【訃報】内海桂子の死因や弟子は?ガキの使いやダウンタウンとの関係が明らかに!

メディア

内海桂子が死去された事で、死因などの病気を見て行きたいと思います。内海桂子さんの弟子やガキ使に出演されていた事やダウンタウンとの関係性についても触れていきたいと思います。

 

内海桂子さんの死因などは多臓器不全などと言われていますがどんな病気なんでしょうか?また弟子はウッチャンナンチャンなナイツと言われていますが、果して正しい弟子は誰なんでしょうか?

 

ガキの使いの思い出やダウンタウンとのやり取りなども思い出深いモノがあり、数々の武勇伝を残してくれたお笑い芸人でもありました。

 

そんな内海桂子さんの生涯を見て行きたいと思います。

内海桂子の死因は多臓器不全


 出https://www.youtube.com/

生まれ・1922年9月12日

年齢・ 97歳で死去

出身・千葉県

漫才師であるマセキ芸能社に籍を置いていた。相方という側面もある内海好江で、三味線やダンス、服の着付けなど、種々雑多をアドバイスされたと自身は語っている。

 

メインの弟子にウッチャンナンチャンがいる。もっと言うなら、辛口のおしゃべりをしていたことも評判。

 

御両親も同じくお笑い芸人でしたねー。

 

彼女は1945年に初登場。

 

1950年に内海桂子とコラボ結成。1997年に死亡するまでコンビで活動しいた。

 

今回死去された死因の多臓器不全とは、肺や腎臓、脳など命の堅持に外すことのできない何ヶ所もの重要器官がハッキリともろくなった状況を意味する。

 

多臓器不全が生じる原因は一杯ありますが、治療あっ旋が遅れてしまうことで生命のピンチに瀕することもあります。

 

そういう理由から、マッチする診療のもと、スピーディーかつ科学的なケアをして貰うことが重要になります。

出典http://blog.livedoor.jp/

多臓器不全は、たちの悪い病気や感染症の一種ある血症、過度な火傷や外傷、出血と考えられるものを元凶として見受けられます。

 

だいたい、身体中で炎症反応が発症したケースだと、炎症反応がパワーアップしすぎることのないよう、規定以上ストップがかかるプロセスを備えています。

 

ある意味肝臓のキャパシティーがガクンと下がっている場合には、なんてことはない傷から受傷したり、止血困難になったりすることがあると言えます。

内海桂子の弟子はウッチャンナンチャン?ナイツ?

出典https://geinou-tomodachi.work/?p=3294

歴は80年を越えるくらいの大ベテランです。

 

「ナイツの恩師」として話されることが多いが、現在ではステージに立つスタイルをご存じない世代がほとんど。

 

そういう理由から、“大物イメージ”がいまひとつハッキリわかっていない人も大勢いるのではないだろうか。

 

ウッチャンナンチャンや出川哲朗が加盟していることで熟知されるマセキ芸能社、そちらの初期漫才コンビが内海桂子・好江です。

 

約半世紀コンビを構成した好江とは、いささかギャラを回帰するトラブルから実質的な分裂状況に。

 

ある程度経過した頃示談しましたが、好江は1997年に息を引きとっています。

 

コメディアンの養成所が何かと言ったらビッグネームの吉本興業の『NSC』だが、その一方、バラエティーに富んだコメディアンを世に送り出しているのが日本映画大学ですねー。

 

修了生には、ウッチャンナンチャンや出川がおり、ここでいの一番に若手に指導していたのが彼女です。

 

もちろん、ウッチャンナンチャンも指導を仰ぎました。

 

テレビタレント願望だったウッチャンナンチャンの2人は内海からコメディ系転向を勧められ、ある程度経過した頃、マセキ所属になったため、現実的に弟子になっております。

 

内海桂子とインターネットを経由してチェックすると、100パーセントと言えるくらいセットでリサーチ候補に上がるのがお笑いコンビ「ナイツ」だと言えます。

 

共同して「水曜日のダウンタウン」などのTVチャンネル出演も行っており、マジに関係が気になってしょうがないところです。

 

内海桂子とナイツは、弟子と恩師の関連性を持っています。

 

ナイツは内海桂子を漫才師という形で師事し、浅草の芝居小屋でビジネスセンスをアップしていったそうです。

出典https://ameblo.jp/

まず最初は、ナイツはスタート時漫才協会傘下で浅草でコメディをやることが苦痛で苦痛でしようがなかったそうです。

 

コメディアンはTV番組に出る事が至上だとされるご時世で、浅草の芝居小屋で高齢者の方を接するのはコメディアンとしての墓場といわれるようなと口走っていたそうです。

 

そうは言っても、浅草での内海桂子との常日頃はナイツを100パーセントスペシャリスト漫才師へと押し上げていきました。

 

ナイツ塙は千葉県で生まれ育ち、小学5年生のときに佐賀に移動した。プロフィール紹介で「千葉では、クラスで名物でした」と伝えれば、圧巻でウケてグングンお笑いTVを多種多様に見るようになったという。

 

ダウンタウンの松本のボケにハイテンション。師匠は内海桂子だが、メンタル的な師匠は松本以外の何者でもないと豪語するようですねー。

内海桂子がガキの使いに出てた!?


昔のガキの使いに今は亡き相方の内海好江がサングラスをかけて出た回があったんですねー。

 

これは内海桂子さんではなくて、相方のほうがガキ使に出演されていたそうですねー。


持ち芸のある、真のコメディアン内海好江さんでした まだ小さかった頃、 シナリオの無いおしゃべりをしつつ、三味線を調音し、時間内にしっかりとストックする 若々しい時代は、なんとも言いがたい手間暇もあったとのことです。

 

美空ひばりさんと巡業に顔を出したケースだってあったとのことです。

内海桂子とダウンタウンとの関係性は?

出典https://twilog.org/

老い知らず最年長のお笑い芸人として水曜日のダウンタウンに招待を受けた内海桂子は、水曜日のダウンタウンで過去のアンビリーバブルな逸話を公表しました。

 

勝新太郎が内海桂子の所にレクリェーションに来て、ふところに祝儀を入れてくれたといった話でした。

 

内海桂子からディスプレイされる人気のあるバラエティーに、水曜日のダウンタウンのアクターたちは驚きを隠せないニュアンスでした。

出典https://antenna.jp/articles/559068

内海桂子は己が存在とともに、番組内のプログラムも認証したという状態になりました。

 

内海桂子のプロフィールをおさらい 96歳というシルバー世代で相かわらず浅草の芝居小屋でステージに立ち続けている内海桂子は、女性コメディアンの本家本元とも言うべき位置付けです。

 

80年以上も全国的に笑いを出してずっとやってきたとして扱うと、尊敬する気持ちを願わずにはいられません。

 

年齢が下の旦那さんと婚姻した馴れ初めなどコメディタッチの番外編もあふれてくる内海桂子さんでしたねー。

 

ご冥福をお祈りします。

最後までご覧頂きありがとうございます!

 

関連記事はこちらからです!↓

⇒内海桂子の今現在や結婚(夫・旦那・息子)や自宅がスゴい!若い頃がキレイ!

スポンサードリンク

コメント