【今後は?】山口もえの感染経路(源)や症状原因は重症?治療は長期自粛?

メディア

山口もえがコロナに感染したことで、感染経路や感染源、症状と原因などを調査して行きたいと思います!重症なのか?治療は長期自粛になるのか?

 

今後の予防や対策など、治療改善に向けた医療機関とのやり取りが続くと思いますが、田中裕二との接触感染も注意しないと行けない思いますねー。

 

田中裕二にも影響が出ると思いますので、今後の対策などを予測して行きたいと思います!

山口もえのコロナ感染経路(源)や原因は?

山口もえが新型コロナウイルスに感染したことが25日、分かった。同日、所属事務所が公式ホームページで発表した。

事務所によると、山口は24日に風邪の症状が出て、同日夜には発熱もあった。翌25日午前、都内の医療機関を受診しPCR検査を受け、同日夕方、新型コロナに感染しているとの診断を受けたという。

出典https://www.asahi.com/

芸能界でも、コロナ感染のアナウンスが継続している。

 

テニスの錦織圭は、自らのオフィシャルで接触感染をPR。また最近ではココリコ・遠藤章造も感染を公言した。

 

何度も起きるテレビタレントの接触感染にソーシャルネットサービス上では「いつうつるかハッキリしない。自分だってもっと配慮しよう」

 

「最近芸能人の接触感染もいっぱいあるし、急テンポで感染が行き渡っている気がするんだけど」

 

「もうどなたであろうと感染しかねないケース。感染したことを詫びを入れることも感染した人をバッシングするのも卒業しよう」といった意見がUPしておりますね。

 

コロナは空気感染も発症する可能性がある?

とりわけ、飛沫感染とはくしゃみ、つばとでもいうべきしぶきにセットしてウイルスが発散され、周りの方がそのウイルスを口や鼻などから摂取して伝染することを指します。

 

WHOは、公には言うと5分間の相互伝達で1回の咳と肩を並べるほどの飛まつが外に出ると話しており、コロナと飛沫感染百分率というのは、早い時期から可能性を指摘されてきていました。

 

飛沫を吸引することで移ることだと断定できます。

 

飛沫感染から見れば相手方のしぶきを吸い込まなければ感染しないため、区間をあけて相互伝達をする、咳やくしゃみをする場合にはマスクをしたりハンカチを口に当てたりする概していえばマナーをしていればしぶきは飛ばないので接触感染を避けることができるというバロメーターでした。

 

であるから、保持し続けた感染に備えるための実践が、空気感染にとどまらずコロの感染増大にブレーキをかけるためになくてはならないモノといえるでしょう。

 

山口もえの感染源も、空気感染ではないとして限りなく人から人への感染経路は間違いないのでその現場でちゃんとマスクをしていたのかや、体調が思わしくなかったにもかかわらず仕事をしていたのかについて問われると思いますねー。

山口もえの症状は重症か?


 出典https://www.youtube.com/

ここへ来て平熱にもどっているものの感冒の具合は見られるといい、ウチで保健所からのレクチャーを待っている。


所属事務所では「今後については保健所に加えて地方公共団体機関、専門機関の先導の下、自分自身が健康維持をみっちりやってまいります。今回については職業上・共演者の方々、どんな時だってエールを送って下さっているファンの方々に大きなご面倒と心配を掛けていることを、心より申し訳ありません」と捉えている。

 

何度も起きる著名人の感染レポートについて、危機意識の上下というバロメーターは志村けんさんや岡江久美子さんがコロナの感染で命を落としたことは、とてもじゃないが危機意識を訴求したと感じる。

 

あの時は感染プロテクトに特化したメンタリティのレベルアップがなかったとしつつも、その位置から少し時間が過ぎていき、コロナへのソリューションにも、どのような人でもメンタルに気力がなくなっているコンディションが見られると思いますねー。


これとは別に最悪の状況がストップされ日数が流れ、GoToトラベルもスタート、社会アクティビティが一定程度オープンしている中で、これほどの複数がかかると、身の回りにアプローチしてきていると感じる一方で、どなたであろうとかかって違和感が無いというある意味ドロップアウトの状態ではないでしょうか?。

 

自分だけがかかってもしかたが無いと見られている危機意識がその反対にダウンするというリザーブも感じられます。

 

そこの所は注意喚起を鳴らしたいと、感染防止へのメンタリティ低下を心配しますねー。

今後の治療は長期化する?自粛活動は免れない?


目下のところ40代なので深刻化させる危機は低いでしょうが気掛かりですね。自宅スタンバイとの事なので旦那の田中裕二さんが不安ですね。

 

人々の中に多種多様なファクターでイライラが募っていると、『現在までOKだった』『あっちもこっちももやってるし』という風に、思い掛けずジャッジメントがゆがんでしまうことがある。

 

これと言ったグループの中にいると自身の平常心なジャッジメントがしにくくなり、『過去のようにワイワイと全体を通して飲み食いしたい』といった潜在化されていた意欲がありのままのアクティビティーに現れてしまうことがあるので注意したいですねー。

田中裕二にも影響して飛び火か?

田中裕二が確定的接触者にフィットするため2週間自宅待機ではないかと、所属事務所が打ち出した。

 

コンディションに怪しくみえるものはないという。 田中裕二はここに来てコンディションに不調はございませんが、山口もえの絶対的接触者とぶつかる為、この先2週間、自宅スタンバイとさせていただきますと語っていますねー。

 

なお、相方の太田光、加えてメディアマネージャーに関しましては、自費診断にて実際に我が身でPCR診療を受け、陰性と解答が見られました。とし、今後も引き続いて保健所の司令・教示に耳を傾けて、オーソドックスにスキームし所属タレントプラス従業員、インサイドの感染ガード、事前対策をアグレッシブに行って行く予定ですねー。

 

今後の活動に注目です。早期回復を願いたいと思います。

 

最後までご覧頂きありがとうございます!

他の関連記事はこの下からです!

スポンサードリンク

コメント