高野さん(元受刑者)の経歴プロフがヤバい|家族(娘・嫁・父親)の現在は【ザ・ノンフィクション】

メディア

「ザ・ノンフィクション」に高野さんと言う覚醒剤の元受刑者が特集されます。

 

ザ・ノンフィクションではこのようなストーリーが多いですが、今回の高野さんもまたその一人で経歴・プロフィール、家族(娘・嫁・父親)の現在などを追跡していきたいと思います。

 

高野さんの生い立ちなどを調査して行くと、かなりヤバい覚醒剤の常習者で30年ものあいだ刑務所暮らしをしてきたかなりの強者だと言えます。

 

その高野さんが今回シャバに出てきて、そこから娘や、嫁、父親、母親などにたいして40年ぶりの再会を果たすチャンスが訪れたようですが、果たしてその真相はいかに。

高野さん(覚醒剤依存者)の経歴・プロフィールがヤバすぎる

高野さんは覚醒剤の活用をたびたび起こし、12度の服役、トータルで30年間を留置所で生活を送ったツワモノです。

 

元ヤクザや薬物依存などそこから殻を打ち破り、人生をやり直したいという方々は驚くほどたくさんいます。 彼もまたその1人で覚醒剤で逮捕された前科がある。

 

ザ・ノンフィクションでは同じ薬物や元ヤクザと言うネーミングで、高野さんは遊佐学と言う人物の生活支援を受けることになり共同生活を送る。

 

人生の大半を薬物中毒と言うヤバい人生を送ってきた高野さんにとってはこのマナブと言う人物が心のサポートを頼める唯一の光でした。

 

しかし、このマナブでさえも勤務先の会社を解雇され、次第に生きるモチベーションが下がり情緒不安定になっていきます。

 

当然マナブからサポートを受けていた高野さんも次第にダメな生活へと落ちていくようになります。 そして、あってはならない最悪な事件が起きてしまいます。

 

やはり、少しでも情緒不安定になると手を出してはならないモノに手を出すようになりそれは依存症からくる影響になるのでしょう。

 

中毒症状においてシビアなことは、薬をストップすることではなく、やらない状態をキープすることだと思います。

 

薬物をストップするケースだと、いかなる理由があろうとも手に出さないと確定してしまうより、あくまでもその日その日常用しないようにすることが欠かせません。

 

薬物依存がひどくなると、周りは薬物ユーザだけになっていきます。

ライフスタイルは100パーセント薬物中心に回って変化します。

 

薬物についてのユーザーと手を切って、自助サークルでこれまでになかった協力者と付き合うメソッドが効果を見せてくれます。

 

同士のいる繁華街で楽な方に流れて行くことが再発につながり、そこを我慢して意識するだけでその時間は今までになかった改善の流れに持って行くことが可能になります。

 

いずれにせよ、その日一日は、薬の使用は控えていくことを目標にするアイデアをキープすることで初めて脱依存が可能になります。

 

30年もの間この依存症から抜け出せないメンタルの弱さはもはや彼の心の叫びでもあり、心の弱さでもあるような気がしてなりません。

高野さんの家族(娘・嫁・父親)の現在は

妻や子供にも見放されてきた彼にとって唯一の希望だったのは、父の墓捜し。この度、留置所の中で認識した父の死。

 

これだけ自分を見切らないでいてくれた父親にどうあがいても感謝の意をしましたかったと言います。

 

そうは言っても、糸口はあり得ないほど僅かしかない。

 

加えて、高野さんはある覚悟をする。30年、連絡を取れなかった娘、40年、絶縁状態となっていた母親に会いに行くというのだ。

 

いったい引き請けてくれるのだろうか?

