【新型Z】機能や性能スペックと乗り心地がヤバい!評判や口コミレビュー!

新製品

ついに新型Zがリリースされますが、その機能性能のスペックや乗り心地、デザインカラーなどを調査して行きたいと思います!

 

新型Zの評判や口コミもリリース前から、話題になっており、往年のスポーツカーファンならこの新型Zのモデルチェンジは待ちに待った事でしょうねー。

 

今回の新型Zを取り巻くデザインからその価格値段や、ライト周りのスペックなどかなり期待するべきポイントは多いと思いますので、その全容をピックアップして行きたいと思います!

新型Zの機能や性能デザインはどうなの?

出典https://www.youtube.com/

フェアレディZは、ブランド名に絶対必要な実績のあるスポーツクーペとして取り揃え、グローバルレベルで「Z」の愛称でマニアが多いジャンルだと断言できます。

 

ニュージェネレーションとなるフェアレディZは、2020年5月に実施されたPRで本式にアップロードが予告され、これまでになかった内外装シルエットやロゴ、新たなステージのパワーが理由のことによりドカ~ンとセクシーさをアップロード。

 

新型フェアレディZのプロトタイプアナウンスは、2020年9月16日が日程になっています。

 

同じ日にお披露目することを明かしています。

新型Z

出典https://car-moby.jp/

内田CEOによる「スポーツカーを充実させる」というスピーチは、「令和のアンビリーバブル」といえるかも知れません。

 

現在も見識の深いインフォメーションはクリアになってはいないが、フォルムや日産の持ち合わせているルーツが考慮されながら、NEW「フェアレディZ」のスタイルを加味してみたい。

 

2、30年リサーチしてきた、これまでなかったフェアレディZの姿が不振にアップアップするこの機を逸さずに検証できるとは、誰が予想したと思いますか?

 

では今回の新型Zの機能や性能などを見ていきたいと思いますねー。

■ロングノーズショートデッキ

トレンドを汲み取っておりZらしいバランスはブレがない。 ・逆スラントノーズ、トップランプ

前モデルよりも正反対のスラントがきつめと捉えているように見えます。

 

■上下変動に分離されたヘッドライトのインナーライト

トップランプが円状といった風なものだと見込める。

 

■ルーフからリアフェンダーまでランクインしたワンポイント

メッキコンテンツのオリジナルラインが含まれているように見えます。

 

■ハイパーリンクが作用したリアフェンダー

球状のフェンダーに比べ、車両後端までフラットにあがったリアフェンダーは見違えるようになっている。

ライト周りやリアフェンダー、テールライトなど、大掛かりなチェンジがかかっているため、おニューのZは、デザインシフトか、レアなのかが気になってしょうがないところだが、ジャンルシフトと勘違いするようなマニア的じゃないか、と想像している。

新型Zのスペックやライト周りがヤバい

新型Zヘッドライト

ベースとなるプラットスタイルやボディー骨格は融通し、ホイール基盤も、トレッドもキープする。 エンジンは、スカイラインにインストールされているV6ツインターボを実装。

 

回転フィールが格段にスカッとする、エンジンとなっている。

 

スカイラインと同じくらいのバリエーションを供与し、トップクラスタイプの情報の伝送は7速AT、6速MTを再使用する。

 

別のサスペンションアーム、ブレーキメカニズム、タイヤなど、シャーシコンテンツも応用。最低限度、アバンギャルドなナショナリズムへフィットさせるコントロールのみとし、これまでなかった技術プロデュースは状況が許す限りストップする。

 

外装はフロントマスクとリア周辺に的を絞って、ざっくりとチェンジする。

 

ヘッドライトコンテンツや樹脂フェンダー、室内装飾で目に抵触するミドルコンソール周囲やメーター系統、パネルパーツなどチェンジする。

 

バランス状態は手を加えずに、目線に抵触する点はすべてスキンシフトチェンジをやり、インプレッションを180度変える。

わかりやすく説明すると、「必須コストを加えずにマキシマムのスイッチを行う」という事実だ。

 

こういうのって、現行のお目見えから12年も経過した今となっても、「超一級のコントロールスペック」が存在するからこそ、実践できることだと言えます。

新型Zの乗り心地はどうか

新型Z乗り心地

出典https://www.goo-net.com/

乗り心地にかんしては、ぶっちゃけてインプレッションや乗り心地も改善されていますねー。

 

過去のZでもっともストレスの効いたポイント、これに関しては排気音チューニングだ。

 

前のZはたいへんかすかな音調で、スポーツカーらしさが多くなかった。

 

そうは言っても、新しいタイプではここの部分をアグレッシブに再チェック。カサカサになった音調で、エンジン回転の上昇にフィットするようにスッキリとしたノイズを誇っている。

 

このアプローチを音調にはらみつつ、基本にあるのはエンジンプロパティはトルクフルで、低速から応対しやすい。

 

300馬力にアプローチするビッグウェートを含有しながら、クラッチペダルは軽めにセッティング。

新型フェアレディZ乗り心地

出典https://gaikokusya-syugi.com/

クラッチにもデリケートななポイントはなく、半クラッチフィールドもワイドに形成されている。

 

パワーインスピレーションは大丈夫です。

 

7000回転までスムーズに回りきり、過程でトルクのダウンもない。アクセルの相性がよく、オペレーションに向けたリスポンスはずいぶん高い水準に取り入れられているんですねー。

新型Zの価格値段はいかほど?

