鶴岡秀明の経歴WIKIと大学・高校を調査|多肉植物店の場所や年収はどの位稼いでる?【趣味の園芸】

メディア

「趣味の園芸」に多肉植物などを専門に扱っている園芸家の鶴岡秀明さんが登場されますが、その経歴WIKI・プロフィールなどと大学・高校などの学歴について調査して行きたいと思います。鶴岡秀明さんが営む多肉植物店の場所や値段など、年収はどれくらい稼いでるのかも気になります。

 

鶴岡秀明さんがなぜ園芸家として、多肉植物のような特殊なモノにハマったのか?はたまた、大学を出てからどのような経歴を踏んできたのか?現在は結婚しているのかなどを見ていきたいと思います。

鶴岡秀明の経歴WIKI・プロフィール

元々、園芸家になろうと進路を決めていたわけではなく家系が植物店を営んでいたので自然にその道にのめり込んだと言う言い方が正しいと思います。

 

アグレッシブに本気になって植物と向き合ったのは平成5年頃がキッカケで、そこからサボテンや多肉植物といった、一見飼育が難しいジャンルへとチャレンジしていきました。

 

彼がアドバイスする多肉植物には生育期を介して季節ごとにありとあらゆるジャンルが充実している。

 

植え替えは3月と9月の彼岸を過ぎた頃が理想的だが、「この季節なら紅葉するエケベリアやハオルチアなどを選択するといいです。」とかたるのは彼の的確なハイセンスからくるアドバイスでしょう。

基本にあるのは外で育て上げるものなので、明るい内はきちんと太陽光線を当て、通気をよくし、1週間から2週間をベースとして、壌土がガッツリ水気を失ってからお水を供与する事が理想的な育て方の方法だと言います。

 

このような専門的な知識を身に着けたのも、専門店に特化している故のスキルでしょう。

鶴岡秀明の園芸家としての評判や口コミは

出演https://www.youtube.com/watch?v=7F7Kz7YW8pw

多肉植物に慣れてきたら、ハオルチアを重点的にバラエティーに富んだ多肉植物を扱うようになれます。

 

自生地にもポジティブに行きその土地のシチュエーションからオンリーワンの生育方法をつくりあげるなどして執筆やテレビ公演などアグレッシブに行動しています。

 

これ以外には、ここ数年はより多肉植物のアミューズメント性を広い範囲の階層にアピールするためにニッチな器材や陶器鉢を始めとしたプロデュースに携わり、日本中の行事やマーケットの範囲にとらわれず、ブックセンターやウェアショップなどでセールスやコラボ企画を行うなど動き回ることが多種多様に渡りここ数年の彼のオリジナリティを生んでいます。

 

彼は特に植物の中でもサボテンについて特化したスキルを持っていて、

よくサボテンでさえ枯らしちゃうというけど 実はサボテンを育てるの簡単ではありません。

と言う。

 

何種類ものサボテンはカサカサの地帯に自生していきます。そういう理由で内部で成長させると陽光不足が生じてしまいます。

 

寒い季節はサボテンを戸内に入れて 日の合致するポジショニングで過ごさせるのがドンピシャリです。

 

地面がカラカラになったら いっぱいいっぱいの水やりでOKです。冬は1カ月毎ぐらいでOKですとアドバイスしています。

https://gramho.com/media/2065752597723472131

本当にサボテンが好きなんですねー。

鶴岡秀明の出身大学や高校はどこか

 

出典http://sirokumasa.blog.fc2.com/blog-entry-171.html

サボテンのみならず、多肉植物にはあれやこれやな姿かたちのタイプがあると言えます。

 

今回は、多肉植物のエキスパートが、成育方法をはじめ、寄せ植えや継ぎ足し方などのフォロー、伝授したい予備知識などを限定にマネージメントしている彼の学歴などをリサーチしていきたいと思いますが、大学時代の友人らしき人物がインスタで投稿していました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

大学時代、共に法律を学び、波乗りで遊び、レゲエを聴きながら車イジリをし、そして何万ものサボテンや多肉植物を育てた(僕はたまに50度以上サボテンビニールハウスで水やりと鉢移動をする手伝いをしただけ)悪友のヒデ(鶴仙園三代目 鶴岡秀明)が日本のサボテン&多肉植物界の第一人者になっている事が誇らしいのです。 ☆著書多数&NHK等々テレビも沢山出ております ☆芸能界、アパレル業界のトップランカーの方々のファンが多い ☆この写真集は素晴らしく美しく読み応えがあり過ぎる ☆リビングレジェンドのサダオサン(ツルのお父さん)もバッチリ出ております ☆読んでいたら30年ぶりにサボテンや多肉植物を育ててみたくなってきた… ☆ヒデが南アフリカやら南米チリやら世界中のサボテンを調査しているみたいですが、実は波乗りしに行ってるだけだろと思っている(何度か連れてけと言った事がある(笑)) ☆かなりのハードコアサーファーでかなりの愛犬家 ☆綺麗な奥さんとイケメンの息子がいるイクメンパパでもある #鶴仙園 #鶴仙園本店 #鶴仙園西武店 #サボテン #多肉植物 #ACIDPLANTS #後ろ帯のヒデのコメントが相変わらず普通で口下手だったのを見て安心した #サダオサンの言葉は素晴らしい笑 #一家に一冊常備本

Taneichi Akira 種市 暁(@taneichiakira)がシェアした投稿 –

大学名や高校名は載せていなかったので、今の所彼がどこの大学出なのかは謎ですが、このインスタ映えからもわかるように大学出なのは間違いないですね。

 

つまり、大学を卒業してから多肉植物に特化するお店を家系から受継ぎ、それを人生の仕事にして行こうと決意されたんでしょうね。

鶴岡秀明が経営する多肉植物店の場所や値段は?

