブランドが強固なものになった今、そうとうな収益を叩き出しているのは間違いありません。

 

その社長でもある桜井一宏さんの年収もおよそ5000万~6000万ほどあるんではないでしょうか。

獺祭を作る上での強固な理念は?

出典https://r.nikkei.com/

元々本格的な酒をつくるという部分に対して、どの人よりもエネルギー全開で思い描いている。

 

にもかかわらず、自由度があるから、ニュージェネレーションへの取り組みを恐れない。

 

そのやり方が無茶だとわかれば、その時点でやめればいいし、重要なものさえ守ればあとはトライしてみようという意識があります。

 

その位置からベストなメソッドを生み出すことでとどのつまりは経路が繋がってくる。

 

『獺祭』はいくつかある商標のうちの1個ですが、ブレイクから30年以上が過ぎ、購入されていくブランドを押しまくっていったことを通じて、『獺祭』だけが支持されたと言う。

 

いっぱいの商標を拡大することはビジネス上の利点があると思いますが、それとは逆に一つに絞り込むことで成熟できるアドバンテージが100パーセントあります。

 

そのタイミングにフィットするやり方を選択することで文化を守り続けます。

 

『獺祭』には、そういったビジョンが秘められています。

 

今後の旭酒造と桜井一宏さんから目が話せないし、獺祭の追求にも力を入れて本物志向の味を目指してもらいたいものです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

スポンサードリンク

コメント