吉本隆久の年齢・プロフィール|現在の活動や年収|結婚やなぜ秩父に移住した?【なぜそこ】

メディア

「なぜそこ」に秩父に移住した元筑波大学生の吉本隆久さんが出演されます。吉本隆久の経歴・プロフィール、現在の活動や年収などを調べて行きたいと思います。

 

吉本隆久が秩父に移住してどんな生活を送っているのか?結婚して嫁や子供の存在などは?そもそもなぜ学歴を捨てて田舎に移住したのか?

 

この辺の動機がかなり気になりますので、吉本隆久さんのライフスタイルに迫って見たいと思います。

吉本隆久の経歴・プロフィール・年齢

出典https://www.youtube.com/

生まれ1989年
出身埼玉県
現在秩父市在住
年齢26歳

大学進学をきっかけとして秩父を離別しましたが、新たなステージのテーマやマスターしたいものが表に出ないまま学部専攻してしまうことになって、大学時代は悶々とした日々を過ごしていました。

 

ある程度経過した頃、たくさんある葛藤の末、思い切って大学を卒業してからある程度はノラリクラリと生活していた。

 

あるとき、都会ではなく田舎暮らしにフォーカスしたかったライフスタイル像があったらしく、地域おこし協力隊へエントリーしたのがスタートです。

 

人の顔が見受けられるような仕事をしたいと口にしていたことと、ずっと辺鄙な所で生活を送りたかったので大学卒業と合わせて移住したそうです。

3年間の任期満了後は、秩父でお目にかかった方のご提示で今の仕事に就きました。 移住希望先のことをあちらこちらチェックしていくと、メリット以上にデメリットが引っかかってしまい、どうしてよいかわからなくなるかもしれません。

 

それについては、ネットサイトなどのインフォメーションは過言されているケースがあるので、結果としては、『デモンストレーション』等でリアリティを持って秩父に短期型でくらしてみて、オリジナルのテイストで決めるのが賢明でしょうと言っています。

 

現実に就職行動をスタートした際、可能ならば田舎に転職できないかとイメージしたところ秩父市エリアおこし協力隊を見つけ出して、まさにターゲットにしていた仕事だと思い、エントリーしたそう。

 

その転機が今現在の生活と言うわけだ。

吉本隆久の現在の活動は?

今の彼の活動や仕事は何をしているのか?

 

現在は協力隊の頃バックアップしたのが引き金で、秩父樹液生産協同組合に所属しています。

 

秩父樹液生産協同組合とは、秩父の森林オーナーとNPO法人がタイアップして所有した機関だ。 アフターサービスの行き届かない人工林を伐採した後に、結構な樹を植えることで、オリジナルの秩父の森のビジュアルを回復させていきたい、と考えている意図しから発足。

秩父樹液生産協同組合

出典http://acermono.com/outline/

樹液プロダクトだけに限らず、「森と人がリレーション続ける森」を目的にしていると言えます。

 

以前はイッテQにも特集されています。

生産コラボ事業体で採れる樹液のおおむねだと言えます。

 

ついでに申しますと日本のガーデン等でもしばしば見られる樹液が出るそう。

 

ジャンルによっては樹液の出るタイミングが異なって来るのです。その部分に、その味もテーストに違いが出てくるというというわけですから田園ならではの光景だ。

 

栃ふさでは一カ月毎にアトリエを開始し、泊り込みで東京都内や近隣に住んでいる加入者の方々といくつものアクティビティに取り組んでおります。

 

事業体では水分を少なくするとシロップになる樹液を採取していると聞いています。

 

これ以外には、人工林を間伐し、その部分に使用したことがない苗木を植える森づくりに取り組んでおります。

 

これとは別に広い範囲の木のオリジナリティーを前面に押し出した特産品のプロデュースを行っています。全国で他の場所では実施されていない業務なので、ものすごくやりがいがあると吉本さんは言います。

吉本隆久の高校・大学が超優秀

吉本隆久の高校・大学

吉本さんは筑波大学を卒業されています。偏差値は55.0 – 65.0です。かなり頭いいです。

 

開校以来、「分析」と「育成」を割り当てて作製し、全学共通という形で一般カルチャーと学群・学類ごとの個別の育成をリピートする体制を利用しています。

茨城の大学内には何種類もの大学があり、東京都の茗荷谷にもキャンパスがあるわけです。新機能のリサーチプロデュースである「産学アライアンス行動」をポジティブに行っており、筑波大学発進の新種ビジネスは日本のキャンパスの中でも、ハイレベルなベンチャー数を公言していると言えます。

 

高校はどこに通っていたかは謎ですが、出身が埼玉県なので近隣の高校でしょうね。

吉本隆久の年収は大丈夫なのか?

