矢作芳人の息子・娘・嫁がビックリ!父親が大物だった!大井・岩田康誠との関係は?

メディア

矢作芳人(やはぎ・よしと)さんの経歴・WIKIなどを調べてみると、息子や娘、結婚してる嫁(妻)などの家族構成がスゴいとわかりました。

 

さらに深堀りしていくと、矢作芳人の父親が大物で大井から来る岩田康誠氏との関係も裏付けされて入ることがわかりました。

 

調教師とのストーリーから来る、一体どういう事なのか調査して行きたいと思います。

矢作芳人の経歴・WIKI

出典https://www.youtube.com/

本名矢作芳人(やはぎ・よしと)
生まれ1961年生まれ
出身東京都
年齢52歳
学歴開成高校卒業

競馬トレーナーでもあり調教師でもある矢作芳人開成高校出身の52歳。

 

インテリジェンスをアピールに人気馬を次々に成功へといざなうプロの調教師でもあります。

 

まだ、有名になる前はオーストラリアでのトレーニングなどを経験しそこから養成アシスタントとしてプロへのファーストステップに挑む。

 

チャレンジしてから調教師のトライアウトに合格し、スーパーホーネットのスワンSで重賞初優勝。

 

実績としての主な管理馬は、無数にあり今では業界人であれば彼の名前を知らない人はいない。

 

小学生を卒業するまで厩舎に在住していたので、馬場が遊びのスポットだったのです。

 

スタンドの部分でチャリンコに乗ってぶつかり合ったりして。ある程度経過した頃20歳になって、オーストラリアまで出向いてJRAに入るまで、1年半ほど厩務員を始めていました。

 

そのタイミングはナイターがスタートする手前で、なんと言うかかなり厳しい環境でした。

 

懸賞金、売上高、一番支障が出る時を体験しました。いくらなんでもまだ初登場してない頃だったが、一緒に働いた同士なども多くいたと言います。

 

それはそれで、父親がまだ現役バリバリのトレーナーだったから馬に乗車させてもらえるタイミングもなかったですし、そのようなことで接点はあったそうですね。

 

だったとしましてもリアルな世の中初披露して競馬に乗り込んでみたら、「そんなさらっとできないな」って。その分だけハイレベルなことをしていたんだなって考えますし、競馬はアグレッシブに難しいですと染み染み言います。

矢作芳人の息子・娘がレベル高すぎ

矢作芳人の娘

出典https://www.daily.co.jp/

一番下の息子が22歳です。

 

娘は矢作麗さんと名付けてとてもプリティーなビジュアルですね。

 

ビックリするなかれ、京都女子大学に在学している時に、ミス京都女子大学にピックアップされたこともあるんです 「レクリェーションが意味にない行動だとビジネスも面白くない」という主義主張の元、「よく儲け、よく遊べ」をキャッチフレーズにしていると聞いています。

 

父親でもある矢作さんにオンとオフシーズンを分類する情熱を追加することで、馬にも競争とトレーニング、ワークアウトと中休みといったオン・オフシーズンのの気力を伝える意図もあると教えられました。

出典https://news.netkeiba.com/

そう言われたら馬は直感が感受性が高いので、シチュエーションやふれあう人によってドカ~ンと左右されますから、矢作芳人さんの業績を残しているポイントはこのような事実にあるのかもしれません。

矢作芳人が結婚した嫁(妻)は

矢作芳人が結婚した嫁(妻)

出典http://www5f.biglobe.ne.jp/

今では嫁さんと子供5人の大家族を支える主でもある矢作さん。

 

息子や娘が立派に成長している中で自身が結婚された嫁さんはどのような人物で母親なのか、かなり裏付けなども調査しましたが、その噂は表ざたにしていません。

 

娘や息子などはメディアにも登場されていますが、嫁さんはまったく表には出て来ませんので、どんな人物像なのかがまったく想像ができませんね。

 

実績を出す前はかなり矢作さん自身も苦労をされてきたので、その時から嫁さんが彼を支えて来ているので、かなりの理解者だと言うことは間違いないでしょうね。

矢作芳人と岩田康誠との関係は?