出典https://ddnavi.com/?attachment_id=416502

鶴岡秀明さんが推測する多肉植物とは、葉や茎、根にモイスチャーを貯め込むことができる植物のこと。

 

雨量が少ないカサカサになった日和のグラウンドで育ったため、時節に応じてそういうプロパティになったと言っていいでしょう。

 

サボテンもこのパターンをもっている多肉植物で、サボテン科というジャンルだと言えます。

 

とてもカテゴリーひしめくので、園芸の世界においてはサボテンと多肉植物は区切って使われています。

 

かれがマネージメントする多肉植物店の「鶴仙園」は、昭和5年設立という歴史のある多肉植物専門店。

出典https://shironekosensei.com/

植物が大好きなひとに話を聞けば、100パーセントと言えるくらいネーミングのあがる、人気の専門ショップだと言えます。

 

その商品はたくさんのジャンルの多肉植物がずらり。

 

温室によっては、数百円のものから、数万円のコレクター向けのものまで、お値打ち品を選択しに通う人もたくさんいる。エキセントリックなスタイルがここへ来てスポットライトを浴びる植物もワンサカそろいます。

 

料金や値段に関しても、

出典https://kakusenen.thebase.in/

結構いい値段しますね。。

 

リーズナブルなものからレアものまで、幾種類も揃うと一緒に、それぞれの鉢がとても瑞々しく、きびきびしているのも鶴仙園のメインのウリ。

 

「屋上は、光が山ほど入ってチョーいいシチュエーションです」と、靍岡秀明は口にする。

 

サボテンや多肉植物は、言葉を発しないけれどアグレッシブに呼吸している。

 

家族と同じ様に、お日様にガッツリと当てて愛情を込めて育て上げてほしい、と、ユーザーにもアドバイスしていますと。

 

おうちに帰宅したときは、光や通風のシチュエーションが移動するので植物がフラストレーションをもらいやすくなります。

 

ここに至るまでの光のレベルが移り変わると、葉がガラガラ状態になってしまいます。

 

光があたるように載せたテイストで1週間ほど馴らしてあげるとよいんだそう。

鶴仙園 
東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 9階屋上
午前10時~午後8時まで 不定休
03-3981-0111

鶴岡秀明は結婚してるのか?嫁や子供は?

ここで鶴岡秀明さんが現在結婚しているのか見ていきたいと思います。

 

結婚して嫁や子供の存在ですが、おそらく独身で1人身だと思います。

 

SNSなどを調査してみましたが、結婚されている形跡はまったくなくて、どこにもそのような匂いを感じさせるモノはなかったですね。

 

今は、多肉植物の事を優先するライフスタイルで、研究に研究を積み重ねる日々なのかもしれませんね。

鶴岡秀明の年収はどれだけ稼いでる?・まとめ

出典https://www.shuminoengei.jp/

独立して植物店を立ち上げるとなることで、そのマネジメントのアプローチやオペレーションのキャパシティーによって、さることながらその平均収入というものは異なっています。

 

これはごく普通の会社組織にもいえることで、シンプルに商社としたところで、大手ともなれば、一般従業員であっても1ヶ月の報酬は小さな商社に比べればアップしますし、特別ボーナスもバラバラになってきます。

 

植物店の事業レベルがワイドであれば当然、年間売上高もアップしますから平均収入もあがります。

 

また、1年間の総売上だけでチェックすればしっかりとあるのに、賃料の高いスポットにショップを構えれば、ユーザー多い場所が理由で増加したとしても、その分賃料や光熱費といったトータルコストがかかってしまう可能性が高いので、平均収入が下がることだってあります。

 

そんな意味から、独立後の植物店の平均年収というのは、場合に応じてあるということがいえるのではないでしょうか。

 

さしあたって、開業する前の従業員としての平均給料が18万円ぐらいで、所得に換算すると、350~450万円ぐらいがよく耳にするデータだと言えます。

 

離れて植物店を自営業者でやるとなったケースになると、これもケースバイケースだったとしても、何種類ものコストを低減しオペレーションすれば、あえて20~30万円ほどの利益は可能だから、シンプルにそれを所得にすると、240~360万円くらいがスタンダード年収となると言えます。 だからと言って、これはまだいい方のデータで、独立後、売上が順調に上がり売れる仕組みができれば、安定した利益が得れます。

 

今の時代では、 オンラインショップであれば、コストはあまりかからないので利益がほぼありのままお財布に入るといった具合になります。

https://twitter.com/A_mgskcityjpn/status/1302415886033117185?s=20

そうは言っても、ショップがないため、自分のWEBページにスポットライトをあてもらわなければそう簡単にはマーケティングができずマイナスになりやすいです。

 

軌道に乗車すればそれ相応の収入が望めますが、そうなる前はコツコツと収入は250万円いけばよいなというという風になります。

 

おそらく彼の立ち上げ当初もきつかったと思います。

 

花屋とか、この手の商売っていきなり売れる形態ではないですから。

 

ただ、このようなメディアに出演してくにつれて、徐々に知名度が上がっていき口コミが発生していくので、この機会にがんばって欲しいと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

他の関連記事はここから!

⇒【事務所は?】村上龍男の経歴はクラゲ養殖で復活!評判や講演会もスゴい!【逆転人生】

⇒広岡敦子の経歴プロフィールや年齢は?高校大学に年収スゴい!オリセットネット着手の立役者!【逆転人生】

コメント