吉本隆久の年収

人口の少ない秩父エリアでは「一人の位置付け」の度合いを感づるという。

 

20~30万人が暮らしを送る都会では、たった独りはちっちゃな位置付けにしか思えず、本音をあげてもリーチする気持ちがしないかもしれません。

 

この界隈の住民はボランティアに積極的で参加したら、すごくエンジョイしてくれる。かく言うときも役立っているなという認識があり、個人個人の存在が目立っている。

 

エリア内の人と人の繋がりにエンターするなど、1個1個自分が有効利用できるスポットに出掛けるとその火付け役が居心地を更によくしてくれると吉本さんはそう肌で感じるという。

 

そういった社会に身をおきながらくらしを送るのもストレスフリーでいいかもしれないし、お金のことや収入のことなどあまり気になることもないと思います。

 

そんな競争力のない世界で人生を全うするのは、本当に自分がヤりたいことを貫ける人間と言う事になるでしょうね。 なので、あまり稼がなくても1日1日を大事にして生きていければそれでいいと思います。

吉本隆久は結婚してる?嫁子供はいかに

吉本隆久の結婚

吉本隆久は現在結婚していなくて独り身ですね。

 

1人で秩父に移住してくるスピリットはかなり強いものがあるし自分のヤりたい事を信念を持ってやり通していますね。

 

まあー結婚して嫁子供がいたら、逆にかんたんに移住なんてできないでしょうね。1人身で独身だからできる事なので、自分の人生を思いっ切り楽しんでる感じがいいですね。

吉本隆久はなぜ学歴を捨て秩父に移住したのか

大都会のユーザビリティと田舎暮らしのよさがエンジョイできる秩父への移住・住み替えに、注目を持たれる方もいらっしゃることと思います。

 

そうは言っても。秩父のリアルな住みやすさはどうなのか?現実の上で移り住んだ人は、どんな一方がウリだと思っているのか?居を構えてみて気がついたのはどんなこと? 秩父に行なったことのない人だけじゃなく、旅で足を運んだことのある人も現実に過ごしてみないことはわからないものです。

 

秩父が山に包囲された盆地であるのが大きいかも知れない。

他ならぬ約8平方km歩行していけるエリアの場所に、市役所などを含んだ公共が集結している。地形的にそうならざるを得ないんですが、そのことが生活を送って行く上でずい分便利なんです。

 

それのみならず秩父では、秩父エリア以外に住み付いている45歳を下回った方が、Uターンで市営企業等に転職しマンション等賃貸住宅に引っ越す場合、20万円の交付金を支給する制度に着手しました。 田舎では車がなければ暮らせない、とよく言われますが、秩父では生活パターンが歩いて行けるエリアに小さく集合している。

 

このような事もここの土地が住みやすい利点としてあります。

 

この原因は秩父に移住してきた人と秩父にもともと住んでいる人とのコミュニケーションなどもいっぱいあって、何種類もの方とコンタクトを取ることができる。

 

時おり30名ほどの方が顔を出しており、30~40代の方が多く見られるのかなという感じで、秩父が好きこのんで移住してきた人たちを主体として交信したり、気苦労の悩みを打ち明けたり、秩父での毎日をとてもプラス思考でエンジョイしている方が増加しているのが今の状況だ。

 

きっと吉本さんもこの辺の居心地いいので移住したんだと思います。

 

今後の活躍に大いに期待だ。

最後までご覧頂きありがとうございます。

他の関連記事はここから!

⇒島田啓介の経歴WIKI!講座の料金や年収は?マインドフルネスと瞑想とは?【明日も晴れ人生レシピ】

⇒山川宗玄⇒WIKI・家族(嫁/子供)を調査!結婚してる?講演会やセミナーが人気でスゴい!【こころの時代】

スポンサードリンク

コメント