岩田康誠騎手

矢作さんの調教師として岩田康誠ジョッキーと深く縁がありました。

着別度数2-2-1-9/14

勝率14.3%

連対率 28.6%

複勝率35.7%

なぜ矢作さんがこの騎手と関わりを持っていたのかは、このように数字をみても岩田康誠ジョッキーがいかに優れて入るのかがわかる。

 

ただ、そんなよくできた騎手を前にしても矢作さんのスローガンはゆるぎません。

 

「岩田騎手で折れ合うように馬をつくるのがお前たち従業員の仕事だったろう」「もう、乗らんでいい! 」岩田ジョッキーへのビシッと叱咤激励をしたこともある矢作さん。

 

何年か前に、岩田康誠が騎乗停止処置を受けてしまった時にそのペナルティーに対してプロとしての言葉を送っています。

 

ならばってことで、ディープブリランテとひたすら意思疎通を深化させるための、イメージ通り付きっきりの365日がスタートした。

 

めったにないことといえるアプローチだったし、これを許した矢作芳人にとっても、スケールの大きいギャンブルだったでしょう。

矢作芳人の年収はどうなの?

調教師トライアウトに13年連続しくじるなどの四苦八苦を経て44歳で厩舎を設立し野望を現実化した。ここへ来て各界で頭角を現す業界の中での年収は矢作を上回る者はいません。

 

JRAの調教師ではこのような賃金ロジックがございます。 基本給は正式な社員として雇い入れ時に人生経験が異なれば算出されて開始されます。

 

始めたら後は1年間に一度1つ号数がアップします。

 

アップしていった時の平均年収は500万円位かと。

 

これに非課税の来訪費が1年間で平均30万円ほどあります。

 

進上金と見られている懸賞金のコンポーネントが馬主から調教師を介して受け取れます。 こういうのって馬や参加の結果や基本的法則でプライスが異なります。

 

基本的に一定レベルなので進上金500万の人もいたとすれば1000万の人もいるみたいですし、20万の人もいると言えます。 チョーズレの大きい就労先と思う事でしょう。

 

海外の企業と同じような モデルパターンとして世帯持ちで年収は500万と150万と訪問費。

 

少し普通の会社員よりあると言えますが、あれこれ加味すると、手取り対比で年収700万円のサラリーマンよりうっすらとベターだと思います。

ここ何年かは補償金もコツコツアップしているので会社組織として旗色は問題ないと言えそうです。

 

JRAは40歳越してしまうと定昇ステップが薄れますが、20代30代でキャピタルトレードのデポジット力がきちんとあるので、複利を利かせることできておすすめだと言えそうです。

父親がスゴイ|大井の元調教師だ|まとめ

矢作芳人の父親

出典http://www5f.biglobe.ne.jp/

お父さんは田舎の大井競馬でトレーナーをやっとって「公営競馬調教師連合会」の会長として勤務しとった矢作和人さんの息子として誕生したのが矢作芳人だそうです。

 

学校を出た後は進学じゃなくて競馬界にルートをやってのける意志を固めた。

 

矢作は父から断じて反対されるも3~4ヵ月かけて説得し 前提付で競馬界へのベクトルを承認された。

 

キャンパスには行かんで競馬の環境に入ると、オーストラリアで馬の内容を学習して、この後はトレーニングアシスタントをやった。

 

父は息子に揺るぎ無いメインの仕事を希望したが前に進んだ高校でダメ人間になった矢作は20歳のとき1人でオーストラリアでのトレーナーの見習い期間を約束した。

 

しばらくすると、矢作芳人はJRAレッスンセンターで修業を積みます。

 

スーパーバイザーから一任された馬のマネジメントがメインの仕事。競争選びもトレーナーのビジネスで得た懸賞金はルールによりシェアされる。

 

矢作は従業員数人を抱え現在で65頭を預かり競合間もなく準備中の馬をコントロール。

 

矢作はバンテージにオリジナリティをもたらしたオンリーワンのトレーニングで馬のコンディションなどをチェック。従業員との情報交換はネットからやっています。

 

もっと言うなら、矢作厩舎ハンドメイドの飼料をプロダクト化し回収のコストカットを実現。味がそれ相当の狂いがなく馬が口にする分量も一貫した。

 

馬主はストックホルダーと口にする矢作は馬がベネフィットを生むよう度数にも最新の注意を得て作業しています。

 

今後の活躍に大いに期待したい。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

他の関連記事はここから!

⇒ナルミ杉本(貞夫社長)の評判や経歴プロフィールがヤバい!年収や仕入れ先ルートは?【たけしのにっぽんのみかた】

⇒竹下晃朗のワークショップは?98歳の経歴や年収も!コブってパンの事?

スポンサードリンク

コメント