 

今回こそ一から出直したい。今回こそごく普通の暮らしをつかみ取り、家族一緒とのつき合いを立て直したいと思い描いていました。

 

しかしながら、30年や40年もの間、家族の顔を一度も見ることなく過ごしてきた高野さんにとっていきなり実現できるほど甘いものではありません。

 

そもそも家族が対面に応じてくれるのかも問題ですし、娘なんか一番憎んでいると思います。 もし、自分が娘の立場ならこんな父親は恨みますし、相手にしません。

もし「会いたい」と言ってきても会いません。

 

この娘もきっとこう思っているはず。。

 

でも、このような環境を作ったのはすべて本人の自覚の問題でもあるし、娘は既に20代後半から30代になっているのでもう立派な大人になっているはず。

 

妻も、若くはありません。 残された人生や時間の中で、高野さん自身が後悔のない生き方をして欲しいと思います。

高野さんがなぜ薬物にハマってしまったのか

言うまでもなく依存症のフットワーク機会と依存に混じっていくバックグラウンドを判別することに意識していかなければ脱依存はもはや不可能と思っていい。

 

いつの日か、『薬をやめることじゃなく、やめた状態を続行する』をレクリェーションすることで、クリアできることになります。

 

この1対1のグランドのコラボで、薬物依存症のジレンマは解決できる日が来ると思いますが、これ程までルートが依存者にとっていばらの道になります。

 

ここに来て、留置所で実施している改善指揮の中に「薬物依存離別レクチャー」というカリキュラムが準備された。

 

どういうことかと言うと、マニュアル、サークルなどで「なぜ薬に関わりを持ってしまったのか」といったケースをアグレッシブに省みるコンテンツということなのです。

 

そうは言っても、受刑者が薬物に関与する理由はあれやこれやかつシビアで、同一のコンテンツでは根本医療を造り出さないというツッコミも生じる。

 

この原因は薬物ユーザーだけという話ではあるが、民間組織の気力を借り、薬物行使の罪で服役する者を目論んだリカバリー支援策をセットアップし、今までになかった更生カリキュラムをトレーニングするガイドラインを定めている。

 

万が一にもこどもの頃にいじめを受けた経験があったり、家に親がいなかったりなど、ウンザリする環境条件で日々を送っているケースがある。

 

彼らが出所後に開き直って薬物をつづけることのないよう、従来なかったメカニズムのアフターケアが必要ではないだろうか。

高野さんを取り巻く周囲の声は厳しい

彼に対する口コミは、かなり厳しい意見があります。

 

でも、これは本人が炊いた種なので自業自得としか言いようがありません。これにはどんな人が見てもこれらの意見に同感だと思います。

高野さんの今後の人生は

なぜ、一度でも足を踏み入れてしまうと、やめることができなくなってしまうのか?

 

そのベースにあるのはひとりぼっち感とか孤立感、社会の中での不器用さ、これ以外に経済面の金欠から、お金が欲しかったので合法ではない事を始めたらというかも知れません。

 

この原因は生きづらさとか、生きにくさを覚える今の世になってしまったのです。

 

現代社会において、ひとりひとりクリアするために何種類のモノとぶつかり、博打が自分を解決してくれた、一方でアルコールが自らのボルテージをチェンジしてくれた、薬物がインプレッションを改めてくれた、こんな風な人生経験をかさねていく事になりアディクションに巻き込まれてしまうのだろうと言えそうです。

 

これ以外には、そういう点の否定的なマインドがさっぱりない人でさえ、薬物をうまく使い続ければアクティブなもの、フレッシュなものを失せていく事になりますし、いつの間にやら生きづらさや生きにくさを所持していくことになっていくのです。

しかしながら、否定的な心のありようが存在したとしてもたくさんの人が広い範囲に亘るコンタクトによりはつらつとしたライフスタイルをものにする人もいるというわけです。

 

心の苦しみから脱出できた方たちのレジリエンスに理解することが必要不可欠であるかも知れません。 依存が起こってしまう可能性がどんな方でもあり得ますが、不健康で悪い係わりを持ちながら行きてる人は依存症になる危険度が高く工程も早いことになります。

 

ハツラツとしたつながりを保持している人は薬物を活用しても一時的でありまして、いつまでも使用することも要せずやめていく人もいっぱいいます。

 

高野さんには是非、脱依存を図りすぐにでもやめる行動を自らが取るべきであり、そのためのサポートも身近な人がやらないと再び依存にハマる同じことが繰り返されるだけでしょう。

 

がんばって欲しいと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

他の関連記事はここから!

⇒さわがにけいた(ホームレス)の顔画像や経歴がヤバい!高校大学や家族は?【ノンフィクション】

⇒【プロフィール】関根秀一郎の年齢と高校大学や年収が!労働者の駆け込み寺!【プロフェッショナル】

スポンサードリンク

コメント