魚谷雅彦の経歴や年収を調査!家族(息子・娘)は?資生堂をV字回復させた手腕とは?

経営者

今回は資生堂社長の魚谷雅彦氏の経歴プロフィールや年収などを調査していきたいと思います!

 

魚谷雅彦氏といえば資生堂を立て直したプロ経営者としても有名ですが、家族などの息子や娘の事はあまりメディアに出てきません。

 

家族などのことは、プライベートの事なので公にしていないんだと思いますが、子供や嫁さんのことなどはどんなご家族なんでしょうかね。

 

今回は魚谷雅彦氏の生い立ちから、資生堂での活躍の経緯について見て行きたいと思います。

魚谷雅彦の経歴プロフィールや生い立ちを調査!

出典https://xtech.nikkei.com/

本名魚谷雅彦
生まれ1954年6月2日
学歴同志社大学
出身奈良県

父は鉄道会社に勤め、ごく一般的な一家の一人息子として成長しました。

 

元も、英語に関心度のあった魚谷は、同志社大学に入りここで魚谷は、そのあとのライフステージにビッグな影響をもたらす一人のメンターに偶然会う。

 

アメリカから帰国したばかりのそのメンターは「あなたがたにれっきとした生きた英文をレクチャーしたい」といきなり言い出し、そのエモーションに仰天した魚谷は、意識することなく米国への留学にいいなあと思うようになる。

 

学校を出た後はそのままライオンへ社員雇用。そうは言っても、ほぼ毎日が営業回るルーティンワークばかり。

 

こんなはずではなかったと彼はガッカリする。苦しい思いをした彼に企業のアドヴァイザーはクギをさした。「フラストレーションを持つことはいい事だ。一年後も現時点に等しいモチベーションだったら、自分が本当にやり方事をやりなさい」

 

この一言でメンタリティを変えて働きに一心不乱しだすと、この後は結果が急カーブでランクアップし始めてその後仕事ぶりが評価された瞬間でもあった。

魚谷雅彦の出身高校や大学がエリート!


同志社大学を出た彼は、そのまま時を得てコロンビア大学のMBAを取るまでにエリートになっていました。

 

経歴や学歴は共にパーフェクなト魚谷氏ですが、ここらでより詳しく彼のオーソドックスな経歴や現在に至るまでのサクセスストーリーを見てみます。

 

魚谷最高責任者が資生堂のCEOに就いて以降は、赤字がたまっていた資生堂をチェンジし、4年間で売上高を11%躍進させています。

 

オーナーとしてのグレードを確定させる前の苦労やチャレンジが見受けられるのです。

 

英文に目覚めた学生時代は思ったように行かない日々が続きました。

 

有名大学出身ですが、各国で働くために商社に照準を合わせて就活をするものの、内々で確定をゲットすることは出来ませんでした。


そうは言っても、世界中をユーザーに働きたいという思いは消え失せず、商社とは別で留学プロセスがある会社組織を探し、結果的には今のライオンに雇用します。

 

そのタイミングのアメリカやヨーロッパ企業では、実績を作れない従業員をすぐリストラにする習慣が強く、欧米会社組織ではほとんどなかった「チーム統率スピリット」の事の大きさに気づいたと言われます。

魚谷雅彦の年収資産は一体いくら?

出典https://kokusaishogyo-online.jp/

資生堂のお偉いさんの報酬はどの様なシステムになっているのでしょうか。

 

メジャー企業のCEOだけに限らず重役さんには、労働力でいうところの月々の所得と一致するインセンティブ、社員でいうところの賞与と同様のキャリア連動インセンティブや株価のコネクトインセンティブなどが供給されます。

 

その場合は資生堂の幹部の報酬に関してはどうだろうか?

 

各役員の担当エリアのレベルと義務や業界経営へのトリガーエフェクトの大きさと一緒にセッティングしています。

 

役割ごとの額を支給対象にして、売り上げ高、営業アドバンテージ額の目標成功率を全役員共通したジャッジメントを取っています。

 

さらには、指標とするほか、各重役のお役回りのフィールドにフィットする評価項目どおりとなります。

 

資生堂の年収や月間給与はハッキリ言って、イチ普通の会社の平均年収よりも格段に高いですねー。

資生堂・平均年収731万3401円
資生堂・生涯年収2億7967万2550円
魚谷雅彦の年収約3.77億円

魚谷雅彦が資生堂をV字回復させた手腕が凄すぎる!


資生堂は外部からプロ最高経営責任者を連れてきました。

 

それが魚谷社長です。

 

これまでに日本コカコーラのCEOとして実績を伸ばした経験を積んだプロオーナーです。

 

わかりやすく説明すると、マーケット戦略を熟知しているCEOが資生堂のこれまでなかったCEOになったのです。

 

これまでになかった魚谷社長は、「資生堂を6年後に1兆円の組織にする」というライフプランニングを宣言しました。

その後、マーケットを女性から男の人に拡大するのではなく、女性と考えてもハイグレード好みの女の人にむしろ特化したのです。

 

そのようにして、これまでになかった商標に踏み出しました。

 

これがヒットました。 我が国へのツアー客数は上昇傾向です。

 

ここまでだったら経済情勢から日本へ観光に来ることがが不可能だったアジアのツーリストが資生堂の商品に触れる局面がダントツに増加してきました。

 

高品質な品物は使ってもらえたらそこで勝利。

 

海外のツアー客が自分たちの国で確保していたここに至るまでのコスメと、日本に来た時に購入した資生堂のコスメを対比させたらもちろん資生堂の方がクォリティーが高い。

 

そういう理由で、 観光女性の女の人たちが自身が美しなるためのコスメティックを資生堂にスウィッチ始めた ことにより彼が掲げた「資生堂を1兆円組織にする」とライフプランニングはたった3年でクリアーされました。

 

どのような人でもすぐに購入できるオーソドックスなコスメティックスではなく、魅力的な女性像になれるのであれば高い価格をつぎ込めるハイグレードな志向の女性の人に特化したわけです。

 

そういうわけで、この会社が売り上げ高1兆円を成し遂げることができたのは、魚谷雅彦氏が掲げたお客の数が男の人にまで拡大したからではなく、女性の顧客が投じてくれる客1人当たりの購入額が上昇したからです。

魚谷雅彦の家族(息子・娘・嫁)などは?

出典https://www.fashionsnap.com/

さて、ここで魚谷氏の家族関係や嫁、子供などのライフスタイルはどんな感じなんでしょうかね。

 

基本的に、私生活のことは公にされていませんがある時にこのようなことを昔嫁さんが言っていました。

「留学から帰ってきた頃の意気揚々としていた勢いはどこに? 最近何か丸くなっちゃって」

彼がまだ学生時代の時に、当時お付き合いされていた嫁さんの言葉でしょうか。

 

この妻の言葉はを聞いた魚谷氏は当時

胸に突き刺さりました。このままでいいのかと潜在的に思っていたんですね。そのとき転職しようかなと思いました。

と言っています。

 

またこんなことも語っています。

妻は大阪商人の家庭で育ったからか、大企業や1部上場企業というこだわりもまったくありません。いい加減といえばいい加減なんですが(笑)。当時、2人目の子どもがおなかにいたので、家庭的にはリスクがあった時なのによく言ってくれたと思います。

ここから推測できるのは、商売人の娘である今の嫁さんとその間に産まれた子供が2人いる事がイメージできますよね。

 

なので、おそらく子供2人と嫁さんの4人家族で暮らしているものと思われます。

 

過去には、プロ経営者として数々の功績を残してきた魚谷氏の今後の活動に期待したいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございます!

スポンサードリンク

コメント