出典https://car-oyakudati.com/z-2759

何もかもが、NEWエクステリアフォルムを搭載。

 

アバンギャルドなV型ターボエンジンによって、400馬力のパワーを引き起こされるハイ性能モデルをセットアップして、新たなステージのインフォテインメントプロセスを実装しています。

 

▼新型Zのプライスは480万円ですねー。(税抜・諸経費抜き)

 

エントリーバージョンで480万円ほどからに作られるとみられていると思われます。現行モデルは国内で391万円から組み込まれ、その他のタイプは400万円台後半だと言えます。

新型Zのメーカー値引き対応は可能なのか?

割引交渉の安さやプライスダウンの指針としてはこうです。

■特に値段交渉をしない⇒3~10万円

■ライバルを絡ませて価格交渉⇒12~20万円

■リミットでのマックスで値段交渉及びオプションを付け加える⇒ 23~33万円

出荷台数が多くないスポーツカーなのでリリース当初のプライスダウンは厳しめでしたが、モデルライフ末期という視点で、かなりの確率でプライスダウンしやすい状態になりました。

 

我が国の生産者では同クラスのストレートな競争相手がなく、競合車という形で海外生産者のクーペなど少しジャンルの違うモデルを引き合いに見せましょう。

※注意

コロナ禍が元になる全国的に外出自粛、第三国のスピードダウンなどの関係でパーツ補完が制止するなどで納期がどーんと悪化していることが見込めます。

 

その上我が国の新型モデルの出荷台数はドカ~ンとダウンしており、販売業者が所持しているトレンドペースが即納でスケールの大きいプライスダウンを狙えるタイミングだと言ってもいいでしょう。

 

お求めを計画している人は店舗に納期を確認しておいたほうがいいと思いますねー。

新型Zの評判口コミなどをレビュー!

「女性的なクリーンなシルエット」

「シャープでファッショナブル」

「正真正銘スポーツカーといったビジュアル」

「色っぽい」

「マッチョなボディ」

という擬人化したレビューや、

「アストン・マーチンと勘違いするような」

とでもいうべきトップクラスのたとえ話もよくみられ、ポピュラーでないのは低評価はあまりウォッチされないということなのです。

 

それに見合うだけ確立された、クライアントの先をいくフォルムだと考えています。

 

フェアレディZの駆け回りにピッタリのスポーティな座席がサイドをきちんとアシストするという形でドライブ上のユーザビリティーをジャッジする評価が多くあるということです。

 

これ以外には2シーターのため「スペースがないのではないか」と引っかかる意見には、 「後部座席がない分だけ、余すところなく範囲をGETしている」 とし、乗務員の2名なら気持ちがいいというレヴューもありました。

 

これ以外には、スクリーンやメーターなどドライブ中に絶対不可欠な何種類ものパーツでフォルムが引き立ちおり、パッと見てキャッチしやすくなり 「ドライビングに一心不乱になれる」 と噂される、ウソ偽りなくスポーツカーに必要不可欠のオペレーションの手軽さをジャッジする意見は多くあげられています。

 

スポーツカーが原因でドライビングゾーンはかなり低い方ですが「視認性にはこれと言ってリスクは少ない」という人も見られますが、これに対して 「左後方はチェックしづらい」 というレヴューもあります。

 

ドライヴという点は評判が良いですが、感覚は個人個人により差もあるようです。

新型Zの象徴する良くない口コミも

こちらもスポーツカーの特性ですが、フェアレディZのオーソドックス乗りでの燃費はリッター10キロ程度といかなる理由があろうともよいとは言い切れません。

 

これとは別にハイウェイ・郊外地・街乗りを付け加えリッター9キロ程度とあり、「街乗りメインとなるとかなりダウンするのではないか」と見なされるレビューもあります。

 

「燃費を気に掛けるならスポーツカー自体やめたほうがいいと思います。」 といった評価もあり、もはやこれはZがスポーツカーの由縁だと言う事で、仕方のないところだといえます。

 

以上新型Zに関するインフォメーションでした。

 

最後までご覧頂きありがとうございます!

関連記事はコチラから!

【HLXスタイル】機能スペックや値段(価格)がヤバい!評判やデザインも神級!

⇒【評判は?】スマートマスクc-faceの機能スペックと使い心地がヤバい!洗えるのか?デザインは?

スポンサードリンク

コメント